FC2ブログ

繰言別館

( {0}ё{0}) <適当な事ばっかし書いてます。

【江古田で朗読!】久々に( {0}ё{0})客演してきます!

Posted by 浅沼諒空(園長NULL on   1  0

結構古い仲になりつつある原田達也さんの主催するリーディングライブに出演してきます( {0}ё{0})ノ
http://ameblo.jp/t-182/

以前から積極的にワークショップを開催してキャリアの有無に関わらず沢山の人達を集め、演技への挑戦についての敷居を下げる試みや、演者の技量・意識の底上げに貢献してきた原田パパですが( {0}ё{0})今回はその一つの回答みたいな感じかも知れませんね。



以下こぴぺ!


「お気軽に。」リーディング公演0330

開催 2016年3月30日(水)

会場 江古田・レンタルスペース+カフェ「兎亭」
   http://members3.jcom.home.ne.jp/usagitei11/
   練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1

道順→http://ameblo.jp/uasagidan-oukaissou/entry-11133990457.html
    西武池袋線江古田駅 徒歩7分/都営大江戸線新江古田駅 徒歩13分
開場 19:40  開演 20:00
料金 1500円

出演者 
浅沼諒空 有馬友美 五十嵐 正 久保理子 サキヤエリカ しばたえりこ
チャイ 雛萌ルナ 松田遊也 Mizuka 御手洗舞香 ゆあさかな

( へ {0}ё{0})へ と、言うわけで平日夜は中々ご都合付きづらいかも知れませんが是非お越し下さい!

スポンサーサイト



10月ですね

Posted by 浅沼諒空(園長NULL on   0  0

毎年春と秋は、収録の機会に恵まれております。

趣味であろうが仕事であろうが存分に演技しそれを披露できる事、大変ありがたく思います。

特に今年は、スタジオ収録……つまりリアルタイムで共演者の芝居を体感する機会が非常に多くなりました。また自企画でスタジオにキャストを招聘する機会も設けました。感謝してもし切れません。

となるとやっぱり、色々と思うことも多いんですねこれが……。

所謂「演技の深み」……とやらの正体とは何だろうと唐突に考え出してみましたら……つまりは心の中の「陰翳」であったり「歪み」であったり更に個人的には「それと逃げずに向かい合い葛藤・相克している様」なんじゃないか、それらを台詞回しや一挙手一投足に出来うる限り投影しているか否かじゃないかと、個人的には思ったりするわけで。

(畢竟、人間という存在をどこまで鮮烈にイメージし、それを真摯にトレースしているか……なのかも)

そこまで行くと、流石に恵まれた声質だけで処理する手法では、到達するのは少々難しくなる。
(まぁ私がそういうタイプの演者を好まないというのもありますけども)

んでは、そこをゴールまたは中間地点と仮定して。

演技プランという名の道筋を何ヶ月も試行錯誤して辿り着く(或いは辿り着けない)人もいれば、ある程度のレベルまでは一発で、一瞬で到達してしまえるような畏敬の念を禁じ得ない凄玉も存在する訳で。

今年に入ってからのスタ録の数々を思い返して、ふとそんな事を考えたのでした、まる。

コバヨンジュンとこのリーディングライブを観に行ったと思ったら……!

Posted by 浅沼諒空(園長NULL on   0  0

また小林将大ネタですが(苦笑)

彼が所属している声優事務所「ハミングバード」さんが主催しているイベント、
劇団はちどり「TCSY」にお邪魔してきました。



ちなみに題名のTCSY(タクシー)とは、
タクシーのようにお客さんにお気軽に乗っていってください、という意味と
「Thank you for the Chance to See You(あなたとの出会いに感謝します)」
という英文のそれぞれの単語の頭文字をとったものだそうです。



会場の渋谷HOMEは、スタンディングで100人弱も入れたらぎゅうぎゅうになりそうなライブハウス。

まあなんというか某「una:chenter」っぽさを感じたというかwww

当初はリーディングライブと聞いていたんですが、
台本を手に持たない舞台劇あり、ミニライブあり、宣伝コーナーあり(笑)と
バラエティに富んだラインナップになっていました。
(HIKARIさんという女性シンガーの方が超上手かった!)
地下アイドルのイベントとかライブショーに近いイメージなのかな、これは?

んで演技のクオリティの面については……まあ厳しい事も言ってしまうなら、
出演者の中にはまだプロを名乗るには厳しい人も少なからず見受けられました。
緊張してたのか、集中力がところどころで途切れてしまってる人もいたかな……。

一応、過去に数多くの演者を見てきている身としては、そこはオブラートには包まず発言します。

ただ皆さんまだまだお若いのでね、時間が味方してくれてるので
今後どんどん経験を積んで、伸びていくんじゃないかと思います。
そういう意味では、こういうステージは場数を踏むには最適かなと。

脚本は、一本一本は短いものを三つほど上演していました(これもまた既視感がwww)

もしかして今回のって、演出とか演技指導の担当者がいないままやってたのかな……?
全権を振るって引っ張ってく人が、という意味ね。
(もしいらっしゃったのなら謝りますゴメンナサイ)

(またぶっちゃけてゴメンナサイ)全体的にチグハグだったり荒削りな箇所が散見されてたので
その辺の交通整理をするだけでも飛躍的に伸びるんじゃないかな?
演者のポテンシャル自体は決して低くないのですごく勿体無い感じがしました。


帰りしな、なぜかスタッフに某楠度康弘さんがいましてですねwww
こちらの事務所が製作しているドラマCDを二作、勢いで購入してしまったというwww
後でじっくり聞かせて頂きたいと思います。



皆様お疲れ様でした。

「una:chenter」Vol.1~9 総括

Posted by 浅沼諒空(園長NULL on   0  0

一昨年春から昨年末にかけて主催しておりました実験朗読公演
「una:chenter」について、色々と振り返ってみようかと思います。

実はmixi日記のコピペをちょびっと改変・水増ししただけだったりもしますが(苦笑)

「una:chenter」Vol.1~9 出演者リスト

Posted by 浅沼諒空(園長NULL on   0  0

All Player is Prayer

早坂彩子平川道子、斎藤悠、水嶋桃子小川美明、薮田美智子、つだまゆ戸來真由美、原田達也、遺伝子雑太郎、小林由季、はいじ、田村龍、覚本真理、小鳥遊空星宗哲紫貴~murasaki~、岡美なみ、飯村将司、金井里佳、大滝香乃、望綾花藤岡勇楠戸康弘長澤遥香、菊池里菜、甲斐大海、山本深愛、美穂、蘭咲ちおり、榊原慎、加藤幸司、みっきぃ、越湖梨奈、小林将大竹村妃芙未、小島美喜子、すぎやまきょうこ、高階奏、鈴木ジョン、古谷紀子橋本美土山哲朗羽田敬之新太きいさつき

「una:chenter Vol.9」終了ぉぉぉぉぉぉぉぉ

Posted by 浅沼諒空(園長NULL on   0  0

ご報告が大変遅くなりましたが・・・・・

今年最後&カットウで最後&当分最後の
「una:chenter Vol.9」がなんとか終了と相成りました。

img_28121.jpg


師走に入って一気に寒くなりましたが
そんな中でも結構なお客様に足を運んで頂けて感無量でございます。
本当に、本当に、ありがとうございました。

本番前日でプリンターがいきなりイカれたりとか
本番当日に音響がCDRを読み込まなくなりやがるとか
(お陰でオペレーションがやりづらい事やりづらい事・・・・・・)
相変わらず余計な事ばっかり起きる公演でしたがwww

準備期間中に突如私の仕事が変わってバタバタしている中で
裏に表にとサポートしてくれた山ちゃん、
極めてタイトな稽古期間でも悩みながら共に歩んでくれたキャストの皆さんも
本当にありがとう、お疲れ様でした。


そして、ずいぶんと前から公言しておりますが
今回を最後に、una:chenterシリーズは一旦終了と相成ります。

ぶっちゃけ隔月開催なんて社会人には無理です(真顔)

自分の色々な物を犠牲にし、多くの方々にご助力頂いて
漸く完走する事が出来ましたが、もう無理wwwこれマジwwwww

もう公演開催が目的化しちゃって作業みたいになるのは嫌ですしねー。
特に後半は台本選定にも相当苦労するようになりましたし、
今回は特にキャストの演技「は」褒めて頂けても
作品、脚本については苦言を呈する方が結構いらっさいますた。

やはり木戸銭を頂戴する以上は納得がいくクオリティじゃないとね( {0}ё{0})

という訳でいつかお会いできる日まで、ごきげんよう。

後日、Vol.1~9の総括編をば・・・・・・。






2012年10月7日「una:chenter Vol.8」開催っ!

Posted by 浅沼諒空(園長NULL on   1  0

こんな感じでお送りしております!

最初に予告していた B L 特 集 とはちょ~っと違ってるような気がしないこともありませんが……(いややっぱりそれっぽい作品もちゃんとあるにはありますが……!)


いこうぜ、ハートブレイクの向こう側へ!(違

日曜は・・・・・・初稽古!だったよ!

Posted by 浅沼諒空(園長NULL on   0  0

昨日は、来月に控えた当方監修のリーディングライブイベント「una:chenter Vol.8」の
初顔合わせ&初稽古だったのでした。朝っぱらから東高円寺だよ!結構遠いよ家から!

なお楠戸康弘&鈴木ジョンのらびゅらびゅコンビは今回欠席。残念!

いきなり台本を渡してとにかく読ませる、読ませる、読ませる。
配役を変えて、時間が許す限り読ませる、読ませる、読ませる。

割と瞬発力を求めるスタイルではありますが、
体裁を整えてくれ、という意味では決してありません。
一気に自分のギアをチェンジさせるための訓練、と言えば一番想定に近いかな?

※「稽古を重ねれば巧くなるというのは幻想」という某氏の発言が未だにトラウマなのです。

ちなみに以前はBL、GL特集やるぜー!と変な煽りを入れてましたが、
それっぽい要素も確かに残っているものの、
どちらかと言えば傷心系っぽい作品が集まったような……?

でも、重くはなりますが暗くはなりませんよ!
いつもの私の方向性というか
「人間がある局面でどう悩みどう想いどう動くか」を
いつもの形式で頑張って表現していくという感じですね。
ワンパターンですねwww


さて今回は、かなり知ってる顔が多数。
作中登場人物に対するキャストの平均年齢がいつになく高いようなwww
しかしその分、一定以上のキャリアを積んだ面子だけに安定度は抜群です!

殊に伝説となった開幕戦「Vol.1.5」で屈指の支持率を獲得した
ぺーちゃんこと戸來真由美は稽古場でも頭一つ半くらい抜けてました。
振った役柄が本人の特性に合ってたのもあるけど、
こっちが欲しいテイストをほぼ一発で引き出してくれてます。

「Vol.2」ではどちらかと言えば元気系の演技を披露していたはいじさんは、
今回はちょっと毛並みが違う感じでお送りすると思います。
なかなか難しい役どころではありますが、当初のイメージとほぼブレてないので安心。

現在三回連続出演中の若きホープ、公私共に充実している小林将大さんは
感情表現の幅をどう広げるかについて、毎度研鑽を重ねております。
声質の良さに頼り過ぎる嫌いがあったのがどんどん変わっていってます。

6月以来の参加となるみっきぃさんは、相変わらずちっちゃいwww
軽快でスピーディーな語り口はなかなかの個性ですが
今回はどのような役どころでそれを発揮してくれるのか!?お楽しみにっっ。

山ちゃんこと山本深愛さんが紹介してくれたニューフェイスの
高階奏(たかしな そう)さんは、朗読劇初挑戦という事ですが、
稽古を重ねていく中でどんな面を見せていってくれるのか楽しみです。

その山ちゃんは今回はいろいろと思うところがあるようで……
色々な舞台で裏方としてステージを支えたり、ワークショップで腕を磨いたり。
自分自身を深く見つめたりという時間が本番までにどのような形で結実するか?
演技=人間力が試される場所であるのを証明してくれるのではないかと思います。

「una:chenter Vol.7」終了

Posted by 浅沼諒空(園長NULL on   0  0

終わりました……

皆様本当にありがとうございました。

正直、今回はどうなる事かとしこたま気をもんだのですが
蓋を開けてみたら意外と何とかなりましたwww
前回ラクし過ぎたせいかなwww




正味な話、動員面では過去最低というていたらくではありましたが
時期的なものもあるので正直仕方ないかなと割り切っております。
ワシも営業らしい営業かけられなかったし。

こっちが営業かけてもガン無視しくさって
自分の営業だけのうのうとしくさる役者とかザラにいるしなwww



まあそんな愚痴は別にいいんじゃよwww



自分の演出は「コンセプトとキャスティングが9割」な訳ですが
今回は過去公演で得た経験や反省点を結構思い出しながらやってました。

例えばある意味夏っぽい「でられない」は、
同じ様なテイストの「おそろい」や「三角フラスコの中の悪意」で
音響・照明プランの甘さを痛感したのでそこをまず補強。


あとは同じく4月公演でも設けていた朗読パートも、
前回のは読み手の自己満足で終わってしまった点も多々ありましたので
構成から色々考え直してみました。
ただ挿し入れれば良いという意味では無い訳ですからね。

「あの日の誓い」はまた別の意味で過去を振り返るアプローチでして。
こちらは自分が出演したネット配信のボイスドラマだったんです。
http://kouya-dawn.main.jp/anohi.html
それ用に書かれていた作品をこういう世界にもちこんだら
果たしてどうなるかな?という実験。まあ手堅くしちゃいましたが。

「補陀落追想」については、本当にすいません。
これに関してはどうしても客観視できない(苦笑)
だからこそ演者によって磨き上げてもらおうかなと。
誰がやってもその人なりのアプローチが生まれるものですから、
どんどん色んな人が使っていってくれたら、嬉しいです。本当よ。




という訳で、今回は色々と自分の方法論を見直す回になりました。
そしてそれは、何だかんだで「正しいな」と思ったり。

もしも、色々予定もある中出てくれた演者の皆にとって、
何かしら足しになってくれているのなら、更に有難いのだけれど。



さて、そんな感じで……今日から次回公演の準備に入りますwwwww

ちゃんと稽古してたりするんですよ~!

Posted by 浅沼諒空(園長NULL on   0  0

今日は「una:chenter Vol.7」通算三度目の稽古でした。

今日は初めて出演者が全員揃った稽古でしたwww

今日は初めて仮SEや照明プラン、出はけの指示を出した稽古でした。

今日は初めてフライヤーを配ったり製本の説明をしました。


正直、不安材料はこれまでの回以上に多々あったりしますし
隔月開催という活動ペースの、歓迎せざる面が露見してもいますが
これもあと三回しか味わえないと思えば感慨深かったりもします。
(こう書くとプロレスラーの引退カウントダウンみたいだけどさw)

来年以降はここまで活発には動けないと思われるので
思い残す事の無いようやりたいと思います。

該当の記事は見つかりませんでした。