2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2016.12.05 (Mon)

観劇☆( {0}ё{0})φ TEAM SANT 第16回公演「烏合~Ugoh~」@中野ウェストエンドスタジオ

我がuna:chenterには三度も参戦してくれてる、ぺーちゃんこと戸來真由美女史。

巷では100年に一人の顔芸と呼ばれてるとかいないとか(余所見


そんな彼女のホームグラウンドであるTEAM SANTさんの第16回公演、「烏合~Ugoh~」を拝見しに行きました。

ウチの稽古の間もあっぴーるされていましたが(苦笑)、今回の題材は……新撰組っ!

ちょうどワイらも新撰組をテーマにしたドラマCDを製作した身ですので、非常に気になっていた(笑)




芹沢鴨暗殺直後から池田屋までの期間にスポットを当てさくっと切り取り、明確な主役・ヒロインを設けず隊士一人一人に必ず一度以上はクローズアップされる場面が来る展開。こういう手法は他の表現媒体よりもやはり演劇、舞台劇にしっくり来る。

冒頭で「俺が!殺された!大変や!」と眼を丸くした観客は恐らくワシ一人だけだったと思います(爆苦笑)

公演としてのトータルの完成度では前回の「Rewind」に軍配が上がりそうですが、キャスト全員が客席に対峙し、挑みかかってくるかのような熱!これは今までのSANTさんの中でも突出しているように思いました。

なにより、主催の方の新撰組や幕末に対する思い入れ、愛を端々から如実に感じられたのも、とても嬉しかったですね。そう「嬉しかった」という言葉がパッと浮かんだ。

公演じたいの感想は下のほうに箇条書きでばばっと書きましたので・・・・・・。



やはり彼女はニクい位に魅力的なプレイヤーだなと。

完璧とかソツなくとかでは無く、スケールが大きくて揺るがない。
揺るがないからこそダイナミックな芝居が出来る。

そしていつでもどこでも小ざかしい屁理屈こねずに有限実行、思案を重ねて全力投球。

なんだろ、なんか、悔しいなあ(苦笑)


スポンサーサイト

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

00:00  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.06.24 (Fri)

2016.6/22「お気軽に。」リーディングライブ第二弾@江古田・兎亭を観てきたお( σ {0}ё{0})σ

今年の夏は、3年半振りに復活させた自企画「una:chenter」や秋合わせのドラマCDの製作準備でひーひー言ってます( っ}ё{T})シニソウ

昨日は皆のパパこと原田達也さんの「お気軽に。」リーディングライブ第二弾を拝見しに行ってきました。

会場は前回に引き続き、江古田の兎亭さん(9月にウチも借ります!)非常に独特で素敵な雰囲気を醸し出してる空間です。

いやーそれにしても、前回は客演してた企画の模様を客席から観るってのは中々面白い感覚ですな(笑)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

01:26  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.06.10 (Fri)

ざっくりと観劇雑感( {0}ё{0})φ

三件ほど演劇、イベントを拝見してきました。

そのうち二つは自分と大変縁の深い方々だったので稚拙なのは承知で何かしらメモしておきたくなりまして( {0}ё{0})φ





先々週金曜、“盟友”結内狼さん、こと 竹中さやかちん所属のTheatre劇団子さん「セリフを下さい」観劇。

事前情報から想像していたよりもだいぶ重い内容で心に突き刺さった。

シナリオ自体はどちらかといえば前作の方が好みだけど、キャストの皆さんの演技は今回の方が鬼気迫る勢いを感じた。しかしラストは決して鬱々しくはならず救いの糸口を垣間見せてくれたのが嬉しい。凄く素直な意味でヒューマニカル。個人的には観劇に慣れてない人にはここの劇団さんをお奨めしたい。





先々週土曜、我が心の師こと橋本美佳さんのイベントを拝見するため沼袋に。

毎度のことながらリビングレジェンドと言う言葉すら思い当たらないがもはやそれすら軽すぎる程のゲストの方々。
そしてそんなお歴々を向こうに回して存在感を示す極上のプレイ。
たるんだ心身に活を入れていただいた心地でした。

このご両名、少なくとも来年いっぱいまでは大変お世話になるので何卒よろしくお願い申し上げますw

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

13:19  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2016.02.15 (Mon)

演技論的な、何か(2)

今日の昼ごろ、TL上に初めて見かけるハッシュタグが流れてきた。

ネット声優・ボイスコクラスタの面々がRTしてたみたいですな。えーっとなになに・・・・・・。


「#ごはんおかず演者投票 」

おん?( {?}ё{?}) なんじゃそら?


説明によると……

・ごはん系演者=誰にでも合わせられる演者
・おかず系演者=個性が強い、個性的な演者

……だそうで。なるほどなぁ( {0}ё{0})φ

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : 演劇 オーディオドラマ 朗読

20:55  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.10.05 (Mon)

10月ですね

毎年春と秋は、収録の機会に恵まれております。

趣味であろうが仕事であろうが存分に演技しそれを披露できる事、大変ありがたく思います。

特に今年は、スタジオ収録……つまりリアルタイムで共演者の芝居を体感する機会が非常に多くなりました。また自企画でスタジオにキャストを招聘する機会も設けました。感謝してもし切れません。

となるとやっぱり、色々と思うことも多いんですねこれが……。

所謂「演技の深み」……とやらの正体とは何だろうと唐突に考え出してみましたら……つまりは心の中の「陰翳」であったり「歪み」であったり更に個人的には「それと逃げずに向かい合い葛藤・相克している様」なんじゃないか、それらを台詞回しや一挙手一投足に出来うる限り投影しているか否かじゃないかと、個人的には思ったりするわけで。

(畢竟、人間という存在をどこまで鮮烈にイメージし、それを真摯にトレースしているか……なのかも)

そこまで行くと、流石に恵まれた声質だけで処理する手法では、到達するのは少々難しくなる。
(まぁ私がそういうタイプの演者を好まないというのもありますけども)

んでは、そこをゴールまたは中間地点と仮定して。

演技プランという名の道筋を何ヶ月も試行錯誤して辿り着く(或いは辿り着けない)人もいれば、ある程度のレベルまでは一発で、一瞬で到達してしまえるような畏敬の念を禁じ得ない凄玉も存在する訳で。

今年に入ってからのスタ録の数々を思い返して、ふとそんな事を考えたのでした、まる。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

タグ : オーディオドラマ 演劇 ボイスドラマ 朗読劇

04:33  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.09.02 (Mon)

加藤幸司さんの舞台を観に行ってたんですよ!

結構前の話になっちゃいますが、加藤幸司さんの出演した舞台を観に行ってきました。

私が主催してきた実験朗読ワークショップ「una:chenter」にもご協力いただきましたが、
今は日本とアメリカを行き来して腕を磨く俳優さんであり、
甘いマスクと卓越したセンス、他の追随を許さぬ筋肉美を誇るスーパーナイスガイであります。


シェイクスピアの名作郡をベースに「中野」を軸にした、時にコミカル、芯はシリアスなミュージカル風味でした。

荒々しさと細やかさが同居したダイナミックなステージング。
老若男女の別無く入り込めるストーリーと演出。

そして後半に繰り返し告げられた「おもてなし」の言葉が胸に刺さりました。...

加藤さんの筋肉美(むしろ美筋肉?)は健在で客席は完全に度肝抜かれてましたね!
むしろパワーアップ!?

何故かね、その晩家で泣いちゃったんですよ。
感動したっつーか、悔しくて(苦笑)

俺何やってんだろー、何が出来てるんだろーって。
こういう感情も、必要なんだろうなって。
イイ年したおっさんの台詞とは思えないスけど(苦笑)

キャスト、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
もっと見る

テーマ : 演劇・劇団 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 演劇

06:59  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.07.24 (Wed)

コバヨンジュンとこのリーディングライブを観に行ったと思ったら……!

また小林将大ネタですが(苦笑)

彼が所属している声優事務所「ハミングバード」さんが主催しているイベント、
劇団はちどり「TCSY」にお邪魔してきました。



ちなみに題名のTCSY(タクシー)とは、
タクシーのようにお客さんにお気軽に乗っていってください、という意味と
「Thank you for the Chance to See You(あなたとの出会いに感謝します)」
という英文のそれぞれの単語の頭文字をとったものだそうです。



会場の渋谷HOMEは、スタンディングで100人弱も入れたらぎゅうぎゅうになりそうなライブハウス。

まあなんというか某「una:chenter」っぽさを感じたというかwww

当初はリーディングライブと聞いていたんですが、
台本を手に持たない舞台劇あり、ミニライブあり、宣伝コーナーあり(笑)と
バラエティに富んだラインナップになっていました。
(HIKARIさんという女性シンガーの方が超上手かった!)
地下アイドルのイベントとかライブショーに近いイメージなのかな、これは?

んで演技のクオリティの面については……まあ厳しい事も言ってしまうなら、
出演者の中にはまだプロを名乗るには厳しい人も少なからず見受けられました。
緊張してたのか、集中力がところどころで途切れてしまってる人もいたかな……。

一応、過去に数多くの演者を見てきている身としては、そこはオブラートには包まず発言します。

ただ皆さんまだまだお若いのでね、時間が味方してくれてるので
今後どんどん経験を積んで、伸びていくんじゃないかと思います。
そういう意味では、こういうステージは場数を踏むには最適かなと。

脚本は、一本一本は短いものを三つほど上演していました(これもまた既視感がwww)

もしかして今回のって、演出とか演技指導の担当者がいないままやってたのかな……?
全権を振るって引っ張ってく人が、という意味ね。
(もしいらっしゃったのなら謝りますゴメンナサイ)

(またぶっちゃけてゴメンナサイ)全体的にチグハグだったり荒削りな箇所が散見されてたので
その辺の交通整理をするだけでも飛躍的に伸びるんじゃないかな?
演者のポテンシャル自体は決して低くないのですごく勿体無い感じがしました。


帰りしな、なぜかスタッフに某楠度康弘さんがいましてですねwww
こちらの事務所が製作しているドラマCDを二作、勢いで購入してしまったというwww
後でじっくり聞かせて頂きたいと思います。



皆様お疲れ様でした。

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 観劇 朗読劇

23:20  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.06.22 (Sat)

コバヨンジュンの舞台見てきた!

去年まで主催していたリーディング・ライブ「una:chenter」の後期シリーズや
音声劇団ばなわに!の「BBA俺だ結婚してく…れとは別段思わない!」に出演してくれた
小林将大くんの舞台を観に行ってきました!
 
場所は池袋、会場はシアターグリーン。何年ぶりだろ(笑)

おりしも天気は雨ですが、中々の盛況ぶりでした。 6791579_1955364673_97large.jpg

結構大きいチャンスが巡ってきてるようで、ここからが彼にとっての勝負時なのかなと!
がんばれ!そして今回はお疲れ様でした!

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 演劇 観劇 小林将大

14:08  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2013.03.03 (Sun)

観劇してきたーヽ( {0}ё{0}) ノ

劇団超ダッシ 第1回公演 『スマイル』

「aniwarks」というプロダクションが母体になってるようです。

会場は北池袋の新生館シアター。小さいけど綺麗で清潔。
客席はギッシリ大入り!結構な事です。

ストーリーは
「いつかは売れる事を夢見て、毎夜公園で芸を磨くお笑い芸人の和也。
しかし、彼の気持ちとは裏腹に売れる気配は0!
友人からも現実を見ろと言われ、落ちこんでいた。
そんな彼に、1人の少女が話しかけてきて……。(公式ブログより抜粋)」

テーマ : 演劇・劇団 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 観劇 演劇 山口和将

23:36  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2012.04.26 (Thu)

観劇お礼参り強化月間・そのさん(楠戸康弘さん)

拙企画「una:chenter」シリーズ連続出演中の楠戸康弘さんの出演する
『VOICE in WONDER act.50』というイベントを観てきました。

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 朗読 朗読劇 楠戸康弘

21:03  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。