2009年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2009.01.03 (Sat)

12/31 プロレスサミット後楽園ホール大会(その三)

◇プロレス聖火マラソン~第四話~
さて、その頃沼二郎は順調に走り続ける。どこ走ってんだか知らないが。
ここでバックにはZARD「負けないで」。
しかも歌うのはNEO、JWP、アイスリボン、他フリー等女子選手達。

某24時間テレビのインスパイヤですか、分りません><

闘牛・空の後ろで隠れるキムキョーママ、恐ろしくキーと安定度の低い倉●翼、
一人だけ(゚д゚)として歌わない真琴に場内爆笑。
そしてVTR終了後、解説の「まあ本人には聞こえて無いんですけどね」で再度爆笑www


◆第八試合 8人タッグマッチ 30分1本勝負 
大石真翔、野橋真実、タイガースマスク、正岡大介 vs KAGETORA、大和ヒロシ、忍、 KUSHIDA

正直、詳細はあまり覚えていない。
こういう多人数タッグだと、ローンバトルを強いられながら踏ん張った野橋とか
DEP・正岡と大石の同時ケブラーダなどのハイフライムーブが印象に残るなあ。
どちらかと言えば受けのタイプであるKAGE、大和はこの中では割を食ってたような?

コミカルかつ小ずるい笑いを誘って見せた阪神仮面は、コーナーでは大騒ぎしてたが
実働時間としてはあまり働いてなかったなwww

乱戦を締めたのは、バッチリSEXボンバーも決めた忍のS.E.X.(シューティングスタープレス)。
美しい空中姿勢に他団体目当てのファンもため息をついていました。
試合後は『今日はメンズクラブの御前試合に出られなくて寂しい自分もいましたが、勝って嬉しいです。次はメイン、盛り上がっていきましょう』とマイク。



◇プロレス聖火マラソン~オラもうどーでもよくなってきたぞ~
ここでまた中継(という名の収●)に繋がると、またも火を消してしまった沼二郎。
近くには偶然(笑)にも「全日本プロレス事務所」という看板と、
偶然事務所に居合わせた(大晦日だっつーのにwww)渕正信の姿が見える。
フッチーは「どうしたんだよ。そういえば、火を持ってたけど、あともう少しだろ、ホールは。頑張れよ」

よくご存知ですねwww

フッチーは沼二郎にビンタ、そしてチャッカマンで聖火に火をつける。
チャッカマンでいいんだプロレスの聖火www



◆第九試合メーンイベント 6人タッグマッチ 30分1本勝負 
マンモス佐々木、佐々木義人、石川修司 vs 真霜拳號、関本大介、青木篤志

始めに、青木が事ある毎にブーイングを浴びていた件について。
多分すれっからしのインディーヲタどもの仕業だろうし青木が気の毒で仕方なかったが
自分も今回このカードに青木を入れてはいけなかったと思う。

曲りなりにも各団体の次代を担うヘビー級選手が揃っていた中に
ジュニアヘビー級の新鋭である青木が加わるのは、やはりバランスが悪い。
ガラドラこと仲田龍氏がどういう意図で彼を捻じ込んだのか、全くワカラナイ。
ここで青木に、ヒールモードで自己演出出来る器量があればまた違ったんだろうが……。

新鮮だったのはDDT、ユニオン&ハードヒットを主戦場とする石川修司とタ団体選手の絡み。
青木相手に手を高々と突き上げて挑発したシーンもなかなか面白い。
残念なのは、ここで青木が頭を働かせずスルーされた事だが。

真霜と義人が相対するのは、ZERO1在籍時のBJWタッグ選手権以来か。
UNヘビーを賭けての試合もなおざりになってしまったが、
入場時に真霜がUNを持参していただけに、この再会が何とも……。

義人と青木の絡みでは、北斗原爆からのアームロックやアサルトポイントで
随分と追い込まれる場面が多かったのが悔しい。お前ヘビー級だろ!(泣)

そして自ら試合を決めた関本の安定感は相変わらず。
今年こそ、マンモスとのタッグ戴冠までいまいちこれといった結果を出せなかったが
その押し出し、技術、パワーはまさにインディーの枠を越える存在として誇れるだろう。

しかしながら。
マンモス、関本、そして義人だと、ぶっちゃけ大日本でゲップが出るほど見られる。
石川や真霜も『天下三分の計』『三位一体の術』で絡む機会は今後あるだろう。

おなじみのメンツを適当にシャッフルしただけの組み合わせ、という印象は
ハードなぶつかり合いを目の当たりにしてもなお、消し切る事が出来なかった。
名前だけのクソッタレGPWAとは比べ物にならない位尽力してるんだけど……。

次回は是非、このパターンを崩し驚嘆の声が上がるようなマッチメイクを切望する。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス プロレスサミット

14:00  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.01.03 (Sat)

12/31 プロレスサミット後楽園ホール大会(その二)

◆第五試合 バトラーツルール 30分1本勝負 
澤宗紀、HARASHIMA VS 佐藤光留、竹田誠志


リング上の蛍光灯と胸の内のサスケ熱(笑)を除去するため一回目の休憩。
DDTの売り場で血迷って「DDTスーパースター列伝~男色ディーノ編~」購入。
素晴らしすぎる出来栄えにはGJと云わざるを得ない。原田先生よく引き受けたなwww

さてお次はハードヒット、バトラーツやフーテン等で盛り上がりつつある“バチバチ”のタッグマッチ。
佐藤光留には「パンクラスを見せてやれ!」「変態の力を見せてやれ!」との声が飛ぶ。
まあ後半については澤君も当て嵌まりますが(キパーリ

序盤の光留vsHARASHIMAから、予想通りのバチバチ&鋭くドライなグラウンドを魅せてくれた。
足関節も一方がアンクルなら一方はアキレス狙いとちょっと捻りと反骨根性が利いている。
ダイナミックな受けっぷりと無骨な攻めを見せる竹田も隠れたキーパーソンだったが、
終盤では澤の伊良部パンチ→延髄切り→卍固めと怒涛の攻めに苦杯を舐めた。

逆に割を食ったのはHARASHIMAか。序盤の動きこそ良かったんだけど、
最後はちょっと大人しすぎて澤君に殆ど持っていかれてしまった。



◆第六試合 タッグマッチ 30分1本勝負 
火野裕士、TAKEMURA VS 吉江豊、鷹木信悟


流石に吉江、火野と並ぶと鷹木も些か小粒に見えてしまうが、
「かっこいいカラダ」にも掲載されたTAKEMURAがあまり体格面で負けてない。

普段からヒール色の強い火野、TAKEMUMURAの奇襲から場外戦へ。
この時点で鷹木と火野が相当お互いを意識しているが、それは観ている側も実は同じ。

火野の「ファッキュー!」からのセントーンをかわした鷹木、お株を奪ってみせ(かわされたが)
先にスープレックスでガンガン投げ飛ばし、パワーを誇示して挑発する、
ドラゲーではあまり同じ領域で勝負できないもどかしさがここでは無さそうだ。

援護射撃に徹していたのか、一人だけちょっと暢気な吉江の重量感(オンリー)溢れる攻めと
TAKEMURAと火野による悪のインサイドワークで試合はシーソーゲーム。

権利の無い火野のイス攻撃がTAKEMURAに誤爆すると、
鷹木がラリアット→吉江のボディプレスを挟んでのラストファルコンリーで勝利。

多くの方々と意見を同じくするが、火野と鷹木の一騎打ちは是非早急に実現させて頂きたい。
それも、どちらかのホームのビッグマッチで、多くの人々の目に触れる形で。
それでこそ、こういう混成タッグマッチの意味が出てくるはずだ。

影で試合を支えた吉江、TAKEMURAは助演男優賞をあげたい。
特に激しくバンプを取らされたTAKEMURA、お疲れ様でしたと言わせていただきたい。

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス プロレスサミット

13:56  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.01.03 (Sat)

12/31 プロレスサミット後楽園ホール大会(その一)

◇昼興行終了直後~開場前
観戦仲間とダベりながら時間を潰し、分かれてからはあちこち放浪し時間つぶし。
タイガースマスクが素顔で会場入りしてたなんて言わないwwww



◆開場後~試合開始前。
今回はバルコニーで観戦。今井田君が気合入ってる。
RSのイスの数からも今回は苦戦が感じられた。
いくらなんでも「超満員札止め2000人動員」は風呂敷広げすぎ。



◇プロレス聖火マラソン
リアルタイムで気仙沼二郎が、会場の後楽園ホールに向かって聖火マラソンを行うらしい(笑)
スタート地点に中継がつながると、御馴染みのライオンマークが!
つまり新日本プロレスの事務所である。そしてなんと聖火を手にした蝶野正洋が登場し、
「アーム・チョーノ! オラ、これ(聖火)持って走れ!」と

……晦日に黒のカリスマが事務所に?(苦笑)
まあ自分含めお客さんもそれなりに面白がってました。仕込んだのはマッスル坂井か?



◆第一試合  6人タッグマッチ 20分1本勝負 
吉川祐太、タダスケ、岡林裕二 VS 岡田かずちか、小部卓真、シークヮーサ仮面

岡田と岡林のコンタクトで試合開始だが、岡田の体の貧弱さが目立つ。
ヘラクレスのような岡林と向かい合うと特に如実に。端正なルックスと長身はもったいない。
グラウンドでも引き離せない岡田に今井田君からは苛立ちの色が濃い叱咤の声が飛ぶ。
……今あの団体で道場を仕切っているのは誰なんだろ?

他に目立ったのは体格差お構い無しでバチバチと攻め込む吉川、
引き締まった肉体でキビキビしたロープワークを見せるタダスケか。

試合は岡林がアルゼンチンでシークワーサー仮面から勝利。今後が楽しみ。
それにしても岡田君は不甲斐なかった。


◆第2試合  チャレンジマッチ1 30分1本勝負
田中将斗 VS 入江茂弘

でら名古屋の新鋭、入江君のチャレンジマッチは一番気になるカードでした。
若武者でデビュー戦含め二回見ただけですが、とてもハートフルな選手。
コール時に飛んだ大量の紙テープからもどれだけ期待され愛されてるかが伺える。

さて両者が並び立つと、体格こそさほど変わらないが
将斗からは流石にトップランカーの風格、オーラが漂いまくる。
入江はとびか掛かるようなロックアップ、エルボーもガンガン当てていく。
続いてタックル、コーナースプラッシュと気合の入った攻めを見せるが、
チョップ合戦を演じた辺りで徐々に攻め疲れ、気圧されていく。
将斗は倒れたところをストンピング、エルボードロップと追い討ち、
コーナーでは腰の捻りが効いた逆水平チョップ。

将斗がロープに飛んだところを、入江が蘇りパワースラム!場内歓声!
マットにたたきつけて重たい雷電ドロップも見せる。
スピアーで仕切り直した将斗は垂直落下式ブレーンバスター、スーパーフライ。
これをカウント2で返す入江!
将斗はラリアットで倒すとフィニッシュホールドのスライディングDを発射。

プロデューサーのTAKAみちのくはベストバウトに挙げているが、
自分としては、入江君にはこの興行の敢闘賞をあげたい。
若い世代に応援したくなる選手、成長を見守りたい選手がいるのって、なんかいいね。


テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス プロレスサミット

09:47  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.01.03 (Sat)

12/31 NEO 後楽園ホール大会

遅れましたが、新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。

年末年始の連戦、一発目はNEO後楽園ホール大会。
当日は元気美佐恵選手の引退試合がありました。

北側を半分潰してはいるものの、各席びっちりの超満員。



◆第一試合 渋谷シュウ VS 中川ともか
いわゆる「息吹」組による、ライバル同士のシングルマッチ。
中川にはレボルシオン・アマンドラの先輩・江本、木村がセコンドに

中川はボディスラムからの逆片エビ固めを皮切りに渋谷の右足を集中攻撃。
マットに叩きつける膝砕き、古式縁しきニークラッシャーから膝十字固め。
なんとかエスケープした渋谷はカウンターのコンプリートショットで流れを断たんとし、
すぐさまDDT三連発→飛びつきDDT、北斗原爆固めと挽回していく。

勝機と見た渋谷はトップロープに上がるが、ここでセコンドがイス攻撃。
その隙を突いた中川がまんまとフォール勝ちをせしめた。

何度も手を合わせただけあり、ラストを除けはお互いの技巧が噛み合った好勝負。
特に中川のK-DOJO仕込みの一点攻めは中々見応えのあるものだった。
なので、最後の介入はヒール軍団の常とはいえ、ちょっと勿体無かったかも。



◆第二試合 希月あおい VS 植松寿絵
植松は他団体でその活躍と腕の冴えを度々見せ付けてくれているだけに期待。
入場時から圧倒的なオーラを放ちながらコーナーで水吹きアピール。
一方希月は馬鹿でっかい声で「よろしくお願いしまーす!」とハイテンション。

あまりに喧しい(音量含め)希月を「うるさいだまれ!」と叫びながらヘアーホイップ、
そしてキャメルクラッチの体勢で「この口かー!」と顔面変形の刑。
が、希月もまったく懲りず同じ技で「このツノかー!」と植松のピンピンに立てた髪をいぢったり。

希月のコブラツイストを仕掛けられると、そのままの体勢で客席のコールをあおり、
そのまま強引にロープへ。お仕置きとばかりに逆エビをかけると、希月も同じ技で応戦。
ドラゴンスクリューからの足四の字固めを豪快に転がりながら脱出と、希月は実に元気。

中盤、希月はジャイアントバックブリーカーで流れを掴む。
一度目はロープに飛んだところをカウンターで、二度目は植松のドラゴン狙いを切り返し。
しかし旋回しながら落ちるダイビングボディプレスをカウント2で返されると、
三度目のジャイアント狙いをスクールボーイで丸め込まれてしまった。

試合巧者の植松が希月の領域で相手の良さを存分に出した、
気持ちよく笑えて、ワクワク出来て、そして唸らされた試合。


◆第三試合 マッスルビーナスwith風香vsさんかくchu→
風香、志田光、藤本つかさ vs さくらえみ、松本浩代、安藤あいか


※勝ったチームはリングでミニライブ
※スペシャル・レフェリー りほ

よく分りませんが、この試合に勝ったユニットが「いつかきっと」とかいう歌を
リング上で歌えるんだそうです。女子選手がリングで歌うって懐かしい。

……すいません、割愛で(爆

別段嫌いな訳でも無いんですが、ぶっちゃけ試合内容を覚えておりません。

勝ったのはマッスルビーナスwith風香でしたが、
風香「私はSPEEDの『WHITE LOVE』を歌えると聞いて来たんですけど。その歌知らないですし」
なんだよそれwwwそしてどさくさ紛れにさくらが猛アピール、
結局風香を除く五人で「いつかきっと」を熱唱。しっかし声量ねえなあ(苦笑)



◆第四試合
田村欣子、栗原あゆみ vs 夏樹☆たいよう、華名


夏樹、華名がWドロップキックで奇襲をかけてスタート。
一方の田村&栗原も華名を捕らえてツープラトンのDDT、

華名は栗原にヒップアタック、サッカーボールキックで荒々しい攻め。
更にアッパーブローから脇固め→腕固めと一方的に。

田村はエースクラッシャー、パトリオットバスター、ダブルリストアームソルトと
得意技で援護射撃する程度で基本的には栗原の奮起をコーナーで見守るスタンス。

連係に勝る夏樹、華名は攻める流れを途切れさせず
ボディプレス、ドラゴンスリーパーからのリバースDDT。
栗原がひたすら耐えまくった場面が印象に残る(まあブランクを鑑みれば当然ですが)

しかし中々フォールを許さない栗原に、夏樹はここで怒涛のラッシュに。
シットダウン式イグチボム、ダイビングヒップアタックとイグチボム→ジャックナイフエビ固め、
丸め込み合戦からたいようちゃんボムも防いだ栗原に華名がエグい顔面蹴りをかますと、
夏樹が再度イグチボムを決めて終止符を打った。

試合後は夏樹&華名、田村&栗原がタッグ挑戦をマイクアピール。
なかなか熱い試合だったとは思います。

個人的に、華名という選手に対しては「引退→復帰」という経緯から色眼鏡で見てましたが
シンプルながら激しい攻めには、曇りを拭わざるを得ないものがありました。
逆に夏樹は、少し攻め急いでたのかバタバタし過ぎちゃってたかしら?
タッグベルトを巻く資格は十分ではないかと(後のタッグ選手権の内容と比較しても)

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 女子プロ NEO 元気美佐恵

04:41  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |