2009年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2009.07.21 (Tue)

7/19(日)民宿チャーチの熱い夜制作委員会presents ~featuring NUMBER2+1~ 『民宿チャーチの熱い夜7』 @新宿タイニイアリス

アキバプロのUDX大会、、DDTとIWAジャパンが新宿大会と色々ある中、
知人が客演していた舞台を観に行ってきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆民宿チャーチの熱い夜制作委員会presents ~featuring NUMBER2+1~
『民宿チャーチの熱い夜7』 @新宿タイニイアリス

作・演出/渡辺熱

南の島の教会を改装した民宿はチャーチ。
そして隣の民宿は金城。
ごく普通の2軒の民宿には、ごく普通のお客さんが来て、
ごく普通に南の島を楽しんでいました…

でもただ一つ違っていたのは…

この島にはアメリカーの基地があったわけさぁ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回は民宿チャーチを映画の撮影場所にする話があがり、
レギュラー陣が監督に気に入られるために頑張っていくが、
そこへ毎度のごとく、本州からの不思議な客人が……と言ったお話。

自分は第四作から観続けているが、
相変わらずテンポが良く、2時間があっという間だった。
一話完結として初めて観ても、続けて観覧しても
十分満足させられる事を念頭に置いた作り。

ただ難点を言えば、シリーズ物の宿命か、
「本州から来た人間を勝手に勘違いしてドタバタが起きる」
……というお決まりのパターンゆえ、
かなり早い段階で先の展開がかなり読めてしまった。

それとWW2を語る切り口が紋切り型でしか無いのはキツい。
沖縄、と言うよりは戦後民主主義と自虐史観、
そして本州人の罪悪感がベースなんだろう。

それと最後のオチ、劇中で撮影進行中の映画が
「沖縄独立、テロリズム肯定を匂わせる内容により国が圧力をかける」
これはちょっと無理があるというか……くど過ぎて鼻に付く。

創作物におけるメッセージ性とは、
上から目線からの繰言とは似て非なるものではないだろうか。

「訴えたいテーマ」がありきでも、
それを強引に押し付ける為のソフトで終わらせるには勿体無い。

例えばの話、今沖縄が独立したら、どうなるだろうね。
日本を含めた近隣国を果たして信頼できるかな?
個人的には特に反対しないけど……ううむ。

スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 観劇日記 民宿チャーチの熱い夜

17:07  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.07.21 (Tue)

7/18(土)後編、しんちゃんパネエwww

フジテレビジョンのはす向かい、デックス東京ビーチへ。

具体的にはシーサイドモール4Fの「台場一丁目商店街」で遊んでました。
昭和レトロをモチーフにしたフロアで、この雑多な感じが妙に居心地良し。
つか、20年前の私んちやご近所が似たような感じでしたわ(笑)
雰囲気伝わるかな?
090718_1512~01090718_1335~01
090718_1336~01090718_1336~02
090718_1336~03090718_1505~01


テーマ : 日記というか、雑記というか… ジャンル : 日記

タグ : 台場怪奇学校

15:53  |  出先ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.07.21 (Tue)

7/18(土)前編、お台場は資本主義www

先週土曜日はお台場に行って来ました。
夏休みの初日……と思いきやガキンチョはあまり居なかったな。

まずは潮風公園の実物大ガンダム見てきました。
経済効果は3000億ですってよ奥さん!
……そうかここにはピーターパン(というなのオッサン、俺含む)しかいないから
リアル子供はあまりいないんだな、うん。
嫌がるチビを無理やり引きずってくオトーサンとかいたみたいだしな(笑)

がんだむがんだむがんだむがんだむがんだむがんだむ
がんだむがんだむがんだむがんだむがんだむがんだむ

テーマ : 日記というか、雑記というか… ジャンル : 日記

タグ : お台場 ガンダム お台場合衆国

15:52  |  出先ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.07.15 (Wed)

mjsk

mixiのコミュニティで知った。

http://www.myspace.com/deadendofficial

http://www.jack-itb.com/

(;゚Д゚) ……。



2009年8月15日
MUSIC003:DEADEND

JACK IN THE BOX 2009 SUMMER で 

MUSIC002:DEADEND

D E A D E N D  復 活

MUSIC001:DEADEND

俗にヴィジュアル系の元祖と言われている彼ら。
確かに彼らから影響を受けたバンドは数限りない。
特に同じ関西出身のL'Arc〜en〜Ciel は縁が極めて強く
ぶっちゃけ初期はコピーバンド状態だったwww

最初はHR/HM…いわゆるジャパメタムーブメントの中で台頭したが
自分はメタル畑では無いので、そういう認識が薄かったんだよね。

morrie様が再始動してから、何となく四人の中の時計が
再び動き出してきたのかなって気はしてた。
俺以外にも、そう思っていた人は結構居たはず。
(ちなみにmorrie様のソロ作もそれこそ死ぬ程聞き込んだ)

Creature Creatureのライブ、見損ねちゃったなあ。

あ、イベントHPよく見たらマーヴェリックDCのイベントだ。
ををっ、44マグナムとカリガリも復活してんのな。
くっそ~チケ代高ェなあ~(苦笑)

MARVERICK DC GROUP PRESENTS JACK IN THE BOX 2009 SUMMER 
2009.8.15(sat) at.幕張メッセ展示場 1-3
OPEN…11:00 START…13:00
全席立見¥10,500(税込)

acid android/DEAD END/ギルガメッシュ/ken/ムック/シド/tetsu/VAMPS/ゾロ/44MAGNUM/BREAKERZ/kcali≠gari/筋肉少女帯/MARVERICK DC SUPER ALL STARS/and more……

IVENT HP
http://www.jack-itb.com/

テーマ : お気に入りアーティスト ジャンル : 音楽

タグ : 音楽 ジャパメタ DEADEND morrie

00:00  |  音楽ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.07.12 (Sun)

爆勝忌’2009

一日遅れですが、mixiにて命日に上げた日記を再録。


あれから四年が経ちました。早いもんだ。

いつも疑問に思っていることがある。
破壊王の遺伝子を受け継ぐ資格とは、誰が持っているのだろうか、と。



彼のルーツであり、最も輝かしい青春と栄光の時代であり、
最後まで断ち難き愛憎が渦を巻く忌み場であった、新日本。

今はかつて標榜した「ストロングスタイル」「キングオブスポーツ」を
持ち株と共に堺のゲーム屋へ売り飛ばし、
“なんちゃってアメプロ”へと生まれ変わって時代の激動に対応しつつある。
その生命力には正直唸らされるし、より一層の発展を心から期待するが……。

セルリアンブルーのマット上で巻き起こる演出過多な出来事が
どこか虚ろで冷笑的な、絵空事の様に映ってしまって、少々キツい。




天下を取るため、業界をかき回す為に生み出した最凶の実験場、ZERO-ONE。
末期には創設者自身が引っ掻き回して後を去った。
……らしいっちゃ、らしいわね。

潰れる、潰れると毎年陰で囁かれながらも生き延びたZERO-ONEは、
その後のZERO1MAX→ZERO1と名前を変え、顔ぶれも変えながら
やっぱり毎度潰れる潰れると噂されながらも何とか生き延びている。

ZERO1MAX以降のイメージは、新エースたる大谷晋二郎の熱(苦し)さと
参謀から黒幕へと“転身”した中村祥之氏の突発的なアイデアから成る。
当然だ、彼等が死に物狂いで引っ張ってきたのだから。
三銃士・四天王の威光に頼らない活動もここが一番早かった。

だが、やはり破壊王のカラーは良くも悪くも薄い。
今のZERO1に対する不満の原因が、そこにあるかどうかは分からないけれど。

そう言えばあの人の忘れ形見がMAX時代から出入りしているのは有名な話だが、
この度練習生として加わったとの事で、我々の幻想は密かに肥大している。
んが、正直な感想としては、心からは歓迎していなかったりする。
「道場も無いような団体が新弟子を抱えるなんておこがましくないか?」
……というのが常に心の何処かにあるから。元々選手育成に定評の無い団体だし。

彼はあくまでも「橋本大地」であって「橋本真也のコピー」では無い。
彼の夢は「橋本大地の夢」であって「プヲタの共同幻想」では無い。





寄る辺無き魂が最後に辿り着いた場所、ハッスル。

門外漢の俺が評するのはファンの方に悪いとは思うのだが、
今のハッスルは破壊王が思い描いていたそれとも、
俺がなんとなく期待していたものとも違うような気がする。
応援しているファンは、まだ彼の事を覚えてくれているのだろうか。

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 橋本真也 爆勝忌 ニコニコ動画

03:49  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。