2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.30 (Sun)

猪木に勝利した柔道家、死去……R.I.P.

今更ですが、プヲタの中では「猪木に異種格闘技戦で勝利した選手」として知られる
柔道家のショータ・チョチョシビリ氏が今月27日、がんのためなくなられたそうです。
享年59歳。謹んで哀悼の意を表したく思います。

チョチョシビリ氏はグルジア出身。
1972年ミュンヘン五輪の柔道男子軽重量級(93キロ以下)では
ソ連代表として出場し、金メダルを獲得。
更に76年モントリオール五輪無差別級で銅メダルを獲得、
75年世界選手権の同級でも3位入賞。

そして89年4月24日、新日本プロレスの東京ドーム大会で
アントニオ猪木との異種格闘技戦を行い、裏投げの連発でKO勝ち。
実際に試合をご覧になったファンの方も多いかも知れませんね。
2007年3月にはその猪木とも再会を果たしています。

引退後はグルジアのオリンピック委員会や柔道連盟の副会長を歴任、
ジャンルの隆盛に力を尽くしておられたそうです。

※猪木…さんがスポーツ紙に寄せたコメント
「戦いを通じて友情を培った人間に、また1人、先立たれてしまうのか。私より年下というのも辛い。彼との試合は初の東京ドーム大会で負けたという意味でも、すごく印象に残っている。ご冥福をお祈りしたい」


◆チョチョシビリ氏死去 柔道ミュンヘン金…柔道(2009年8月29日19時05分 スポーツ報知)
◆猪木に勝った男、チョチョシビリ氏死去(nikkansports  2009年8月30日9時0分)
◆【柔道】チョチョシビリ氏死去 ミュンヘン五輪の柔道金(産経ニュース 2009年8月29日 18:29)
◆訃報:ショータ・チョチョシビリさん59歳=柔道男子王者(毎日新聞 2009年8月29日 18時31分)

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技 ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 柔道 異種格闘技 チョチョシビリ

23:42  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.08.24 (Mon)

みなとみらい駅で

長い長いエスカレーターを、グイグイと上る上る上ると
(高所恐怖症なので軽く怖い)

SNOOPY002
ふんぞりかえるエラそーな香具師。

SNOOPY003
なんという羞恥プレイ。

SNOOPY004
正面から……でもやっぱりどこかエラそーだw

SNOOPY001

SNOOPY005SNOOPY006
世界で一番大きい「革製のぬいぐるみ」


SNOOPY007SNOOPY008
各キャラクターの足跡パネル。でも主人公のだけ見つけられなかった。



コンサート会場へ向かう途中で見つけたスヌーピータウンの、
圧倒的な萌え度に心乱されたり癒されたり、そんな一時でした。
(何時間でも居られるが、多分通報されるな)

テーマ : どうでもいいこと ジャンル : その他

タグ : スヌーピー

13:30  |  出先ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.08.24 (Mon)

8/23(日)リトルジャックオーケストラ 第6回定期演奏会@横浜みなとみらいホール 大ホール

DDT両国大会の前に、ちょっと遠出して横浜・みなとみらいへ行っておりました。

「リトルジャックオーケストラ」というFF、ドラクエ等ゲーム音楽を、
オーケストラで生演奏している楽団があるそうでして、
FFシリーズの作曲家・植松伸夫氏からの声掛けにより、
ファン感謝祭イベントにも参加していたりとかなり内容の濃い活動を展開してるそうな。

その方々の定期演奏会。

自分はⅥは未プレイだったので観賞する資格があるのか少々疑問が残るが、
熱烈な(または病的な)FFファンである同行者の強い推薦もあり、
またオーケストラを生で聴くのもかなり久し振りなので期待して足を運ぶ。


会場はみなとみらいホール(大)。

どこからも見やすい2020人の座席は、開始直前には8割方が埋まっていた。
元ネタの知名度もさることながら、楽団自体の固定ファンもかなりいるという事かなと。
用意してもらった席は1階の前から*列目。演奏者の表情までしっかり見える。
090823_1245~01


今回は備え付けの超巨大なパイプオルガンとオーケストラの融合により、
原曲のアレンジを極めて忠実に再現する事を試みたとの事。
全4623本のパイプ!国内でもトップクラスの規模だそうです。
090823_1411~01090823_1410~01

本番前にホワイエで一部メンバーによるリハを兼ねたミニライブがあり、
それを聞いただけでも期待が高まった。
演奏ナンバーはプログラムには入っていないものだったらしく同行者もご満悦。

各曲の繋ぎが非常に滑らかで、澱み無く進んでいく。

アンコールに入る前、指揮者がスペシャルゲスト登場を
まさか……御大・植松伸夫登場!
なんつーか、作務衣が似合いそうなおじいちゃんだったwww

「本当にこのゲームを愛している人たちが演奏すると技術だけでなく情熱が感じられる」
至言である。まずは好きでなくては。好きでやってるんだものね。

次回は2010年10月、「クロノ・トリガー」の楽曲を演奏予定との事。

テーマ : ゲームミュージック ジャンル : 音楽

タグ : 音楽 オーケストラ ゲーム音楽 FFⅥ

13:24  |  音楽ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.08.17 (Mon)

8/16(日)地下プロレスEXIT EXIT-20 CORONA@Bar EXIT

結構久し振りにBar EXITで開催される[EXIT-20 CORNA]
これをずっと楽しみにしてたんです。

ええと、当日は朝起きて、余裕を持って向かうはずなのですが、
気付いたら、夜でしたorz


と、いう訳で、今回はミルホンネットの記事とか動画なんかを
ペロっと紹介させていただいて、お茶を濁す事にします(爆)

っかしーな、誰か教(ry


暗黒の一族“の誇りを取り戻した…地下王座はふたたびジャガー・ロゴフスキーの元に!
8・16地下プロレス『EXIT-20 CORONA』 ※ミルホンネット




地下プロレス Official DIVA SEXY ダンス



地下プロレス Ofin waikiki


地下プロレス Adelaide Australia

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 地下プロレスEXIT

13:12  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.08.02 (Sun)

8/2(日)地下プロレスEXIT [EXIT-19 CORE:D]@CORE STUDIUM

“メディアに背を向けた”数多の戦士達が集う、魔界都市の一角……

なんて書くと、漫画チックというかいささか大げさに感じるかも知れませんが、
寧ろここまで書いてもその雰囲気を上手く言い表せないのが
地下プロレスEXIT」なのです。本日はEXITジャパンの秘密基地・CORE STUDIUM。

試合開始ぎりぎりに到着すると、中は常連組を中心にしっかり埋まる。
奥では出場予定選手の夢路、紅、RIKIYA、日龍、スパーク、JULIE、326がアップに余念無し。


※画像うpは今しばらくお待ち下さい

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 地下プロレスEXIT

22:27  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.08.01 (Sat)

生観戦の心構えについて

タイトル通り、プロレスを生観戦するに当たっての心構えというものを
いろいろと考えさせられるようなお話です。





7/31のベイダータイム興行(at新木場1stRING>において、
どうしようもないアホな事故が起きたと観戦仲間から聞かされた。

事件が起きたのは、ターザン後藤&田中将斗 vs TARU&ヘイト組のタッグマッチ。

メンツから予想される通り早々に場外乱闘が始まり、
T後藤とTARUが北側の音響室付近に向かった。

さて、プロレスにおいて、試合中の選手が場外に出ている時は
セコンドが事故防止のため観客との間に立ち「楯」になるのだが……。

事もあろうにひな壇の客が乱闘から逃げないばかりかTARUにちょっかいをかけ、
おまけにセコンドと揉み合った挙句誤ってリング下に転げ落ちたとの事。
(付いていたのはターザン後藤一派の選手)

試合自体は続行したものの(ヘイトの暴走→両者反則負け)
その客は乱闘終わるまで倒れていたので、田中将斗が駆け寄ったところ、
同行客が将斗を突き飛ばすという暴挙に出たらしい。

なお応急処置は団体側が責任を持って対応。
即座に警察と救急車が呼ばれ、池田屋プレイを堪能した輩は搬送されたが、
現場検証のため、興行は一時間ほど中断とあいなった、と……。

……以上が、同大会を観戦した知人数名からの情報です。





基本的に、場外乱闘の危険性については
リングアナウンサーが試合開始前に必ずアナウンスする。
また、場外乱闘による事故(しかも客側の不注意などによるもの)は
団体側が応急処置はしても基本的には自己責任となる。
(チケットにも明記されているケースが多い)

試合中のプロレスラーに観客が接触しようとする事自体、
本来なら言語道断の蛮行な訳で。

搬送された御仁に付いては大事が無いことを祈るが、
それにしてもこりゃ自業自得としか言いようが無いかなと。
選手の方からファンに襲い掛かって怪我させたのとは違うんですからねえ。





プロレスに限らず、ライブ観戦における醍醐味のひとつは、
オーディエンスがステージ成功のキーを握っている事だと思う。
熱心な声援でスターを、他の観客を盛り上げる事も出来れば、
薄っぺらい野次やマナー違反で水を差す事もある。

また昨今では認識が薄れがちだがプロレスラーは“稀びと”であり、
おいそれとちょっかいをかけて済む存在では無かった筈である。
選手へのリスペクトがおざなりになっている風潮も、
今回の様な愚かしいアクシデントを生んだように思えてならない。

ただでさえプロレスへの世間の目が厳しくなる一方なのに、
こんな事で自分の愛するジャンルの首を絞めてどうするの?

逆に言えば、マナーを遵守する事でそんな危機は回避出来る訳で。
我々ファンにまず出来る事はそこでしょう。

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 繰言

09:10  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2009.08.01 (Sat)

7/31(金)FRIDAY "Ω" NIGHT FAINAL@千葉BlueField

二週間に一度、金曜日の夜に開催されて来たΩ主催興行、
その名も『FRIDAY "Ω" NIGHT』今回が最終回となります。

すいません、会場に来て初めて知ったわ(笑)

今興行の目玉は降って湧いたような「ライアン・テイラー争奪1DAYトーナメント」
……いきさつについては前回大会の観戦記をご覧下さい。


◆試合前
初回からオープニングMCを務めてきた稲松が今回は試合に出場するため
大石と旭が代役(?)で登場。頑張ってテンションを上げていく。

さて二人が組み合わせの抽選会に当たって準備をしている間……、
マイケル・ジャクソンの「BAD」に乗って、
何故か白のスーツで決めた関根“Ωのドン”龍一が花道から登場!



※イメージはこんなていで(滝汗


そしてトーナメント出場の四選手、梶ヤマト(MONSTER plant代表)、
JOE(チームハンサム代表)、PSYCHO(牙騎鱗代表)、稲松三郎Ω代表)が呼び込まれる。

組み合わせは……梶 vs JOE、稲松 vs PSYCHOの元牙騎鱗対決。
 

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス K-DOJO Ω 稲松三郎

02:45  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |