2010年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2010.04.30 (Fri)

4/29(金・祝)映画『アリス・イン・ワンダーランド』鑑賞

4/29(木・祝)、お昼から銀座へ。
ビッグカメラ~東急ハンズを冷やかした後で北海道どさんこプラザを冷やかした後、
予告を見て以来頭に引っ掛かっていた「アリス・イン・ワンダーランド」鑑賞。
※もしかしたら若干のネタバレ含みます。

12e2863e.jpg

公式サイトは【こちらからどうぞ】



ティム・バートンをヘッドとする製作チームは
ディズニー映画、という事もあり色々な制限の中で
最大公約数を見出そうと苦悩していたのが見て取れるが、
原作ファンとしては、作品の質感、内奥する“歪み”を
本質的に理解した上で形に出来るのは彼等だけだったと思う。


愛すべき変態野郎、ティム・バートンの表現衝動は常に一貫していて、
「異端・異形への肯定的な感情の具現化・形象化」が根幹にある。
これまでの作品全ての骨子がそこにあり、本作も例に漏れない。

まあ原作のルイス・キャロルも晩年はカメラ片手に少女を追い掛け回す
社会的かつ倫理的に若干困った人になってしまったそうだが。


「優れた人は、皆頭が少し変なの」
作中に*度ほど呟かれる、場合によっては著しく誤解を招きかねないこの言葉は、
バートンが全ての妄夢に捧げる哀歌でありセカイへの挑発と宣戦布告なのだ。
だからバートン作品には電波がかった支持者が一杯付くんだろうなあwww

ストーリー?

有 っ て 無 き が 如 し だ か ら 気 に し な い 方 が い い w w w


映像の美しさはやっぱり抜群です。
上記の様なくだらない御託なんぞ一切抜きにして、
頭の中を空っぽにして楽しい悪夢に身を委ねられます。
チェシャ猫とバンダースナッチ可愛すぎる。
“My sweet hat”♪

あとクリストファー・リーのCV出演にテンションあがる。
同じドラキュラ俳優のベラ・ルゴシに比べると息が長いわよね。
※どの役かは映画館で確かめてね!

ジョニー・デップ演じる帽子屋についてはジョニデファンから評判悪いそうだが

 そ ん な の 知 ら ん が な w w w


スポンサーサイト

テーマ : ジョニー・デップ ジャンル : 映画

タグ : ティム・バートン ジョニー・デップ アリス・イン・ワンダーランド

14:03  |  映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.04.27 (Tue)

4/25(日)RAW「プレ旗揚げ興行vol.15」@板橋区小豆沢体育館第一武道場・後編

◆セミファイナル 【でかい顔 と でかい壁】
邪馬屠 VS ケンタDX


*RAW脅威の新人ケンタDX。
RAW内部ではその体格以上に顔と態度のでかさによる抜群の存在感を誇る彼。
なんと、アピールのかいがあり、RAWの絶対エースであり残虐超人である邪馬屠とのシングルに大抜擢されました。
その体格だけがクローズアップされがちなケンタDXですが、実は類稀な運動神経の持ち主でもあり、体格に似合わない身のこなしと、見た目どおりのパワーを持っている。邪馬屠相手に実力を見せつけ、デビュー当時から熱望しているRAW王座戦につなげるのでしょうか?
対する邪馬屠はここ数戦負けが混んでいるが、存在感は相変わらずのトップクラス。
ケンタ相手の高い壁となることができるのか!楽しみな一戦です。
(団体側リリースより)


ケンタDX、態度の前にまず身体がデカい!
掛け値なしのヘビー級だ。質量が齎す単純な迫力。

一方の残虐超人邪馬屠は初見ながら妙な存在感を発散して入場。
そしてのっけから怪しさプンプンの握手を求める(笑)
空気を読む観客からは咄嗟に「えーっ」の声。
よく躾けられてるなwww

物凄く警戒いやむしろ嫌がるケンタ、邪馬屠の押しに負けて握手。
……やっぱり藤田ミノル張りの不意打ち!酷いよ!(笑)

しかし序盤はケンタがそのパワーを存分に発揮。
でかい態度どおりの踏みつけ式のフォールもふてぶてしいし
ネックハンギングボムも高さがあるから投げ捨てた時の衝撃が凄い。
(それをキッチリ受けきってる邪馬屠もまた凄いが)

「残虐超人こんなもんかコラ!」高らかに挑発するケンタ。

ギアが入った邪馬屠、速射砲のような打撃のラッシュで流れを変える。
中々際どい当たりでひるみ出すケンタ。
ダウンを奪うと左足にパンチの連打。初めて見る足殺しだw

監獄固めをねちねちと仕掛ける邪馬屠。
それを下からの体勢で思いっきり跳ね除けてしまうケンタだが、
邪馬屠はとにかくしつっこく監獄、監獄、監獄。
ここでも「存在感争い」とでも言うべき駆け引きを感じたりなんかして。

ノラリクラリの邪馬屠、本部席のミネラルウォーターを奪って噴射!
が、ブレーンバスター狙いはフロントチョーク→ブレーンバスターで切り返される。
続いてタメを効かせたニーリフトで邪馬屠は場外まで吹き飛ばされてしまう。
場外カウントが進む、意図を掴みづらいフェイントを経て(笑)19.99で帰還した。

手四つからの力比べでは互角の勝負の邪馬屠。
そこから頭突き!倒れたらストンピング、あーんどスパンキング(笑)

本部席の机の上に上がる邪馬屠。当然、思いっきりしなる机!
明らかに重量と耐久度が釣り合わずヤバいのだが、
その上からダイビングニードロップ。
キックアウトされたが流れは完全に邪馬屠寄りに。

邪馬屠が足四の字固めに入ると、
必然的に無防備になるケンタの左足へ足ツボ攻撃www
しかしケンタDXにもそこへはこだわりがあるようで、
「本職をなめるな!」と逆足ツボ攻撃。これはケンタに軍配w

邪馬屠は「レッグラリアットぉぉぉ!」と叫びながら
走りこんでのアリキックを三連発。イナヅマっぽくは無いかもw
そしてイスを持ち込みその上からスプラッシュ(カウント2)

ケンタはチョークスラムの体勢に、これをかわした邪馬屠が延髄斬り。
しかしケンタも倒れずチョークスラム!両者ダウン。

立ち上がる両者。邪馬屠は張り手の打ち合いで体格差を凌駕する。
ケンタもタックルで綺麗に吹っ飛ばす。両者まだまだ余力ありか?

ケンタは旭志織の阿吽のような要領で放つスライディングラリアット、
そしてアメイズインパクトと大技をこれでもかと繰り出していくが
邪馬屠はこれを悉くキックアウトする。場内の空気が燃えてくる。

ここでついレフェリーのカウントに物言いをつけてしまったケンタだが、
その隙を見逃さぬ邪馬屠、背後から急所パンチ!
悶絶するケンタに足極め式のジャックナイフエビ固め……
正式名称「裏裏足四の字固め固め」で電撃ピンフォール。



いやあお世辞抜きに凄い熱戦でしたよ。
硬い畳の上であんなにスラム技かましていいのかなって思ったりもしたが。
個人的にはケンタDXの方が好きな選手だったりするのだが
邪馬屠は後からジワジワ効いて来る独特の味を持ってる……かも知れない。

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス RAW 草プロレス アマチュアプロレス

23:32  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.04.27 (Tue)

4/25(日)RAW「プレ旗揚げ興行vol.15」@板橋区小豆沢体育館第一武道場・中編

◆第三試合 【FIGHTING BASIC LINKS提供試合】
前田明日 VS マッチョ=マイケルズ(フリー)


*本試合は≪LINKS特別ルール≫で行われます。

長野の誇るファイティングネットワークが、ついに都内に上陸!
昭和のプロレスにみられる闘い、魂のぶつかり合い、一生懸命さ、がむしゃらさ、ひたむきさ。
忘れてしまった闘いの原点をとりもどしたい。熱い男達の戦いをお楽しみください。
そんな男達が熱くぶつかり合います。
都内ではなかなか見れないレア提供マッチをお楽しみください。
(団体側リリースより)


本日注目の一戦、変態どもがwktkしてきたまだ見ぬ強豪こと、
LINKS総帥前田明日の参戦でございます。入場テーマはもちろんアレ。

さて公式ルールについてはこちら。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【15分一本勝負】

<勝敗の決定>

ギブアップ、10カウントKO、TKO、レフリーストップ、判定

<ポイント制>

・エスケープは柔道場の場合、競技エリアを囲む赤ラインに故意に逃げた場合とし、リングの場合は最下段のロープを故意に触れた場合とする
・エスケープ1回でダウン1回とする
・ダウン5回でTKO負け
・時間切れで1ダウンでもロストポイントの少ない方を判定勝ちとする
・偶発的な反則一回でイエローカード=1ダウンとする
・消極的とレフェリーが判断した場合イエローカード=1ダウンとする

・故意の反則一回でレッドカードとなり失格

<膠着>

・レフェリーは選手双方グランド状態で膠着と判断した場合、ブレイクさせ

スタンド状態から再開させる

【反則技】

・首から上の打撃は禁止
・頭から落とす技は禁止
・金的、のど仏、目、鼻、口への攻撃は禁止
・爪先蹴りは禁止
・肘打ち禁止
・ダウンした相手への攻撃は禁止
・関節蹴りは禁止
・相手が両手両膝のいずれかでもマットについてる場合、打撃は禁止
・指関節への関節技は禁止
・ニーパット、キックレガースを着用しない蹴りは禁止

平成21年11月16日作成

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

レフェリーはDSL。

まずはマッチョがミドルキックで間合いを掴もうとする。
前田は冷静にテイクダウンを奪うと、
ダブルリストロックから逆片エビ固めでまずは1ロストポイント。
スタンドになると前田のニールキックが爆発!
予想以上の美しいフォームと抜群のタイミングに歓声が沸く。

前田の袈裟固めを腕ひしぎに切り返すマッチョ。
そして脚関節の仕掛け合い。ここは両者ブレイクに。

グラウンドで水を得た魚の様に躍動する前田が再びエスケープを奪う。
マッチョがバックを取りジャーマンを狙うが、
ここを凌いだ前田は逆にダブルアームで投げてみせた!

五分経過。
さらにサッカーボ-ルキックも劣勢のマッチョは
スタンドに仕切り直されると踵落としの連発でダウンを奪った。
カウント8で立ち上がる前田はビクトル膝十字へ。
マッチョはこれを押しつぶして逆片エビ固めからSTFに繋いでタップを奪った。

前田が序盤からグラウンドで押していただけに
フィニッシュはややあっけない感もあったが
そこを耐え続けて勝利を掴んだマッチョ、天晴!

最後は6/6のLINKS関東大会開催が発表される。
まるで所属選手のようにPRするマッチョさん(笑)

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス RAW 草プロレス アマチュアプロレス

13:58  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.04.27 (Tue)

4/25(日)RAW「プレ旗揚げ興行vol.15」@板橋区小豆沢体育館第一武道場

ちょこちょこと名前を聞いていた草プロレス団体の雄ことRAW
小豆沢大会を初観戦しましたよ。

同会場はBBB旗揚げ戦を見に来て以来。千葉からだとかなり遠いねw

100425_1459_01.jpg



◆第一試合 【新人デビュー戦】
リヴァーサル沢 VS SAGAT

*4.11葛飾大会でエキシビジョンを行う二人が、早くもデビュー戦にして再戦を行います。
共に格闘技実力者である両者ですが
リヴァーサル沢のスピードとテクニックと、SAGATの溢れるパワーの両極端な個性のぶつかり合いを楽しみください。
(団体側リリースより)


SAGATはなるほど中々よい体つき。

リヴァーサル沢の入場曲は「Sandstorm」
これを聞いて大鷲を連想するかヴァンダレイシウバを連想するかは人それぞれで。

さて試合は、リヴァーサル沢が左のリストを取りつつSAGATの左足へキック、
レッグロックで早くも足殺し一点集中攻撃への布石を打つ。

一方のSAGATも、重たいニーリフトで流れを直ぐに変えると
背後からのベアハッグで腹部へダメージを蓄積させていく。
引き出しは中々多そうだ、こういうの好き。



ニーリフトを挟んでブレーンバスターで叩きつける。
カウント2で返したリヴァーサル沢、再び左脚への攻撃で応戦。
これがニースタンプ、膝裏への鋭角な膝蹴りからレッグロック
エグく踏みつけてから膝十字固めと実に多彩。

SAGATも威勢はよく、罵声を浴びせながら耐え、エスケープする。

だが立ち上がる余裕すら与えないリヴァ沢のランニングローからデスロック、
クロスフェースや膝蹴りと引き出しをあけまくる。
ドロップキックでもダウンを奪う。

が、SAGATはミドルキックや腹部への膝蹴りをキャッチすると
スパインバスターで強引に叩き付ける!持ち味を活かす。
ここで両者ダウン。

鮮やかなハイキック→膝蹴りでダウンを奪ったリヴァ沢は腋固め。
エスケープされるも畳みの中央で再び同じ技を。
SAGATは強引に立ち上がり持ち上げてしまう。

胸張り手とミドルキックの打ち合いは、SAGATがパワーで制す。

レッグロックを自力で抜けたSAGATは、リヴァ沢の膝蹴りをキャッチし
観客へ見せ付けるようにシュミット式バックブリーカー。
手を離さずに三連発→そしてブロックバスター!(カウント2)

返したリヴァ沢は左脚へのローキックで倒して、ボマイエ(カウント2)腹固めに。
これを持ち上げるSAGAT!そこからバーディクトで振り回すが、
勢いがつきすぎたようでリヴァ沢はひらりと着地。
だがSAGATは反撃を許す前に弾丸のようなスピアーを間髪入れずヒット、
そのままフォール勝ちをせしめた。勝負どころのクレバーさが決め手か。

軽量級でMMAっぽい所作を見せるリヴァと、
ガチムチ体型で21世紀アメプロっぽいテイストSAGAT。
試合は使いたい技をやりたい放題の強引な展開ではあったが
夫々の持ち味と勢いが出ていて、見ていて楽しかった。





テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス RAW 草プロレス アマチュアプロレス

12:51  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.04.21 (Wed)

4/11(日)ZERO1@靖国大会…毎年毎年つまみが余るのは勿体無いと思うんだ、の巻

すっごく今更ですが、はい、ZERO1の靖国大会に行ってきました。

※詳細とかはこれを見たらいいんじゃないかなとか思うんだ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2010/2010041103/index.html


実はチケット買うまで裏興行のユニオンと迷ったのだが、
一年ぶりの酒盛りwith犬のプレミア度を取る事にした。

100411_1147_01.jpg

100411_1150_01.jpg

100411_1204_01.jpg

100411_1151_01.jpg



テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス ZERO1 佐藤耕平 川田利明 大谷晋二郎 田中将斗 越中詩郎

22:09  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.04.11 (Sun)

引き続きマスターオブセントーンの雄姿を動画で振り返る編~。

こういう他力本願なエントリーは罰が当たりそうな気もするが、
後々自分が楽しむためのメモ代わりなので堪忍してくんろ。

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス ディック東郷 ニコニコ動画

00:25  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.04.10 (Sat)

足を止めない開拓と革命の魂……ディック東郷引退発表。

色々と物議を醸しているあの方の去就について。

ディック東郷選手が来年6月で日本国内でのプロレス活動を引退。それまでの一年間をDDT所属として活動する事になりました。来年6月以降、一年間海外で試合をし、最後はボリビアで引退試合を行います。」

遠からずこんな日が来るような気はしていたが、寂しいなあ。
自分より古くから応援してきたファンはもっと寂しいだろうなあ。

古巣を除いては一番彼を使いこなしてきたDDTの所属として
日本でのプロレス活動を全うする辺り、らしさを感じるし
現役生活の幕引きがボリビアという辺りも、らしいなあと思ったり。


【Insane in the Brain】

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス ディック東郷 ニコニコ動画 海援隊☆DX KAIENTAI

21:43  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.04.09 (Fri)

どんなにあざといペテン師も自分に嘘はつけない

◆【訃報】パンクの父マルコム・マクラーレン、中皮腫によりスイスの病院で死去(GIGAZINE - 04月09日 10:21)

◆セックス・ピストルズの元マネージャーが死去、64歳(ロイター - 04月09日 17:15)

◆英音楽界随一の策略家、マルコム・マクラーレンが死去(CDジャーナル - 04月09日 15:20)

◆Malcolm McLaren(マルコム・マクラーレン)が死去(Fashionsnap.com - 04月09日 14:04)

◆セックス・ピストルズの元マネジャーが死去(読売新聞 - 04月09日 13:21)

◆セックス・ピストルズの元マネージャー、64歳がんで死去(ORICON STYLE - 04月09日 11:23)



英国音楽を愛する者の端くれとしては驚かざるを得ない。
別段悲しいとかじゃないのだが。

NYパンクの始祖リチャードヘルとハートブレイカーズから色々パクって
「ロンドンパンクス」セックスピストルズを“捏造”したり、
ポジティブパンク御三家の一、SEX GANG CHILDRENを見出したり、
英国音楽のアンダーグラウンドシーンそのものを
ガラクタの中から掘り起こし世に送り出してきた稀代の詐欺師。

プヲタの方には割と縁遠い方だからアレだけど、
「ビクター・キニョネスみたいな感じ」と言ったら
どんなニュアンスか伝わるだろうか。ちょっと違うかwww

ぶっちゃけこの人の生前の評判は決して良くはなかったが、
結局、ジャンルを問わず刺激的で先鋭的なムーブメントは
彼のように「色々破綻してようが衝動に誠実な人間」じゃなければ
ストリートの境界線から発信出来ないのかも知れないとも思う。

そういう意味で、謹んで感謝と哀悼の意を表したい。

テーマ : '70年から'80年の洋楽 ジャンル : 音楽

タグ : 音楽

20:48  |  音楽ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.04.04 (Sun)

4/2(金)KAIENTAI-DOJO CLUB-K SUPER evolution8@後楽園ホール大会

色々と予定が重なったため、久しぶりに見るK-DOJO
HIROKI復帰戦という事でご祝儀でリングサイド席を購入。

古い何かを変えようとしているとか、
あるいは何か大事なものを取り戻そうとか、
そんな意志なり蠢動なりを感じるが形になり得てないと言うか、

言葉にするとしたらそんな印象の大会だった。
一言で表すと「もどかしい」






◆ダークマッチ 
岩虎タケト vs 杉浦透(DEP)


試合の大半が振りぬくエルボーで構成される試合。
プロレスの様式美を守る為の、爽やかで熱い古き良き前座の試合。
勝利した杉浦は今年のK-METALリーグに出場するので期待。



◆第一試合 HIROKI&MIYAWAKI vs TAKAみちのく&ヤス・ウラノ

久しぶりに見たHIROKI、すっかり細くなってしまったが
プロレスラーとしての佇まいは生きていた。
これからの復活の手ごたえを感じられるものだった。
同時に、今日へ至るまでの苦難も。

これを第一試合で見せるのは勿体無い気もするが、
敢えて客引きとして利用し尽くさないのは団体の良心かも知れない
(と、強引に解釈してみますよ)

レフェリーが新人の頃お世話になった和田京平さんだったりとか、
ローリングさんの声が涙で詰ってたりとか
ライバルのウラノが現在の姿と差を見せ付けたりとか
パートナーのMIYAMAKIが父兄参観に来てるようだったとか

つまりそういう試合でしたよ。

K-DOJOの公式HPにHIROKIのプロフィールできたよ!




◆第二試合《8周年記念豪華勝利者賞総取りタッグロイヤルランブル》

K-DOJOのビッグマッチにはタッグランブルが付き物なのだが、
内容と言うよりは何らかのサプライズを残すのが定例だが
今回は特に何もなし。プッシュされてそうな梶君&タッキーが優勝。

タッキーは一時期変なおチャラけに走っていたが
チョップのキレと迫力、タイガードライバーの姿勢など
そのダイナミックな迫力はまだまだ上を狙えるもの。
つか、遊んでいいキャリアでも無いしね。頼むぜ!

梶君は昨年は動くダッチワイフ張りに上からいぢり倒されて
見ていて正直いたたまれなかったのだが、
生涯初戴冠となるUWAミドルのベルトを巻いた事で、
ちょっとだけ自信のような物が芽生えた様だ。
(空回り属性なのは普遍だが)

ランブル優勝の商品としてタッグ挑戦権を得たが
流石に一発での戴冠はどうかね……じっくり行けばいいと思うよ。



・YOSHIYA&JOE
JOEの更なる劣化振りに泣きそうになりました(;ω;)

・山縣優&関根龍一
特に無い(爆)マミーはT-1興行に出るのかな?

・十嶋くにお&ランディ拓也
やはりバックドロップ「だけ」は素晴らしい

・バンビ&房総ボーイ雷斗
うらんちゃんの会場人気は相変わらずでした。
ライトニングストレートの競演はスベリ気味だったが(苦笑)

・ヒロ・トウナイ& ?
トウナイのパートナーの正体はヘイトさん。
得意の消火器攻撃が爆発したが、あまり功を奏さず。
これが線で繋がったりはしないんだろう。

・川嵜風馬&椿志保(RING)
バンビと椿は一度も絡まなかった気がするんですがwww





テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス K-DOJO HIROKI 旭志織 KAZMA

01:57  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |