2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.06.29 (Tue)

6/27(日)W.I.N.「W.I.N.認定初代世界ヘビー級チャンピオン決定トーナメント2ndステージ」 @葛飾エイトホール

6/27の日曜日は、京成線青砥駅の近くにある葛飾エイトホールへ
プロレス団体W.I.N二度目の観戦。

今回は「W.I.N.認定初代世界ヘビー級チャンピオン決定トーナメント」
の真っ最中ですた(準決勝戦ね)

そ~言えば前回はタッグ王者組決定トーナメントだったなあ。
比較的勝負論が重視される展開が多いと思いきや
それを超越した組合せもあったりして。

外では選手のポストカードを配布していたが貰い損ねた。



◆第一試合
マッチョ・マイケルズ&スカルチノフ3世&冥土ましーんvsリヴァーサル沢&ケンタDX&SAGAT

秋葉原プロレスとRAW若手組との対抗戦。
(マッチョさんは元所属)

試合はRAW勢が仲良いんだか悪いんだか良く分からない連携の妙を見せる。
SAGATが巨体を活かして突破口を開き、リヴァーサルがスピードで霍乱、そして主砲のケンタが怪物パワーで決めにかかる。
非常にバランスの取れた好トリオ。

秋葉勢はマッチョさんと冥土マシーンが怖さ(とパンチラ)を見せるも
スカルチノフが荒巻な佇まいのみのため戦力的には不利(苦笑)

しかも終盤、マッチョさんが突如裏切るという衝撃の結末!
「俺は、あのリアルライブにも取り上げられたLINKS関東なんだ!」
しかし肩を組まれたケンタはチョークスラムで制裁!
そして「俺抜きで最強を争ってんじゃねえ!」と宣戦布告。

マッチョさんは退場する秋葉勢に土下座して詫びを入れるが
ガン無視されてしまうのでした。しかしこれが伏線になるとは……!



◆第ニ試合
ヘン・チーナ(健康)対ブルーキャット(FJY(RAW))

対戦カードを見ただけで震えるぜwww

某インテリジェンスモンスターに扮したヘン・チーナと、
「未来世界のネコ型ロボット」にそっくりなブルーキャット。
セコンドにはケンタDXそっくりなジャイアン。

えーと藤子先生怒らないですよねw

いきなりブルーキャットが道具を取り出せば、
ヘン・チーナがそれを奪って撃ちセコンドのジャイアンに当って即死!

対角線コーナーの端から端まで飛んでいくタケコプター!
(当然セコンドが支えてなどしていない、うんうんそうだどうにk)

ヘンチーナは伝家の宝刀・電波投げを披露しつつも
インパクトの点ではおされ気味だったがそれがどうして。

終盤、ロングヘアーのヅラが取れると下にはスキンヘッドのズラ!
武藤敬司が乗り移りプロレスLOVEポーズ!

必要以上にセーフティーなムーンサルトプレスから
ドラスク→足4の字固めのフルコース。

抵抗するブルーキャットに取り出した秘策は、
浦安で夢を高~く売りさばくネズミの耳www
トラウマを突かれたブルーキャットを失神KO!

守ろう著作権!的な一戦はこうして幕を閉じた。誰か助けてwww
で、皆が見たい夢の対戦カードとして、
ブルーキャットvs怪人ヤンマーニってどうなのよ……



◆第三試合
ウメタロウ(W.I.N)対マッキー(健康)

タイツの色からか船木誠勝を想起させるウメタロウと、
(スリムだった頃の)スーパータイガーちっくなマッキー
一見UWFスタイル一辺倒になりそうだが、
色々なジャンルの要素を含みつつ綺麗でテクニカルな一戦に。

ぱっと見ではマッキーの方がちょっとずつ全ての項目で
上回ってたようで、試合は彼が引っ張っていた。

最後もバックドロップをキックアウトすると
カオスセオリージャーマンスープレックスでガッチリとフォール勝ち。
(ダグウィリアムスがやる奴ね)



◆第四試合
DRAGON RYUGA(W.I.N)対SGワンダー(RAW)

古木よきストロングスタイルを愛するW.I.Nの代表と
SG級クラスのワンダーな世界を現出する男が激突する、
どう考えても只では済みそうに無いデンジャラスな一戦www

ワンダーが客からの呼び声に過剰反応するようになった。
ここは某団体の後楽園かしらw

DRAGONやにわにマスクを被る。
ど~せただマスクを被っただけだろ!と揶揄するワンダー。

だが!その一撃を食らったワンダーは凄い勢いで客席まで吹っ飛ぶと
イスをガンガン巻き込んでカベの端辺りまで吹き飛んでいった~!!!
二発目では放送席に吹き飛び壁に張り付いた~1
マスク超スゲエwww

そんな絶対的に不利な状況を覆すべくワンダーが取った作戦は、
ファンネル……という名のセコンド総動員攻撃、
コーナーポストを使ってのコロニー落とし。卑怯とか言わない!

一気に趨勢が傾いたワンダーは「俺のこの手が光って唸る!」と
これまた某ガンダムアニメで見たような技で勝負を決めに掛かったが




あっさり首固めで丸め込まれて糸冬 了

流石は「マスター葛飾」だっ!

自分が見たワンダーの試合の中ではベストバウト。めちゃくちゃ笑った。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス W.I.N

02:29  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2010.06.21 (Mon)

補陀落追想

昼下がり、携帯にTEL。
昔の職場の人で、今も友達。

余裕あったので出てみたところ、
昔仲良くさせて頂いた方が亡くなったとの事。

多分、退社して以来随分と会っていなかった連中とも
久し振りに顔を合わせる事になるだろう。
だがまさかこんな事で、とは予想していなかった……
いや出来る筈無ぇよ。

だが、無性に会いたい。
感情も感傷も入らない空洞を埋めるには其れしか無いから。

テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

タグ : 雑記

12:57  |  雑多  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.06.21 (Mon)

「アウトレイジ」鑑賞

シネマックス千葉で北野監督最新作「アウトレイジ」を鑑賞。
※ネタバレあまり無しです。

因みに同名のスラッシュメタルバンドとは何の関係もありません。
そっちも偉大過ぎる程偉大な大ベテランですけどね……




“全員、悪人”のキャッチコピーに恥じぬバイオレンス群像劇。

暴力描写も非常に多い。しかも生々しい。
血が嫌いな人、直球な表現が苦手な人は控えた方がいいかも。
※漏れも好きではない。

それでも「暴力団の中のヤクザ(対比として)」とか
「血と硝煙に塗れた脱線ゲームを生き抜くのは誰なのか?」とか
柱となるテーマに基づく見所は豊富で飽きさせない。
(中盤、ちょっとだけ中弛みするやも知れませんが)

また大物~中堅クラスの渋~い苦味走った俳優陣が
終始安定した演技を披露してくれて漏れ好み。

事に三浦友和が激渋。百恵に中田氏するだけの事はある。
あと個人的には久し振りに見た椎名桔平が可愛かったww
「きのう何食べた?」のシロさん張りの不老振り。

あまり北野映画を一から十までがっつり見た記憶が無いから
評論家ぶってあーだこーだアレしたりはしませんが、
元々「監督・北野武」は小難しい事を色々考えてたとしても
作品を小難しくは作らないタイプの人というイメージがあって、
今作はそれにしっかり合致していて安心もした。
他の作品も改めて観直してみたいと思った次第。

ただ「生々しさ」が「リアリティ」に直結してるかどうかは、
もしかしたら意見が分かれるかも知れない。
その辺は各人の趣味で。

テーマ : 映画感想 ジャンル : 映画

タグ : 映画 北野武 OUTRAGE アウトレイジ

01:34  |  映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.06.16 (Wed)

6/15(火)19時女子プロレス第七戦

f0ff1cde.jpg

第七戦であります。

今回は初の他団体選手が参戦となった訳ですが、
これがまた非常に満足度の高い試合&番組となりましたマヂで。

帯広のデビュー~19時旗揚げ~団体の概要をPRする
リニューアル版のオープニング映像からスタート。

放送席には、メインMC&実況&解説の高橋源太郎先生と
前回に引き続き高橋奈苗がゲスト。アシスタント?に真琴という布陣。
大分堂に入ったものでかなり安定感が出てきました
(源太郎先生ありきではありますが)

ちなみに奈苗は13日にピコさんことボリショイを下して
JWP無差別級王座の防衛に成功。
そして正式にNEO6/27札幌大会でで同王座の防衛戦が決定。
これにも勝利すれば、19時でのタイトルマッチがいよいよ見えてくるか!?

とにかく奈苗、本気の本気で19時で試合したい様子。

そんな奈苗より先に他団体参戦第一号となったタニー。
二つ返事で手弁当での参戦を快諾した気風のよさといい、
試合前の写真が年賀状の流用というフリといいwww
(ギャラはラーメンをおごるそうです、某選手が)

試合はタニーが硬軟両面の引き出しを有効活用して
帯広を掌の上で踊らせた末に完勝を収めたが、
ノーピープルマッチでも見えざる視線を意識した試合運びは
一つの経験として後のカテになるように思う。
(こういう書き方が多いなあ俺)


次回放送は、都合により繰り上がって6/16の水曜日、
対戦相手は……藤本つかさ!これも楽しみだったりしますよ。

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 19時女子プロレス アイスリボン 帯広さやか タニー・マウス GENTARO 真琴 高橋奈苗 都宮ちい 実話ナックルズ

01:18  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.06.11 (Fri)

6/11(金)19時女子プロレス第6戦

f0ff1cde.jpg
旗揚げ第六戦でございます。

解説席でその腹黒ぶりを散々フィーチャーされた
都宮“愛読書は実話ナックルズ&マッドマックス”ちいwww

若干の機材トラブルによる放送事故で少しばかり放送が遅れましたが、
これも味かなと(笑)

今回は19女子プロレスアイスリボンに深い理解を示している
さくらの盟友“パッションレッド”高橋奈苗がゲストに登場。
全女時代にこの手のべしゃりには免疫がついていたようですね。

磐石の地位を固めた「ミスター19時」GENTAROは相変わらずの安定感で。
現JWP無差別級王者の奈苗の外見をしっかと見て「ヘビー級」って言い間違えたwww

細かく拾い、小刻みにパスを出しながら基本朴訥な奈苗を上手く誘導して
番組を構成していく源太郎さんは素晴らしい、いやマヂで。

そしてMC役の真琴が空気www先輩が横にいて大分緊張していたようで、
それでもこのシチュエーションには大分慣れてきたようですね。
初解説の時がアレ過ぎた所為もありそうだがw

さて内容面でも終了後の余韻も厳しいものがあった第2戦以来の再戦ですが、
今回は両者がそれぞれの持ち味をしっかり出した好勝負になりました。
うん、これを見られて本当に良かった。前回のモヤモヤが吹っ飛びました。

GENTARO曰く「黒と白の戦い」とは言いえて妙。

ナックルズ都宮が、意地悪さ(笑)を良いベクトルに向けて
しっかり自分の勝ち気さ、腹黒キャラを魅力として試合の中で主張出来ていた。
試合後もコメントがひとつひとつ黒いwww
席が無いと見るや奈苗の膝の上に座っちゃうなど、度胸というか腹黒さというかw

帯広もまた、神経戦に晒されながら立ち上がる姿が少し逞しくなり。
悔しさには満ちているものの、表情が大分スッキリしていましたね。

そしてゲストの奈苗もまた伸び伸びとしてた。
GENTAROさん面白いですね、観察力が凄くてお父さんみたいですね」
「このリングで試合してみたい」

この辺り、リップサービスではない、と思いたいなあ。




次回大会(6/15、火曜日)の対戦相手は……NEOからの刺客!?

今回初めて最初から最後まで観戦できたと言う甲田社長のツイート
「19時さんには6/27札幌も協力していただくのでこちらも協力するのは当然です 」

この大変漢らすぃ発言を汲み取ったその人は……

machinguns.jpg

何が格好いいって、割とノリでフライングしたっぽい甲田社長に

タニーの引退するまでの目標は、「女子プロレスを盛り上げて来年に繋げること!」お金は気にしないで下さい。

だが帯広にとっては一層の試練でもある訳で。
比較的キャリアが近く、何より同じく浮かんで練習を重ねてきた先輩達と違い
伝説の団体「全日本女子プロレス」でデビューを果たし、
ネオレディース~NEOで場数を踏んできた筋金入りのベテランが相手。

例え対戦相手が、師匠よりもキャリアが上の選手でも
「勝利への執着心」を最後まで剥き出しに出来るか。

そしてそれを試合に反映させて、一歩でも勝利に近づけるか。

硬軟両面を併せ持つ曲者を相手に「呑まれずにいられるか」

この辺が心配でもあり、期待しちゃうところでもありますが……。

そんな感じでした。

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 19時女子プロレス アイスリボン 帯広さやか 都宮ちい GENTARO 高橋奈苗 実話ナックルズ マッドマックス

23:55  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.06.11 (Fri)

6/10(木)19時女子プロレス第5戦@Ustream

f0ff1cde.jpg

はい、ZERO1の新宿大会もドラゲーの後楽園大会もブッチして、
こちらを見させて頂いておりましたよ~。

今回はさくらえみ女史がMCを首になってしまったそうで
(その代わりレフェリーに、コードネームはヒステリックさくらwww)

MCには都宮“愛読書は実話ナックルズ”ちいちゃんが就きました。

ええ、実況はいつもの高橋源太郎先生でございます。

観覧車の書き込みでは腹黒い腹黒いと書かれていたちいちゃんですが


 ス マ イ ル し て て も 

 目 が 笑 っ て な い g k b r 


自分も含めて恐れ過ぎる位恐れていましたねえ。

番組の方ですが、番組開始前にテロップを出したり
試合前にインタビューVTRを流したりとどんどん工夫を凝らしていて
本当に、帯広ちゃん同様に番組も成長していく姿勢が良い。

ただ、主人公の帯広自身については課題もまだまだ。

真琴とは今回二度目の一騎打ちと相成ったわけですが、
中々手は合う様で面白い攻防になったのだけれども

「技を繰り出す前に余計な間が矢鱈と多い」

そのため試合の流れがそこで停滞してしまったり、
当たりが浅くなってしまったり
それがメンタル面での躊躇なのか、気が競ってしまっているのか、
疲労やダメージの蓄積によるものなのか(こっちだったらマズい)
その辺が今までの試合の中で一番目立ったのが気がかりですねえ。

試合前インタビューでもちょっと元気が無かったりとかね。

でも今回は、前回放送より気持ちが見えてたかなと。

NEOの札幌大会参戦、そしてアイスリボンも札幌大会開催と
プロレスラー・帯広さやか”としての凱旋が決定した訳で、
これを頑張った自分へのご褒美としつつ、精進して欲しいものです。

個人的にはそろそろ他団体の若手を絡めたタッグマッチが見てみたいんだが……


テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 19時女子プロレス アイスリボン 帯広さやか 真琴 GENTARO 都宮ちい 実話ナックルズ

03:28  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.06.09 (Wed)

6/8(火)19時女子プロレス第4戦@Ustream

f0ff1cde.jpg

第四回目にして、アイスリボンの総帥にして元王者のさくらえみ登場!
師弟対決にして団体対抗戦(……はちょっと無理有りますねサーセン)

挑む帯広は6/5(土)アイス板橋大会での志田光戦で
(自らのエルボーで)試合中に肩を脱臼したとの事でしたが、
それをさっぴいても、これ以上は無い程の完敗でした。

しかし、むしろ重要なのはこれが帯広にとって糧になるか、していけるか!
これは貴女がファンとともに歩んでいく「成長物語」なのだからねっ!

「元々ヘビー級の独裁者by真琴」さくらは
一見、全身くまなく攻め込んで容赦無く潰しているようで、
志田戦で負傷した肩への負担を軽くしたり見せ場をチラリチラリと作ったり
業界のトップとしての力量をまざまざと見せ付ける内容になりましたが

番組のクオリティは回を重ねるごとに着実に上がってますねえ。
板橋大会のダイジェストが拝見できるとは思わなかったのでありがたい。
(志田もかなり良い選手になりつつあるみたいだ)

19時での無観衆試合と、普通にお客を入れてるアイス等の試合とで
彼女の意気込みが違うのか一緒なのかも何れ知りたい所だ。

前回に引き続き解説&リングアナは真琴、実況は高橋源太郎先生。
相変わらず高橋先生は圧倒的な存在感を発揮しておられましたが、
今回は真琴が結構やる気でしたねえ。
高橋先生に煽られる形でぽつんぽつんと面白いコメを残すのが面白かったw
さくらが毎回陣取るよりは色々な選手が解説に就いた方がいいかもね。

私め、前回のエントリーで、帯広にとって最大のライバルはGENTAROかも知れない、と書きましたが
依存する事無く、盗める所は今の内に盗んでいって欲しいですね。

んで、今回の放送では閲覧者のチャットの書き込みに
さくらすら初めて見るって人がチラホラ見受けられたのが興味深い。

旗揚げ戦のあの凄まじい人数は野次馬やご祝儀混じりだったとしても、
継続していけば必ずマジョリティに届く。
やはりこの試みには金脈が隠されているはずだ。
他の選手も新規マーケット開拓に向けて野心的に参画して欲しいなあ。


テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 19時女子プロレス アイスリボン 帯広さやか さくらえみ GENTARO 真琴

12:53  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.06.05 (Sat)

映画ネタをまとめて。

「パリより愛をこめて」
「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」

……と、映画を二本見てきましたので、その感想をば。

結構ごちゃごちゃ書いてます。ニワカの戯言と嘲笑って下さい。

一部ネタバレを含みます。ご注意下さい。


テーマ : 今日観た映画 ジャンル : 映画

タグ : 映画 パリより愛をこめて プリンス・オブ・ペルシャ時間の砂

23:19  |  映画  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.06.05 (Sat)

6/4(金)19時女子プロレス第三戦@Ustream

f0ff1cde.jpg

三連続観戦と相成りました19時女子プロレス
別に皆勤狙ってるつもりは無いんだが、時間の都合が合うのでwww

まあ、そういう感じで浸透していくのが一番良いのではとも思いますよ。

今回の放送は、黒幕で解説担当のさくらえみ女史が所用により欠席、
代打・真琴&GENTAROというタッグでの開幕となったのですが、

思った以上にGENTAROが番組そのもののイニシアティブを終始握り続けてましたわ。
真琴、予想通りではあったが喋らなさ過ぎ(苦笑)
大会ポスターのさくらのイラストにダメ出し、しかも元川呼ばわりw
ハム子に至っては只の相撲取り呼ばわりwww
反面、真琴のマイクと口との距離にも気を配り、上手くバトンも渡す。

実に素晴らしい。素晴らし過ぎて懸念材料にすらなる位に。
19時女史プロレスの代表にして象徴でもある帯広にとって、
最大のライバルとはもしかしたらGENTAROその人かも知れない。

で、試合の方ですが、前半は微妙でしたが後半は大分根性が見えてきたというか、
帯広のシリアスさ、ひたむきさ、負けん気がしっかり抽出されていましたね。
そりゃ勿論、一日二日で劇的に成長するかといったら分かりませんが。

また対戦相手のハム子が、ある程度受けて立ってみせたのもあるか。
余裕とかではなく懐の深さをちらりと垣間見せてましたね。
実際、自重を最大限に活かした攻撃の数々は厳しいものがあったので。

選手としての帯広には受け身の技術に不安が残る。
先輩選手との*番勝負的なシングルマッチの連続が何日も続くとなると
そこは万全を期して欲しい所です。もうすぐあの人の命日だし。

昨日決められなかったコーナー二段目からのミサイルキックを成功させたが、
どうも決め所が見えていない感じがする。焦り過ぎている。
それ以前の組み立てがもう少し出来ていたら……。

そりゃデビュー一ヶ月、というキャリアを鑑みれば十分かもしれないが
新団体の代表であり、業界を揺るがしかねない一台プロジェクトの「顔」だけに
やはりハードルは高くなりがちだし、それが卑小な野次や批判も呼ぶだろう。
そして彼女には、その一つ一つを自力で覆していかなければいけない。

試合終了後の質問コーナーでは
「試合以外で目標は?→料理の腕が上達したい」
 ※まな板燃やさないようにとか?(笑)
「有料でも観客入った方がよいのでは?→全国無料配信という手軽さに拘りたい」
 ※この辺は軸が固まるまでは初志貫徹で良い気もします。その意気やよし。
「団体のキャッチコピーは?→全国に届け女子プロレス
 ※これ最初から言ってますよね。質問者が欲しい答えでは無いのだろう。

第二戦でやや落とした株を再び上げて見せたが、まだまだ戦いは続く。
来週火曜日は、さくら自らが相手を務める可能性も!

初勝利目指して、しかしまずは足元を固める所から、頑張れ世界の帯広!

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 19時女子プロレス アイスリボン 帯広さやか 星ハム子 GENTARO

01:54  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.06.04 (Fri)

6/3(木)19時女子プロレス第二戦@Ustream

今回も観覧させて頂きました。
f0ff1cde.jpg


前日のアイスリボン@蕨大会では、高橋奈苗とのシングル
しかもメインを経験した“世界の”帯広ちゃん。
今回の対戦相手は都宮ちい


前回の後楽園大会では市来貴代子相手に貴の強いところを見せ付けたが
今回も先輩選手らしい、相手の光を消すようなカタく冷酷な攻め。
しかし帯広がそれに完封されてしまったのは惜しい……。
もっと食らいついて欲しかったしもっと自力で光って欲しかったかなと。
それが出来るという期待があったのでね。無茶な注文だけど。

で、試合後の質問コーナー(つか、帯広いぢり)の方がハツラツだった。
視聴者の中にはこれにガチで違和感と怒りを覚えた人もいたみたいで。
試合よりも印象に残っちゃったからなあ、良くも悪くも。

観戦中のチャットにも書いたけど、個人的には「是」なんですよ。
彼女の持つ天性のキャラクターを認知させるのは重要だし無くして欲しくはない。
コンテンツ化にはキャッチーさが不可欠だし。

だが、そこもバランス調整が必要だよなあ、と思ったりもします。
一歩間違えたら蕨に群がる脳味噌腐った変態ロリコン常連共が喜びそうな
内輪ウケに終始してしまわない保証も無いし。
(アイスリボンの会場にあまり行きたくないのはその閉塞感と腐敗臭なので)

そういった面も含めて試行錯誤をしていって頂きたい、
続行を前提とした方向で、プロレスありきの軸を忘れないでいただきつつ。


折り悪しく、媚び媚びでKYな質問をぶつけた視聴者と
それを偶々取り上げちゃったさくらにも責任があるのか?


取り合えず、松本宏代を引きずり出す事と、
アイスのベルトを掛けてのタイトルマッチと、
(相手が藤本つかさになるかは分からないが)
リング上での目標は出来た。リベンジせねばならぬ相手も増えた。

トークは元気一杯だったのにその後の受け身→ロープワークで
かなり息が切れていたのも指摘されてたし

頑張れ、世界の帯広!

次回は本日6/4(金)対戦相手は星ハム子!
GENちゃん「ハム子なら勝てるだろ」とか言うなんて酷いwwww

4d32964970da7db40affb8bf64262bfb.jpg

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 19時女子プロレス 帯広さやか 都宮ちい

05:36  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.06.02 (Wed)

6/1(火)19時女子プロレス旗揚げ戦@Ustream

◆観戦はUstreamのみ 新団体「19時女子プロレス」旗揚げ(ITmedia NEWS 2010年05月31日 18時45分)

◆ネット中継限定プロレス団体「19時女子プロレス」活動開始!(日刊テラフォー 2010年6月2日 10:00)



4d32964970da7db40affb8bf64262bfb.jpg

※Ustream内の専門チャンネルはこちら。
※twitter内の団体公式アカウントはこちら。

興行形態、団体運営の概要はこんなていで。

・週火、木、金曜日の午後7時から試合を開催。
・1回の配信は30分。
・Ustreamからのみ試合を観戦(現時点では再配信の予定も無し)
・大会運営とUstream配信は、アイスリボンの有志メンバーが実施



19時女子プロレス旗揚げ会見


今後の大会予定は……

◆6月
3日(木)、4日(金)、8日(火)、10日(木)、11日(金)、15日(火)、
16日(水)、18日(金)、22日(火)、23日(水)、25日(金)、29日(火)

◆7月
1日(木)、2日(金)、6日(火)、8日(木)、13日(火)、15日(木)、16日(金)、
17日(土)、20日(火)、22日(木)、23日(金)、27日(火)、29日(木)、30日(金)

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 19時女子プロレス 帯広さやか 真琴 アイスリボン

13:57  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。