2016年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2016.03.30 (Wed)

【江古田で朗読!】久々に( {0}ё{0})客演してきます!

結構古い仲になりつつある原田達也さんの主催するリーディングライブに出演してきます( {0}ё{0})ノ
http://ameblo.jp/t-182/

以前から積極的にワークショップを開催してキャリアの有無に関わらず沢山の人達を集め、演技への挑戦についての敷居を下げる試みや、演者の技量・意識の底上げに貢献してきた原田パパですが( {0}ё{0})今回はその一つの回答みたいな感じかも知れませんね。



以下こぴぺ!


「お気軽に。」リーディング公演0330

開催 2016年3月30日(水)

会場 江古田・レンタルスペース+カフェ「兎亭」
   http://members3.jcom.home.ne.jp/usagitei11/
   練馬区旭丘1-46-12エイケツビルB1

道順→http://ameblo.jp/uasagidan-oukaissou/entry-11133990457.html
    西武池袋線江古田駅 徒歩7分/都営大江戸線新江古田駅 徒歩13分
開場 19:40  開演 20:00
料金 1500円

出演者 
浅沼諒空 有馬友美 五十嵐 正 久保理子 サキヤエリカ しばたえりこ
チャイ 雛萌ルナ 松田遊也 Mizuka 御手洗舞香 ゆあさかな

( へ {0}ё{0})へ と、言うわけで平日夜は中々ご都合付きづらいかも知れませんが是非お越し下さい!
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 朗読 朗読劇

23:59  |  活動報告:演劇・朗読出演ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2016.03.26 (Sat)

( {ŏ}ё{ŏ})

最良かどうかは分かりかねるが、優良な答えはいつも「冷静と情熱の間」にあるんではないか、と愚考する( {0}ё{0})

例えば料理ね。CMがきっかけで定着した「料理は愛情!」だが、アレは「食べる相手の事を想えば、何が必要かおのずと分かるし、こまごました手間も苦にならない。色々なものが見えてきてクオリティアップに繋がる」って解釈をしている。

少なくとも「例え必要最低限の知識すら無くても気持ちがこもってればとにかくOK!」だとか「愛する相手の作ったものなら多少不味くても我慢して食える」とか、そんな雑な話では無いように思うのだ。

まぁ誰かの吐いた言葉をどう解釈しようがその人の自由だとは思うが、その解釈が(自身を含め)誰も幸せに出来ないならそれは単なる屁理屈ではないかなぁ。

これは別分野・・・・・・仕事でも恋愛でも、芝居でも同じではないか。



芝居(そして創作)において一番大事なのは、ハートだ。そりゃ当然。どのくらい当然かというと、最前提過ぎてお話にならないくらいには。

作品への愛着が、演技にエネルギーを増すことは多々ある。役柄を全うするのに必要な要素はそれだけじゃない。演技作りという右脳も左脳もフル回転させる工程を経て初めて「演技」に昇華する。

中の人の思い入れを未整理なままぶちまけられても、そんなものは台詞になり損なったノイズ、感情の排泄物に過ぎない、オーディエンスとしても共演者としても、いきなりぶっかけられる側としたらたまったもんじゃない。とんだ事故だ。俺達河原乞食が客を舐めるなんざ百億年早い。

カレーライスを作るのに、材料が唐辛子しか思いつかない奴がいたら?そんな奴に料理版を任せたいと思うかな?それとも愛情さえあればカレーと呼んで一気食いできるか?自分には無理だから河岸を変えさせてもらおう、後は勝手にやってください。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

09:52  |  雑多  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |