2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2009.07.21 (Tue)

7/19(日)民宿チャーチの熱い夜制作委員会presents ~featuring NUMBER2+1~ 『民宿チャーチの熱い夜7』 @新宿タイニイアリス

アキバプロのUDX大会、、DDTとIWAジャパンが新宿大会と色々ある中、
知人が客演していた舞台を観に行ってきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆民宿チャーチの熱い夜制作委員会presents ~featuring NUMBER2+1~
『民宿チャーチの熱い夜7』 @新宿タイニイアリス

作・演出/渡辺熱

南の島の教会を改装した民宿はチャーチ。
そして隣の民宿は金城。
ごく普通の2軒の民宿には、ごく普通のお客さんが来て、
ごく普通に南の島を楽しんでいました…

でもただ一つ違っていたのは…

この島にはアメリカーの基地があったわけさぁ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回は民宿チャーチを映画の撮影場所にする話があがり、
レギュラー陣が監督に気に入られるために頑張っていくが、
そこへ毎度のごとく、本州からの不思議な客人が……と言ったお話。

自分は第四作から観続けているが、
相変わらずテンポが良く、2時間があっという間だった。
一話完結として初めて観ても、続けて観覧しても
十分満足させられる事を念頭に置いた作り。

ただ難点を言えば、シリーズ物の宿命か、
「本州から来た人間を勝手に勘違いしてドタバタが起きる」
……というお決まりのパターンゆえ、
かなり早い段階で先の展開がかなり読めてしまった。

それとWW2を語る切り口が紋切り型でしか無いのはキツい。
沖縄、と言うよりは戦後民主主義と自虐史観、
そして本州人の罪悪感がベースなんだろう。

それと最後のオチ、劇中で撮影進行中の映画が
「沖縄独立、テロリズム肯定を匂わせる内容により国が圧力をかける」
これはちょっと無理があるというか……くど過ぎて鼻に付く。

創作物におけるメッセージ性とは、
上から目線からの繰言とは似て非なるものではないだろうか。

「訴えたいテーマ」がありきでも、
それを強引に押し付ける為のソフトで終わらせるには勿体無い。

例えばの話、今沖縄が独立したら、どうなるだろうね。
日本を含めた近隣国を果たして信頼できるかな?
個人的には特に反対しないけど……ううむ。


【More・・・】


タイニイアリスのインタビュー。



YOUTUBEにはキャストのインタビューもうpされてます。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 観劇日記 民宿チャーチの熱い夜

17:07  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/187-2a9f5ed8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。