2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.01.03 (Sat)

12/31 プロレスサミット後楽園ホール大会(その一)

◇昼興行終了直後~開場前
観戦仲間とダベりながら時間を潰し、分かれてからはあちこち放浪し時間つぶし。
タイガースマスクが素顔で会場入りしてたなんて言わないwwww



◆開場後~試合開始前。
今回はバルコニーで観戦。今井田君が気合入ってる。
RSのイスの数からも今回は苦戦が感じられた。
いくらなんでも「超満員札止め2000人動員」は風呂敷広げすぎ。



◇プロレス聖火マラソン
リアルタイムで気仙沼二郎が、会場の後楽園ホールに向かって聖火マラソンを行うらしい(笑)
スタート地点に中継がつながると、御馴染みのライオンマークが!
つまり新日本プロレスの事務所である。そしてなんと聖火を手にした蝶野正洋が登場し、
「アーム・チョーノ! オラ、これ(聖火)持って走れ!」と

……晦日に黒のカリスマが事務所に?(苦笑)
まあ自分含めお客さんもそれなりに面白がってました。仕込んだのはマッスル坂井か?



◆第一試合  6人タッグマッチ 20分1本勝負 
吉川祐太、タダスケ、岡林裕二 VS 岡田かずちか、小部卓真、シークヮーサ仮面

岡田と岡林のコンタクトで試合開始だが、岡田の体の貧弱さが目立つ。
ヘラクレスのような岡林と向かい合うと特に如実に。端正なルックスと長身はもったいない。
グラウンドでも引き離せない岡田に今井田君からは苛立ちの色が濃い叱咤の声が飛ぶ。
……今あの団体で道場を仕切っているのは誰なんだろ?

他に目立ったのは体格差お構い無しでバチバチと攻め込む吉川、
引き締まった肉体でキビキビしたロープワークを見せるタダスケか。

試合は岡林がアルゼンチンでシークワーサー仮面から勝利。今後が楽しみ。
それにしても岡田君は不甲斐なかった。


◆第2試合  チャレンジマッチ1 30分1本勝負
田中将斗 VS 入江茂弘

でら名古屋の新鋭、入江君のチャレンジマッチは一番気になるカードでした。
若武者でデビュー戦含め二回見ただけですが、とてもハートフルな選手。
コール時に飛んだ大量の紙テープからもどれだけ期待され愛されてるかが伺える。

さて両者が並び立つと、体格こそさほど変わらないが
将斗からは流石にトップランカーの風格、オーラが漂いまくる。
入江はとびか掛かるようなロックアップ、エルボーもガンガン当てていく。
続いてタックル、コーナースプラッシュと気合の入った攻めを見せるが、
チョップ合戦を演じた辺りで徐々に攻め疲れ、気圧されていく。
将斗は倒れたところをストンピング、エルボードロップと追い討ち、
コーナーでは腰の捻りが効いた逆水平チョップ。

将斗がロープに飛んだところを、入江が蘇りパワースラム!場内歓声!
マットにたたきつけて重たい雷電ドロップも見せる。
スピアーで仕切り直した将斗は垂直落下式ブレーンバスター、スーパーフライ。
これをカウント2で返す入江!
将斗はラリアットで倒すとフィニッシュホールドのスライディングDを発射。

プロデューサーのTAKAみちのくはベストバウトに挙げているが、
自分としては、入江君にはこの興行の敢闘賞をあげたい。
若い世代に応援したくなる選手、成長を見守りたい選手がいるのって、なんかいいね。



【More・・・】


◆第三試合  MEN'Sテイオー御前試合 プロレス一子相伝 男のいろは

MEN'Sテイオー VS 松田慶三、円華、 KUDO、ツトム・オースギ、ヘラクレス千賀、佐藤悠己


詳細は割愛とさせていただきますorz

・白ふん姿の高木大社長&アブドーラ小林、眼福というべきか目の毒というべきか(痛笑)
・所謂ガチ、な慶三はあまり働いてませんでした。そりゃ空気も読めないだろJK(ニヤニヤ笑)
・い(一本足頭突き)~ず(スピニングトーホールド)の内訳はスポナビでもチェックしてくれと。
(全部メモしようとしたのが徒労に終ったorz)
・そもそも本人が出てて御前試合っておかしくね?(笑)

これはこれで、お祭りチックで個人的にはなかなか楽しめた。
御馴染み、納得の渋技からこれを姐さんが使うの!?ってものまで。



◇プロレス聖火マラソン~第二話~
ここで再び中継がつながると、沼二郎が辿り着いたのは新木場1stRING。
登場したのは佐野直!そして“プロレスの聖火”を吹き消す。

収録日いつだか知らないがいまいちシャレになってねえぞコラwww

会場では届きやしないのに大ブーイング。(ネタか、ガチか、割合は少々分りかねる)
そこに、頭から花火を噴き上げた666のクレイジーSKBが出てきて佐野を撃退!
聖火トーチめがけて火炎噴射して再び聖火に火を点した。

なんだコレ(爆失笑)



◆第4試合 蛍光灯タッグデスマッチ 30分1本勝負
ザ・グレートサスケ、佐々木貴、伊東竜二 vs 宮本裕向、木高イサミ、稲松三郎

すいません、サスケ会長しか覚えておりません(陳謝)

・やおらコーナーポストに蛍光灯を並べるとその上に立ち、当然BOMB!
・リング中央に蛍光灯を櫓のように並べだすが、当然後ろから押されてBOMB!
・懲りずにイスまで使って蛍光灯を並べ出すが、コロコロと転がっちゃうので中々進まず日韓さんも手伝いたがってた(苦笑)そして出来上がったら、お約束どおりBOMB!
・マッハwith蛍光灯で自分が負傷!
・最後は相手側で蛍光灯攻撃を景気よく受けまくってた稲松と相打ちBOMB!

会長最高過ぎますwwww


◇プロレス聖火マラソン~第三話~
その頃、沼二郎は有明へ(ディファの看板が見えました)
どうせならNOAHの選手かガラドラくらい出演してもバチはあたらねえべ
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス プロレスサミット

09:47  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/23-8c095d34

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |