2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2009.09.20 (Sun)

「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」観てきますた

九月の大型連休はシルバーウィークというらしい、初めて知りました(苦笑)

初日は遅ればせながら新宿ピカデリーにて、
「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」を見てきました。

皆さんご存知「X-MEN」シリーズのスピンオフストーリー。
「狼男」をモチーフに生み出され、両手甲からの鋭い爪がトレードマーク。
作中屈指の人気者・ウルヴァリンの誕生秘話です。



※以下若干のネタバレを含みます……。

1282242531_29.jpg

【More・・・】






とにかく悲劇のヒーロー、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンが格好良過ぎるっっっ!
そして彼に対抗する役どころであるリーヴ・シュレイバー演じるビクターも、
まるで「仮面ライダーBLACK」のシャドームーンの様(笑)

当然の如く度々無駄無く挟まれる戦闘シーンも迫力満点。
……ラストはちょっと「やり過ぎ」って気がしない事もありませんが(苦笑)

ストーリーは色々な意味でシンプルだが、テンポ良く進む。
そして後半の(自主規制)などんでん返しには素直に驚いてしまったり。
仕掛け方が丁寧なのと、俳優陣の感情描写が巧みなので
作中世界にドップリ浸って楽しむ事が出来るはず。

ちなみにわっちは、観終わった後で「全米屈指のHIPHOPグループ」
ブラック・アイド・ピーズのウィルアイアムが出ていたのを知ってこれまたビックリ。

全編を通して貫かれているアメリカ映画らしい「愛とヒューマニズム」が
どうにも押付けっぽい……なんてお思いの方もいらっしゃるかもしれないが、
本来特撮ヒーロー物ってそうでなければ!だったのだし、おk!
メタルヒーローシリーズに釘付けだった頃を思い出してしまいましたわン。

そういう意味では、昨今の特撮・アニメは「媚び方を間違えてる」気がしてならないなあ。
子供そっちのけでお母さんが仮面ライダーシリーズに釘付けって、
誤解や批判を覚悟で言わせてもらえれば「正直、気持ち悪い」もん。

自分勝手な思いいれに過ぎないのは承知の上だけど、
特撮、アニメは「優秀かつ優良、時に過激な児童文学」であって欲しいんですよね。

20081124014310.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 洋画 ジャンル : 映画

タグ : 映画 X-MEN

01:01  |  映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/235-8a99879d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |