2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2009.10.19 (Mon)

剛竜馬選手死去

プロレス馬鹿」の愛称で親しまれた剛竜馬選手(本名:八木宏さん)が、
10月18日午前1時11分、神奈川県内の病院で敗血症のため死去。
享年53歳。



"ミスターデンジャー”松永光弘氏のmixi日記と週プロモバイルより確認。

《追記》デイリーより抜粋。
◆剛竜馬さん死去…国際、新日などで活躍(デイリー 2009年10月19日 09:30)

関係者によると、剛さんは15日夜に神奈川県内の自宅で倒れているところを、長女が発見し搬送。7日に骨折した右手首の傷口から細菌が入ったのが原因という。

抗生物質も効かなくなっていたのか、免疫力が限界だったのか。


将来を嘱望された国際プロレスでのデビューを経て、離脱→新日本参戦、
藤波辰巳とのWWWFジュニア王座を巡る激闘が語り草となっているが、
その後はとことん寄る辺の無い旅を続ける羽目になる。

新日本から第一次UWF(!)、全日本と離脱を繰り返すと、
インディー団体の草分けとなった「パイオニア戦志」を生み出し、
(この辺は功績なのか功罪なのか判別し兼ねるが)
”業の深さ"から更にオリエンタルプロ、剛軍団、レッスルエイド・プロジェクトへ。
(鑑みれば、自業自得による面も多々あったと言わざるを得ないが)

代名詞となった「ショアッ!」の誕生、「プロレスバカ」キャラの確立でブレイク。
しかしその後は一転してゲイビデオ出演にひったくりで逮捕と、
ファンをある意味がっかりさせる事件で泡沫の様に名前が浮かんだり。

生前最後の試合については、2009年9月3日の宮本和志興行@新木場大会。
(松崎和彦とタッグを組み、鶴見五郎&佐野直組と対戦に勝利)

その訃報に、ネット上では往年のファンも浮き足立ち皆がその死を惜しんでいる。
愛されていたんだなあ。昭和のプロレスラーらしい感じがした人だったな。




この場をお借りして、謹んで哀悼の意を表します。

【More・・・】

※※※ニコ動分はコメント非表示推奨※※※



剛竜馬 vs 宇宙魔神シルバーX

※1995年4月2日「夢の懸け橋~憧夢春爛漫」東京ドーム 観衆60000人(超満員)
第4試合 剛軍団 エイリアン・デスマッチ 剛竜馬 vs 宇宙魔神シルバーX



剛竜馬vsブラックマミー

※ユニオンプロレス時代の試合との事。


プロレスバカ剛竜馬 SPトークショー

※後楽園ホールでの公開トークショー


スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 剛竜馬 訃報 ニコニコ動画

00:25  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/248-0500ceee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。