2017年03月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2009.01.03 (Sat)

12/31 プロレスサミット後楽園ホール大会(その二)

◆第五試合 バトラーツルール 30分1本勝負 
澤宗紀、HARASHIMA VS 佐藤光留、竹田誠志


リング上の蛍光灯と胸の内のサスケ熱(笑)を除去するため一回目の休憩。
DDTの売り場で血迷って「DDTスーパースター列伝~男色ディーノ編~」購入。
素晴らしすぎる出来栄えにはGJと云わざるを得ない。原田先生よく引き受けたなwww

さてお次はハードヒット、バトラーツやフーテン等で盛り上がりつつある“バチバチ”のタッグマッチ。
佐藤光留には「パンクラスを見せてやれ!」「変態の力を見せてやれ!」との声が飛ぶ。
まあ後半については澤君も当て嵌まりますが(キパーリ

序盤の光留vsHARASHIMAから、予想通りのバチバチ&鋭くドライなグラウンドを魅せてくれた。
足関節も一方がアンクルなら一方はアキレス狙いとちょっと捻りと反骨根性が利いている。
ダイナミックな受けっぷりと無骨な攻めを見せる竹田も隠れたキーパーソンだったが、
終盤では澤の伊良部パンチ→延髄切り→卍固めと怒涛の攻めに苦杯を舐めた。

逆に割を食ったのはHARASHIMAか。序盤の動きこそ良かったんだけど、
最後はちょっと大人しすぎて澤君に殆ど持っていかれてしまった。



◆第六試合 タッグマッチ 30分1本勝負 
火野裕士、TAKEMURA VS 吉江豊、鷹木信悟


流石に吉江、火野と並ぶと鷹木も些か小粒に見えてしまうが、
「かっこいいカラダ」にも掲載されたTAKEMURAがあまり体格面で負けてない。

普段からヒール色の強い火野、TAKEMUMURAの奇襲から場外戦へ。
この時点で鷹木と火野が相当お互いを意識しているが、それは観ている側も実は同じ。

火野の「ファッキュー!」からのセントーンをかわした鷹木、お株を奪ってみせ(かわされたが)
先にスープレックスでガンガン投げ飛ばし、パワーを誇示して挑発する、
ドラゲーではあまり同じ領域で勝負できないもどかしさがここでは無さそうだ。

援護射撃に徹していたのか、一人だけちょっと暢気な吉江の重量感(オンリー)溢れる攻めと
TAKEMURAと火野による悪のインサイドワークで試合はシーソーゲーム。

権利の無い火野のイス攻撃がTAKEMURAに誤爆すると、
鷹木がラリアット→吉江のボディプレスを挟んでのラストファルコンリーで勝利。

多くの方々と意見を同じくするが、火野と鷹木の一騎打ちは是非早急に実現させて頂きたい。
それも、どちらかのホームのビッグマッチで、多くの人々の目に触れる形で。
それでこそ、こういう混成タッグマッチの意味が出てくるはずだ。

影で試合を支えた吉江、TAKEMURAは助演男優賞をあげたい。
特に激しくバンプを取らされたTAKEMURA、お疲れ様でしたと言わせていただきたい。


【More・・・】

◆第七試合 チャレンジマッチII 30分1本勝負
鈴木みのる、高山善廣 vs矢野啓太、石川晋也

前回の若武者では急造タッグながらHARASHIMA、真霜を相手に気を吐いた二人。
そして本日用意されたのは、日本マット界で最も厄介なコンビ。
カード発表の段階で玉砕が予想されたが、どこまで“気持ち”を見せてくれるか?

先発でみのるに突っかかって行った矢野、当初から「怒らせてやる」腹積もりだったのだろうが
柳に風。腕を取っても反応無し、

みのる、高山ともにまともな技など殆ど出していない。
殴る、蹴る、踏みつける、締め上げる。
石川もヘビー級のカテゴリーのはずだが厚みや存在感、馬力の面で見劣りしてしまう。

中盤での、みのるの矢野への顔面蹴り(もはや踏みにじり)はほぼR指定モノの清算さだった。
強いて言えば、ここで矢野が闘争心を喪っていなかったのが救いだったが。
一番血気盛んだったのは、リングサイドに座っていたIジャおばはんだったが。

唯一の見せ場は高山に二人係りのブレーンバスターを極めた場面と、
石川がみのるに卍固めを矢野が高山にコブラツイストを同時に決めた辺りだが
あっさりとはね返されてしまうと、ゴッチ式パイルで石川が仕留められ終了。


これを組んだのはTAKA、あるいは登坂氏だろう。
個人的にはこの意図するところは歓迎するところだったりする。
(欲を言えば若武者興行をもう一回組んで頂き、そこで矢野&石川を組んで欲しかった)

別に若い子達がいじめられるところを見たくて仕方ない、とかそういう訳ではなくて
厳しい練習を経てきたレスラーが技と肉体と闘志を全てさらけ出すのが
若干方向性を見誤りつつある「プロレス」の本来あるべき姿であろうと。

プロレスサミットには、プロレスサミットの未来を見せて欲しい。
将斗vs入江戦とこの試合からはそれを感じ取れた。だから少し嬉しかった。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス プロレスサミット

13:56  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/25-0efff1a6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |