2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.01.03 (Sat)

12/31 プロレスサミット後楽園ホール大会(その三)

◇プロレス聖火マラソン~第四話~
さて、その頃沼二郎は順調に走り続ける。どこ走ってんだか知らないが。
ここでバックにはZARD「負けないで」。
しかも歌うのはNEO、JWP、アイスリボン、他フリー等女子選手達。

某24時間テレビのインスパイヤですか、分りません><

闘牛・空の後ろで隠れるキムキョーママ、恐ろしくキーと安定度の低い倉●翼、
一人だけ(゚д゚)として歌わない真琴に場内爆笑。
そしてVTR終了後、解説の「まあ本人には聞こえて無いんですけどね」で再度爆笑www


◆第八試合 8人タッグマッチ 30分1本勝負 
大石真翔、野橋真実、タイガースマスク、正岡大介 vs KAGETORA、大和ヒロシ、忍、 KUSHIDA

正直、詳細はあまり覚えていない。
こういう多人数タッグだと、ローンバトルを強いられながら踏ん張った野橋とか
DEP・正岡と大石の同時ケブラーダなどのハイフライムーブが印象に残るなあ。
どちらかと言えば受けのタイプであるKAGE、大和はこの中では割を食ってたような?

コミカルかつ小ずるい笑いを誘って見せた阪神仮面は、コーナーでは大騒ぎしてたが
実働時間としてはあまり働いてなかったなwww

乱戦を締めたのは、バッチリSEXボンバーも決めた忍のS.E.X.(シューティングスタープレス)。
美しい空中姿勢に他団体目当てのファンもため息をついていました。
試合後は『今日はメンズクラブの御前試合に出られなくて寂しい自分もいましたが、勝って嬉しいです。次はメイン、盛り上がっていきましょう』とマイク。



◇プロレス聖火マラソン~オラもうどーでもよくなってきたぞ~
ここでまた中継(という名の収●)に繋がると、またも火を消してしまった沼二郎。
近くには偶然(笑)にも「全日本プロレス事務所」という看板と、
偶然事務所に居合わせた(大晦日だっつーのにwww)渕正信の姿が見える。
フッチーは「どうしたんだよ。そういえば、火を持ってたけど、あともう少しだろ、ホールは。頑張れよ」

よくご存知ですねwww

フッチーは沼二郎にビンタ、そしてチャッカマンで聖火に火をつける。
チャッカマンでいいんだプロレスの聖火www



◆第九試合メーンイベント 6人タッグマッチ 30分1本勝負 
マンモス佐々木、佐々木義人、石川修司 vs 真霜拳號、関本大介、青木篤志

始めに、青木が事ある毎にブーイングを浴びていた件について。
多分すれっからしのインディーヲタどもの仕業だろうし青木が気の毒で仕方なかったが
自分も今回このカードに青木を入れてはいけなかったと思う。

曲りなりにも各団体の次代を担うヘビー級選手が揃っていた中に
ジュニアヘビー級の新鋭である青木が加わるのは、やはりバランスが悪い。
ガラドラこと仲田龍氏がどういう意図で彼を捻じ込んだのか、全くワカラナイ。
ここで青木に、ヒールモードで自己演出出来る器量があればまた違ったんだろうが……。

新鮮だったのはDDT、ユニオン&ハードヒットを主戦場とする石川修司とタ団体選手の絡み。
青木相手に手を高々と突き上げて挑発したシーンもなかなか面白い。
残念なのは、ここで青木が頭を働かせずスルーされた事だが。

真霜と義人が相対するのは、ZERO1在籍時のBJWタッグ選手権以来か。
UNヘビーを賭けての試合もなおざりになってしまったが、
入場時に真霜がUNを持参していただけに、この再会が何とも……。

義人と青木の絡みでは、北斗原爆からのアームロックやアサルトポイントで
随分と追い込まれる場面が多かったのが悔しい。お前ヘビー級だろ!(泣)

そして自ら試合を決めた関本の安定感は相変わらず。
今年こそ、マンモスとのタッグ戴冠までいまいちこれといった結果を出せなかったが
その押し出し、技術、パワーはまさにインディーの枠を越える存在として誇れるだろう。

しかしながら。
マンモス、関本、そして義人だと、ぶっちゃけ大日本でゲップが出るほど見られる。
石川や真霜も『天下三分の計』『三位一体の術』で絡む機会は今後あるだろう。

おなじみのメンツを適当にシャッフルしただけの組み合わせ、という印象は
ハードなぶつかり合いを目の当たりにしてもなお、消し切る事が出来なかった。
名前だけのクソッタレGPWAとは比べ物にならない位尽力してるんだけど……。

次回は是非、このパターンを崩し驚嘆の声が上がるようなマッチメイクを切望する。

【More・・・】

◇試合後
年越し恒例のマイク等は割愛、
これはもう少し色んな選手にマイクを持たせて貰いたかったかも。
青木がマイクを持ったときですらブーイングしてた奴等、流石に卑しかったぞ。

さて、皆割かし忘れていたプロレス聖火マラソン。
ホールの近くまで辿り着けはしたが、「ホールは火気厳禁なんです」と止められる(爆失笑)

すろとたまたま飯伏幸太が登場。
沼二郎はとっさに飯伏に火を託し、「いいから走れ!」と叫ぶと、
飯伏は(いつも通り)きょとんとしながらもとりあえず何処かへ走り出す。

沼二郎「プロレスの未来を飯伏くんに託しました」

これがヲチかよwwwww
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス プロレスサミット

14:00  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/26-f5ab7b01

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |