2017年03月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2009.01.05 (Mon)

1/3 KAIENTAI-DOJO K-DREAM'09@千葉BlueField

前回の予告どおり行って参りました、K-DOJOの本年度初興行『K-DREAM'09』
会場はパンパンに膨れ上がり、当日券はどうやら立ち見のみ。まさに札止め!

昨年、惜しまれながら引退した石坂鉄平さんの姿も、久々にちゃんこ出店。
自分が来た時はカレー&にんにくみそでした(←こちらを頂きました、美味美味)

・第1試合 [タッグマッチ/20分一本勝負]
山縣優&関根龍一 vs 吉川祐太&及川千尋≪バトラーツ≫


バトラーツとの対抗戦は、吉川、関根が緊張感のあるファーストコンタクト。
及川も山縣姐さんに臆する事無く張っていくが、
男子に混じってパンプを取る山縣を揺るがすにはまだまだ足りず劣勢に。
弓矢固めでどよめきを起こした後で関根にタッチすると、
おにゃのこ相手に容赦無い打撃、逆片エビ固め。これが浪口修なら大ブーイングですがwww
しかし及川、なんとか自力でコーナーへ帰還
(吉川も安易にカットに入らないのがまた良かった!)

やりかえした吉川にタッチを要求して再び及川が出ると、
やはり山縣が立ちはだかる。ここで女だてらの張り手合戦も再燃!

山縣はボディスラムの連発でプロレスの恐さを叩き込む!
及川は蹴り足を掴ませておいて、もう片方の足でアゴに膝蹴り!

しかし山縣ここを堪え、いつものシュバイン(今回の名称:謹賀新年)で振り切った。

周囲の観戦仲間からも評価の高いバチバチ娘・及川は素晴らしい!
欲を言えばその陰に隠れてしまった関根、吉川はもっと目立って欲しかったが……。
特に関根はベースも含めてバチバチへの対応度は高いと思うのですよ。



・第2試合 [6人タッグマッチ/20分一本勝負]
加藤茂郎&戸田秀雄&ジャングルバード≪闇魂…ダークソウル≫ vs YOSHIYA&ヒロ・トウナイ&ランディ拓也


昨年の最終ビッグショーで(要らないのに)現れた闇魂との対抗戦、第二ラウンド。
僕が昨年の私的ベストバウトに挙げたヒロ・トウナイはこれが復帰戦。
滝澤大志とのタッグ五番勝負も再開するとあって、
ここはひとつ成長を止めないパートナーに早く追いつきたいところ。

さて、序盤は意外にも加藤が長く捕まる展開に。
トウナイ、ランディが元気良く攻め立てて五分位は自軍コーナーに戻れず。
ここでジャングルにタッチすると、トウナイの負傷箇所だった膝を狙い流れが闇魂に。
インサイドワークに長ける闇魂は戸田→加藤と小刻みなタッチで
代わる代わる痛めつけられる。トウナイ、ピンチ!
なんとか自軍に戻ろうとするもジャングルが咄嗟にK-DOJO軍のコーナーに走り
ランディ、YOSHIYAを蹴散らしてしまいタッチできず。

ランディはジャングルのアンクルホールドをなんとか自力で跳ね除け
ようやくYOSHIYAと交代!まとめてタックルで闇魂を吹き飛ばすと、
ニュートラルコーナーで「あけましておめでとうございます」付きの胸張り手。
そしてノーザンライトスープレックス!しかしここはカウント2。
YOSHIYAのタッチを受けたランディは得意のスリーパー!
しかし闇魂による強引なカット。
リング上の権利が加藤、トウナイに移ると、トレイン攻撃から腕固めを決めるが
これを返されると加藤の足四の字でギブアップ。

試合後の加藤、トウナイ、ランディのマイクが……塩だ~(悩

今回は特にヒール殺法を駆使して逆転勝ちした訳でもないから凄く空回り。
普通に試合したら前回より内容は良くなったけど、
その分ヒール色が極端に薄まって、参戦する意味合いが更になくなってしまった。

K-DOJOが闇魂をどうしたいのか、闇魂がここで何をしたいのか、
その具体的なビジョンがどうしても見えてこないまま次回へ続く……のか?



・第3試合 [8人タッグマッチ/30分一本勝負]
火野裕士&KAZMA&旭志織&バンビ vs TAKAみちのく&JOE&ザ・グレート・サスケ&ディック東郷


先月の興行で生まれた、サスケ会長とバンビの因縁。
チームハンサム&“レスリングマスター”ディック東郷の加勢でリベンジ戦。
TAKAのリンコスが赤!お正月仕様か?
東郷、絞った?と思ったらコールでは80kgとの事、

会長のコール時にオメガが奇襲を仕掛けて場外戦に。
俺の席(南側)では志織とJOEが超至近距離で乱闘。
JOEやられっぱなし。ちょっとだらしないぞ、しっかりしろ~><

東郷が華麗なシルバーブレッドなど一連のムーブの美しさで歓声を生み出すと、
JOEはハンサムムーブで志織を煙に巻いてお返し。

さて戦前から「指一本触れずに勝つ」と公言していたサスケと、バンビが対峙。
その策とは……なんと催眠術。
しかも、なんと効いているッッッ!?……訳も無くやっぱりシバかれるサスケwww

中盤戦は東郷がKAZMA、火野を誤爆を誘ってスーパーキック一閃、
リズミカルなパンチで二人まとめて翻弄し、
ペディグリーを返されたら即座に回転エビ固めと目が離せない。
JOEとKAZMAに代われば、ショルダーブロックなど迫力の肉弾戦で盛り上げる。

一方、オメガのテクニシャン・志織もTAKA&JOEをまとめてストレッチに捕らえるが、
チームハンサムのスーパーポンプキック→東郷のラリアット→ぺディグリー、
そして(良いところ無しだった)サスケのセグウェイ!
しかし、ここでフォールに入るがレフェリーが足を刈られてしまう。
狼狽しているサスケに、火野がパワーボム。
そしてバンビが何処からとも無くスタンディングの閃光魔術!

会長な~にやってんすかwww


悠然と去っていくオメガ、そしてサスケがマイクを取った。
「(吠えるように)バンビ!!……完敗です。私の……女王様……」

会場からは「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」

TAKAも見るに見かねてか、その場でマイクを取り
「サスケも女に二度も負けちゃ引き下がれないだろうから、近い内にサスケとバンビのシングルを組みたいと思います」



【More・・・】



・第4試合 [6人タッグマッチ/30分一本勝負]
十嶋くにお&柏大五郎&稲松三郎 vs 房総ボーイ雷斗&愚乱・浪花&菊タロー


昨年は一瞬プッシュされた牙騎鱗、今回は「その道」のスペシャリストとの対戦。
5人とも堅実派集団だけに安心してみていられるだろうな、と。
……誰だ、雷斗の悪口を言ってる奴は!(笑)

浪花のロープ蟹歩きが久々に見られたり、
雷斗は長々と新年の挨拶をした後で、いつもの(笑)悪びれない握手を稲松に要求。
まんざらでもなさそうな稲松、当然止める牙騎鱗。
稲松「正月だし大丈夫ッスよ」柏「コイツには盆も正月も無えよ!」

特に浪花と菊ちゃんは相性が良い。
これまた懐かし、ロープ越しのショルダーアームブリーカー誤爆、
ニュートラルコーナー対角線からブルドッギングヘッドロックを同時に放って正面衝突、
稲松とバックを取り合い急所の蹴り合い→レフェリー巻き添えと鉄板ネタてんこ盛り!

菊ちゃんが稲松にスクールボーイを決めるがカウント2。
カウントが遅いと抗議してる隙に稲松がスクールボーイ、
レフェリーものすごい高速カウント!(爆笑)

いやあ、まっさらな気持ちで笑わせてもらいました。やっぱいいなあ。




・第5試合 [インディペンデント・ワールド・ジュニアヘビー級選手権試合/60分一本勝負]大石真翔(王者) vs 野橋真実(挑戦者)

昨年は大車輪の活躍を見せてすっかり人気者の大石真翔。
一発目は不遇の実力者・野橋真実との防衛戦。

これがまた、観客からの声援がひっきりなしの大熱戦に!

試合は野橋がお株を奪う一点集中攻撃で大石の腕を攻め立て終始追い詰める展開に。
ロープに固定してのミサイルキック→アームブリーカー→テイクダウンしてキーロック。
更にストンピング、アームロック、攻めている箇所へヘッドドロップを落として腕固め。
常連客やプヲタ連中もこの展開に大石コール。

大石はトップロープに登った野橋をアームドラッグで落としたり、
絶品ムーンサルトを場内→場外で放って流れを変えようとするが、
ミラクルエクスタシーは阻止されると、待っていたのは腕への山折り!
抱え上げた大石の右腕を自らの両膝へ落として大ダメージを与える。

大石は普段対戦相手がしてきたような、愚直なエルボー。なんともヒロイックな佇まい。
待っていたのは野橋の痛そうな頭突き。更に急角度のバックドロップに場内からは悲鳴。

二度目のエクスタシー狙いは脇固めに、トルネードクラッチ狙いはコブラツイストに切り返されて
手も足も出せず……。鬼気迫る表情で右肩をグイグイト締め上げる野橋。
大石はなんとかロープに逃れる。
野橋は止めとばかりに念仏パワーボムの体勢!
ここを堪えた大石、三度目のトライでエクスタシーを遂に決めるがカウントは2。

十字固め、ヨーロピアンクラッチと流麗な丸め込み合戦になると、
どさくさに大石が直伝トルネードクラッチをしっかり決めて電撃フォール!

大石、マイクを持つと「野橋!今年一発目の防衛戦、お前が相手で良かったよ。コミッショナー、上がって来い!(魔が空く)……早くして

マイク佐藤氏が入場。
大石「アンタ達の用意する罰ゲームみたいな防衛戦にも慣れてきましたよ。まだまだいるんだろ?挑戦したいっつってる奴」
マイク氏は「まあ、いつも肌身離さず持ち歩いてるんですけどね」と懐から封筒を取り出す。
ここで一際怪しい、つかわざとらしい熨斗袋が。

差し出し主は……旭志織!

相方LOVEな大石は「やだよぉ~~」
と露骨に嫌がりつつも「タッグリーグ前に最高の試合をやろうじゃねえか」と受諾。
とゆー訳で、1/31ビッグショーで防衛戦決定!



・第6試合 [6人タッグマッチ/30分一本勝負]真霜拳號&滝澤大志 vs ○鈴木みのる&佐藤光留

去年会場で発表された時に一番興奮したのがこのカード。
当然、期待しちゃうのは「世界一性格の悪い男」と団体内で敵が居なくなった真霜の接触。
大晦日では恐すぎるみのるだったが、真霜も易々と潰されるほど柔じゃないが……。

それぞれタッチを受けてのファーストコンタクト、みのるは胸張り手、逆水平と珍しい攻撃。
そして「テメーコノヤロー!」と怒鳴り声を上げると、光留にタッチ。すwwかwwしwwたwww
二人はもう両想いになっちゃったんだね。

光留はタッキーにやや押され気味か。体力差、体格差はしょうがないんだけどね。
真霜にも長く捕まる光留に、みのるは「自分で何とかしろ!」客席からもその通り!とか声が。
ちょっと元気が無い、というか若干体脂肪率が高くなってきて動きが鈍いような……。

さて真霜は逆片エビに行くときも、コーナーのみのるから注意を外さず。これこそタッグマッチですよ。
ようやく脱出したみのるとタッキーの対決になると、チョップを真正面から受けてパンチでダウンさせ、
キャメルクラッチ、サッカーボールキック、チンロックといじめっこモード。
それでも大晦日に比べれば随分と柔らかい。まるでお目当ての品を物色してるような。

小刻みなタッチワークで流れを離さない真霜とタッキー。再び真霜が出てくると、
フロントチョーク→膝蹴り→DDT!俺の目の前でなんとも破壊王ちっくなムーブ!(狂喜)

タッキーは最近の決め技であるタイガードライバーを狙う。一度目はみのるがカット。
二度目で光留に決める!だが光留は自力でキックアウト。まだ終らない!
お互い正座状態で頭突きを見舞い合う二人。先に立ち上がったのは光留。
キョ~レツな頭突きを一発くれるとフロントチョーク→三角締め!滝澤なんとかロープ。

光留からのタッチを受けて再び試合権利を得たみのるは滝澤に卍固め。
真霜のカットを受けた滝澤はダブルチョップ!
みのるはこれを返して腕ひしぎ、PKと畳み掛ける。
それでも立ち上がりチョップを繰り出すタッキーに対し、みのるは胸を貸すが
隙を突いてスリーパー、そしてゴッチ式パイルドライバーで勝利。

勝ち名乗りをあげかえって行くみのるを、真霜は猛然と花道を疾走して追いかける。
これだよこれっ対抗戦ってのはこうなんだよ領二!
そして最後は、残された滝澤が短く、しかし毅然とマイクで〆。
光留とのシングルも面白そうですな。



同じ色がひとつとしてない、正にパッケージ興行。素晴らしい大会でした。
この興行で散りばめられた点は、今後のビッグショーで線に繋がる。
興味を覚えてくれた方がいたら、是非千葉まで足を運んでください。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス K-DOJO 真霜拳號 鈴木みのる 大石真翔 ザ・グレート・サスケ

17:01  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/28-2e677f96

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |