2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.02.14 (Sun)

2010年02月13日(土)シュートボクシング「維新-ISHIN-其の壱」 後楽園ホール大会

今回は、普段お世話になってる方とシュートボクシングを観に行ってきましたよ。

きっかけは元KGこと朱里タソがガチデビューした前回ジュエルズでした。
(まァ本っ当~にガチだったか否かについては分りかねますが)
シュートボクシングという競技自体が持つ未知なる魅力に、
大変興味をそそられるようになりまして。

で、その総本山であるSBの後楽園大会で、
朱里タソが大地君のお姉ちゃんを公衆の面前で凹るって言うから
こりゃよい機会と思いましてwww

※シュートボクシングの公式HPはこちら。

うぃきはこちら。


今大会の、スポーツナビでの詳報はこちらから。


ツイッターでの速報ログを確認されたいという奇特な方は
「#shootboxing」「#0213SB」で検索してみて下しあ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
オープニングマッチの途中から入場したのですが、
この時点でもすでに十分な客入り。
後半戦までにはバルコニー含めて文句無しの札止め状態で、
これには我々感嘆する事しきりでございました。
(選手のギャラがチケット払いなのかも知れないけれど)

客層も暖かく熱く、そして行儀良い。心地よい空間。
そしてやっぱりセコンド状態の声援www


前半の試合ではローブローが二回出てしまう事態もありましたが、
流れや後味が悪くなる事も特に無かったのは特筆点かも。

女性ファンから「大丈夫大丈夫!」という声が飛んだ時には
思わず「いやいや大丈夫じゃねえよ!」と突っ込んだがwww



【More・・・】

で、朱里タソ vs 風香タソですよ。

試合前に髪の毛賭けろなぞと風香陣営から挑発があり
スマッシュ側は相当カチンと来たそうですが。

朱里タソはアニメ版「ひぐらしがなく頃に」OPで入場。
コスもそっちで行くかと思ったら流石に自重した模様。



で、風香タソは666ちっくなダンサーと共に登場、
南側の通路で長々とダンスを披露してからリングイン。
えーと客席の反応は……鈍かった。

試合は2分×3ラウンド。
どちらも短期間での減量が祟り、
ポテンシャルを相当落としていたものと思われる。

1R目では朱里タソはリーチの差をあまり活かせず、
さりとて然程前にも行けている訳でも無く攻めあぐねる。
一方の風香タソも腰が重く、有効打はほぼ皆無。

以降は当て勘を会得し出した朱里タソが徐々にヒットさせていくが
風香タソは腰が重く、ガードを固めて投げを打たんとする。

スタンドでの技術に絶望的な差が開いているのは明確なため、
前方への投げで手っ取り早くシュートポイントを稼いで
判定で逆転勝利をつかもうという作戦であろう。

が、お互いに明確なポイントを奪えないまま結局フルラウンド。
判定の結果は30-30、29-30、28-30と、
中盤以降は積極的に攻めていた朱里タソが2-0で勝利。

しかし前回と比べると精彩を欠いたと言わざるを得ない。
老獪さに絡め獲られたとも言えるし、
場数の足らなさが大舞台で露見したとも言える。
本人も納得はいっていない様ですしね。

その後で唐突に風香タソの引退セレモニー。

「私のためにこんなに多くの人達が集まってくれて」

い や い や い や い や い や !

素 で 言 っ て て も 狙 っ て 言 っ て て も

そ の ボ ケ は 少 し も 面 白 く な い か ら !



そして最後に、リング上で潔い髪切り……は、
ありませんでしたー(・3・)アルェー
大原はじめもバリカン持ってスタンバってたらしいのになー。




もうひとつ、女子試合。
噂の工房ファイターRENA(普通にかわいいわ)は、
ムエタイチャンピオンの外タレとの試合。この娘も工房。

さて相手選手の暴風の様な猛ラッシュを巧くいなしたRENA
相手の勢いを利用して投げを打ちシュートポイントをゲットすると
稼いだポイントを最後まで守り通して判定勝利。

んん~これはルールに負けましたな。
異人さんは明らかに投げへの対処が出来てなかった。
つか投げられたらポイント獲られるって意識も希薄だったか?

もしこれがK-1ルールやムエタイルールなら
結果は逆になっていた可能性も十分有った訳で。
最終ラウンドの打ち合いも気持ちが篭って熱かったが
内容面では正直消化不良かなと。

女の子が出てればそれだけで嬉しいってタイプじゃないんで。



後半戦はエキスパートクラス特別ルールによる、
トップクラスの選手たちによる4試合だったんですが、
正直レベルが違いすぎましたwwwwwすげえwwww


ケージフォースライト級王者の弘中邦佳は、
スーパーウェルター級5位の黒木信一郎と対戦。
的確なパンチで立て続けにダウンを奪い見事なTKO勝ち、王者の矜持を見せた。
切れ味もスピードも半端なじゃない!


鈴木博昭vs石川剛司の一戦は一番鮮烈だったかも。
石川がSB日本スーパーフェザー級1位、鈴木が4位。

煽りVでは勢いに乗る鈴木を石川がどう止めるか?って作りになってましたが、
鈴木はハイキックから怒濤のラッシュで2度のダウンを奪うと
レフェリーストップが入り1R秒殺勝利!マヂ強え!でも顔はキュートwww



セミは日豪対決、SB東洋太平洋ウェルター級王者宍戸大樹
WMTC豪州スーパーウェルター級王者グレッグ・フォーリーと対戦。

グレッグは重く鋭いローキックと、踏み込んでからのショートアッパーが強烈。
まるで削岩機、一発で持ってかれそうな迫力。
だが、それを耐えた宍戸はバックブローから投げでシュートPを奪取!
判定のみならず精神的にも優位に立ったか?

以降は早くも攻め疲れ始めたグレッグ攻め疲れかを宍戸が完全に見切り、
バックを奪われてもアームロックで封じ、フロントチョークで場内大いに沸く。
バックブローも絶好調で、決定打こそ無いが流れは完全に宍戸に。
そして最終R、バテバテのグレッグをスリーパーに捉えて宍戸がKO勝ち。

まずは肉を切らせて骨を断つ。正に大和魂!本日の私的ベストバウト!




ようやくメイン、日豪対決・梅野孝明vsディーン・エグズィー
梅野はSB日本スーパーウェルター級王者、
対するエグズィーはWKBF豪州ミドル級王者。お互い重い立場です。

1Rでは、梅野早くも投げでシュートP先取。
一方のエグズィーは強烈なテンカオからラッシュをかけてKOを狙うも
梅野も引かず一気に激しすぎる乱打戦へ。
相手の足の運びを読んでコーナーに詰めていく梅野、更に投げ!

2R、早々に鮮やかな払い腰を見せた梅野が完全に相手を呑み
神速のパンチで鮮やかなKO!

同階級という事で弘中とのタイトルマッチもあるんだろうか?

やばい、シュートボクシングに嵌ってしまいそうです。マヂで楽しい。




※※次回以降大会のスケジュールです※※

『維新-ISHIN-其の弐』  4月11日(日)/後楽園ホール
『維新-ISHIN-其の参』  6月 6日(日)/後楽園ホール
『維新-ISHIN-其の四』  9月18日(土)/後楽園ホール
『維新-ISHIN-其の伍』 11月13日(土)/後楽園ホール
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技 ジャンル : スポーツ

タグ : 格闘技 シュートボクシング 朱里 梅野孝明 宍戸大樹 鈴木博昭 風香 RENA

12:23  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/282-b66706d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |