2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.03.24 (Wed)

3/22(月祝)DRAGON GATE「COMPIRATION GATE 2010」 @両国国技館

三連休の最終日はドラゲー二度目の両国大会に行ってきました。
何故か凶犬が多数襲撃をかけるとの噂があり、
団長さんにリアル魔法券を頂けるとの事で馳せ参じた訳です。

券引き換え後に酒呑んでたらダークマッチ見損ねちゃったわwww
あ、呑みの方は終始まろやかで穏やかでした(キリッ


会場は……目算で6000人ちょいと思ってましたがどうでしょうか。
少なくとも主催者発表10500人超満員札止めは超大嘘も甚だしいですww

前回進行を妨げてまで暗幕引っぺがした北側は、
選手の入場ゲートと暗幕で完全に封鎖してある。
アリーナは若干椅子の数が少なめだが大体埋まった。
一階のマス席と二階もそこそこ入ってたと思います。



大会の詳細は、スポナビでもご参照下さい。


▼第1試合 6人タッグマッチ
谷嵜なおき&PAC&橋誠 vs KAGETORA&戸澤陽&マーク・ハスキンス


・谷ヤン、KAGETORA、ハスキンス……印象無し
・戸澤……キーキー叫ぶのはきっとコラちゃんへの追悼の念を(ry
・PAC……空中殺法は凄かった、けど何やったか覚えてない。

こんな感じでしょうか。

リストラされてから俄かに売れっ子フリーと化した(笑)橋は
この中に入るとかなり大型の部類に入る。
しかもさほど試合の流れを殺さず、自身の安定感をアピールしていた。
クサってもメジャー出身、一番基礎がしっかりしてるからだろうが、

ううん、もしかしたら今の所属より勝ち組に近いかもねwww

ただ、ロープに振られたり丸め込まれてる最中でも
ボケーっとした表情のままなのは頂けないなw




▼第2試合 2vs4ハンディキャップマッチ
横須賀享&K-ness.vs 神田裕之&新井健一郎&菅原拓也&Kzy


リアルハザードが試合についての方向性の違いで分裂し、
旧LH(クネスカ)とディープドランカーズ(他の人たち)で
新たに抗争が勃発……してるらしいです。
えーとこの辺の軍団抗争はすっかり食傷気味ではありますが。

ここはクネスカが流石の動きと巧さを見せて孤軍奮闘する。
ハンディキャップなのに劣勢を感じさせないのは、
多分神田とKzyがパッとしないからだろうw

特にK-ness.には夢ファク魂で勝利を掴んで欲しかったが、
店長のバッキンガムドロップでススムが沈む。

店長?ううん……。
やっぱり技量と重さは一つ頭抜けてたけど、
心なしかやり辛そうに見えた。
あ、重いっつっても体型がピザだとかそういう意味ではござらんwww
うっはwww



▼第3試合 オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合 3WAYマッチ
[王者]スペル・シーサー vs [挑戦者]澤宗紀 vs 堀口元気(挑戦者)


ZERO1大阪大会でのライトタッグ選手権で突如勃発した、
SAIT……シーサーと澤様との唐突で無理があり過ぎる因縁。
(シーサーのパートナーはモッチー、タイトルマッチは王者組の防衛)

ごめんなさい、その時既にブレイブ王者だったんですね。
シーサーじゃ貫目が足りねえなあとか思っちゃってました(苦笑)

そこかしこから地下王者、地下王者と聞き覚えのある声援が
引っ切り無しに聞こえてましたが多分幻聴でしょう(爆)

お卍固めの時に思わずおま●●固めと言っちゃったのも
恐らくはわっちの記憶違いでしょう(爆)

試合ですか?う~ん……。
堀口はやっぱりいいですね。自分を出す所、抑える所が巧い。
見ていて愛らしさを覚えるというか。

シーサーは、ううん、まあ、オメエはそれでいいや。


【More・・・】




▼第4試合 インターナショナル・ドリームタッグマッチ
吉野正人&B×Bハルク vs ドラゴン・キッド&フベントゥ・ゲレーラ


久々に生で見たフービーですが……実に働かない!
こんなにあからさまギャラ泥棒はそうそう見ませんわいな。
何が酷いって、バンプ取ったのがたった一回だけ!
(吉野のトルベジーノ)

ドラゲーさんも何で彼をブッキングしたんでしょう?

あ、吉野のスピードはやっぱしスゲー。
何て事無い動きでもこちらの目を惹きますね。

ハルクは……うん、まあ、オメエはそれで(ry



▼第5試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合
[王者組]曙&望月成晃&ドン・フジイ vs アブドーラ・ザ・ブッチャー&NOSAWA論外&MAZADA[挑戦者組]


みwwなwwぎwwっwwてwwきwwたwww
掛け値無しに一番楽しかった、一番盛り上がった試合。
自分達の周囲もオサーンが多かったせいか興奮気味。

ブッチャーはもう愚連隊の肩を借りなければ
まともにリングインも出来ない状態だけど、もういるだけで幸せ。

しかしそんなブッチャーにもバシバシ入れてくモッチー!
まさかそっちからピン取りますか!老人虐待!(爆)

あ、曙はすんごくダメダメでした。置物の方がマシ。
ZERO1後楽園でのインタコンチは随分まともに見えたのだが
やっぱりあれは大谷、プレデター、バンビがいたからなのね。




▼第6試合 オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
[王者組]CIMA&Gamma vs 鷹木信悟&サイバー・コング[挑戦者組]


寝てました(爆)

あ、別に試合がどうこうという訳ではなく、
単に煽りVの時から睡魔がガンガンギギンと襲ってきたのと
携帯の電池が切れそうになってたのが気になってまして……リンエボリンエボ

なのでノーコメントで。


▼メーンイベント オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
[王者]土井成樹 vs YAMATO[挑戦者]


自分は土井ちゃんが生理的に苦手なので、
ちゃんとしたプロレスが出来るYAMATOが勝ってくれて一安心です。

「タイツが派手な井上亘」にしか見えないんだよねwww

YAMATOはBOSJ、J-CUPと大一番を経験しただけあって
佇まいに色気が出てきてますね。

ただ二人とも一点集中攻撃はあまり巧くないかも。
土井ちゃんは「曲がる方向に曲げてる」だけなのが分かっちゃうし、
YAMATOも足攻めから終盤の攻めが繋がっていない。

……単に土井ちゃんがセール出来る頭を持ってな(ry

こういう相手だと、頭からガンガン落っことす
タフマンコンテストになるのは仕方ないのかも知れない。
防衛戦ではもっと面白い内容になると思うけれど。



▼雑感
前回の反省点をちゃんとクリアしていたのと、
各試合と進行のコンパクトにまとまった感じ、
メインが激塩にならずハッピーエンドで終わったのを踏まえると
良興行と言っても良いのでは無いでしょうか。

不満点、という訳では無いのですが、
前回のCIMA vs 吉野のような内容で惹きつける試合が無かったのと
(漏れの主観もあるので何とも言い様が無いですけど)
やっぱり長い……17時スタートで20時30分ラストって厳しいね。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス DRAGONGATE YAMATO

20:31  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/303-5174243f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。