2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.05.08 (Sat)

5月5日(水・祝)KAIENTAI DOJO『CLUB-K SUPER necessary...』@千葉BlueField(中編)

◆第四試合 [十嶋くにお引退試合&牙騎鱗解散試合 30分一本勝負]
十嶋くにお&PSYCHO with Mr.X vs 真霜拳號&●柏大五郎
(19分04秒 バックドロップ→エビ固め)

マリーンズのテーマから、封印していたPSYCHOの入場曲へ。
登場したのはもちろんキュートなモヒカンのあいつ!
続いて十嶋とMr.Xが入場し、花道の上で気合を入れる。

先発は真霜と十嶋、因縁深い二人が最後の対峙。
のっけからビッグブーツ、そしてエルボー、張り手合戦。
ボディスラムの打ち合いから、なんと両者握手。

PSYCHOと柏の絡みを経て、再び十嶋と真霜が接触。

※試合時間5分経過。
柏は十嶋をコーナーに押し込み頭突きの連打、
十嶋も串刺しエルボーの連続、PSYCHOを呼び込んでの連携攻撃。
柏、ストロークで黙らせると、真霜と代わる代わる十嶋の左腕攻め。


※試合時間10分経過
柏のストローク狙いをすかして延髄斬りを決める十嶋、PSYCHOと交代。
真霜に高速のリーブフロッグからエルボー、柏にはロープ渡りのご案内。
カットに入った真霜もついでに連れて行ってしまう。
ドロップキックからレシーボを狙うが回避される。

十嶋に交代、柏の背後を取りバックドロップを狙うが、
ブルドッギングヘッドロックで切り返される。
真霜のニーリフトを受け止め逆エビ固めに切り返す十嶋(ロープエスケープ)

再びPSYCHOとタッチ。スウェ~ニョと真霜の無道との切り返し合いを演じる。
軍配はPSYCHOに。ロープエスケープされるも再度引き戻して絞め続ける。
真霜は持ち上げてパワーボムの様に叩き付け脱出、無道に捕らえる。
十嶋のカットに救われたPSYCHO、連携技で反撃
(十嶋のフェースクラッシャー+PSYCHOのローリングネックブリーカー)
だが直後に放ったハイフライバムはかわされる。

※試合時間15分経過。
二人のエルボー、PSYCHOのローリングエルボー、延髄斬り、
そして真霜のソバットが火花を散らし両者ダウン。
十嶋と柏が出ると、これまたビンタ、頭突きをゴツゴツ、バシバシ見舞い合う。

何度も続くラリーだが、十嶋はハーフダウン状態の柏の顔面へスライディングK。
駄目押しのビンタからニ発目を狙うが柏は頭突きで迎撃した。

ここで前タッグ王者の連携が火を噴く。
真霜の水面蹴り+柏のヘッドバット、匠蹴り+サッカーボールキック。
だが十嶋はフォールを返す。

柏のダイビングヘッドバットビンタで止めてPSYCHOがフランケン。
そしてMrXもリングへ。十嶋が「最後なんだから目ぇつぶれ!」
レフェリー本当に「眼を」瞑っちゃったらしい。

三人の連携攻撃を久々に披露すると十嶋が一撃必殺のバックドロップ!
丁度目を開けたレフェリーの手でスリーカウントが数えられ、
十嶋と牙騎鱗が有終の美を飾った。

真霜は再び十嶋と握手、柏とは抱擁を交わした。





十嶋くにお引退セレモニー
関係者各位からの記念品の贈呈。

そして同期代表でOBの石坂鉄平氏と、
K-DOJO全選手・スタッフを代表してランディ拓也が花束贈呈。

TAKAみちのく代表は花束とK-DOJOタオルを手渡す。

そして引退した熊本ちえ元レフェリーと、
現九州プロレスの筑前りょう太からの電報が読まれた。

最後は大量の紙テープと選手からの胴上げで幕。


振り返ると、十嶋くにおはブレイクしてておかしくない選手ではあった。
少なくとも実績や技術を鑑みれば、エース争いに食い込むべきだったし
そうなっていれば団体にとっても非常にプラスだった。

ある意味あまりガツガツしていないのが災いしたのかも知れないし、
もう少し身体が大きければ、タッパの分横幅が付いていれば、と思ったりするし
性格もトンパチの割には割と牧歌的というか天然っぽかったようだし。

個人的にはめちゃくちゃ好きだった訳でも無いし、
牙騎鱗もすごく好きなチームだった訳でも無い。

ただ、振り返れば、上記の通り、勿体無いなあと思う所が多々あった。

最後に、Ω・大石真翔のブログを転載させていただく。
http://spora.jp/omega/archive/493/0

【More・・・】



◆第五試合 [K-METAL LEAGUE決勝戦 時間無制限一本勝負]
橋本和樹(リーグ戦1位) vs 岩虎タケト(リーグ戦1位)


優勝候補の関根龍一が負傷欠場したため、横一列のサバイバルとなった
今年のK-METALリーグ決勝は、フィジカル面で抜きん出た橋本と
唯一の生え抜き選手である岩虎によって争われる事になった。

岩虎がゴング前に奇襲、青コーナー→ニュートラルコーナーで押し込んでいく。
橋本はキチンシンクで反撃し、エルボーの打ち合いに持ち込んで流れを握る。
一発の重さに勝る橋本はサッカーボールキック等打撃で荒々しく攻め込み
ボディスラムからキャメルクラッチへ。

脱出した岩虎がエルボーを連続で入れても、一発で倒してしまう橋本。
チンロック→サーフボードストレッチで絞ってからフォールへ(カウント2)

その後もサッカーボールキック、エルボーでリング上を転がされていく岩虎。


※試合時間5分経過。
橋本は岩虎をコーナーに詰めてエルボーの連打、
対角線に振って串刺しエルボー。
岩虎はドロップキックからエルボーアタックでダウンを奪うと
エルボードロップを落とし、コーナーでのストンピングからWARスペシャル。
グラウンドに持ち込めば岩虎にも勝機が見えるか。

だが橋本は、カウンター式のネックブリーカーで動きを止めると
ビンタを入れてからサドンインパクトでマットへ叩き付け、PK。

岩虎はこれを返すと、串刺し攻撃もスカしてリバースDDTから
羽根折り固めへ繋ぐ。首、肩へダメージを蓄積させギブアップを狙う。
橋本がロープへ逃げようとする度に中央へ引き戻す。
勝敗の分水嶺とも言える局面だが、橋本はロープエスケープに成功。

再びエルボー合戦、そして張り手のラリーへ。

※試合時間10分経過。
岩虎がロープへ走る。だが橋本はキチンシンクでカウンターを取った。
投げっぱなしジャーマンからのPKや顔面蹴りといった猛攻を
不屈の精神力で悉くキックアウトする岩虎。

だが反撃のために立ち上がる前にランニングニーを食らってしまうと
遂にスリーカウントを聞いた。大日本からの刺客がK-METAL制覇!

優勝特典として、好きな選手との対戦を希望できるのだが、
橋本はマリーンズマスクの所持するインディージュニア王座挑戦をブチ上げた。
K-DOJOか、または大日本の興行で近々実現するか?


岩虎は最後まで橋本の余裕を消す事が出来なかったが、
好敵手を見つけられた事は今後を考えれば喜ばしい。
これからも腐らず、勝利を目指して精進してくれ!

橋本は技の組み立てや精度には多々難が見られるものの
そのパワーと分厚い肉体は実に魅力的だ。
大日本は健介オフィスを上回る名選手製造工場と化してるな。

スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス K-DOJO 真霜拳號 十嶋くにお

07:18  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/322-388e3fff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。