2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.05.21 (Fri)

5月20日(木)ZERO1「プロレス熱血時代 第三巻」@新木場1stRING(後編)

休憩時間中、パフォーマンスタイムに出演予定だったギブ大谷が
ステージ衣装を忘れてしまったことを暴露されるwww



◆第五時限目 特別試合 タッグマッチ 30分1本勝負
日高郁人FUNAKI vs 佐藤耕平KAMIKAZE


元タッグ王者組を当て馬にする気満々のマッチメイク。

先発のFUNAKIKAMIKAZE
このところ気迫十分のKAMIKAZE、動きが実にキレているが
体の小ささを感じさせないFUNAKIのレスリングもまた
相手の両腕をクロスさせて首を極める攻防も。

これが日高と耕平になるとお互い蹴撃手としての意地がぶつかる。
日高が鋭いローキックで下から崩しに掛かれば
耕平は重たいミドル、ニーリフトで圧倒。

FUNAKIは試合権利を持っててもコーナーにいても、
常にリング上、対角線コーナーの選手、レフェリー、会場を視野に入れている。

FUNAKIの逆さ押さえ込み。返すKAMIKAZE。更にトライ。また返すKAMIKAZE
ロープに振ると見せかけて三度目、これで遂にスリーカウント。
正直、こんなに滑らかな入り方と綺麗なフォームで極める人は久々に見ました。

得意満面の日高、大谷&曙が所持するインタコンチネンタルタッグへの挑戦をぶち上げる。
まあ、そのための一戦でしたでしょうからね→翌日、正式に決定。




【More・・・】

◆本日の最終授業「大谷晋二郎の熱血プロレスセミナー」
シングルマッチ 60分1本勝負
大谷晋二郎 vs アントーニオ本多×(DDT)


セコンドにはヤスウラノ。あと諸橋もいたらしい。

大谷から握手を求め、アントンが応じて開戦。
手四つの体勢からバックを取るアントン、
大谷は左腕を取って切り返しリストロックの攻防へ移行する。
がぶってから腕ひしぎ逆十字を狙う大谷、アントンはクラッチを離さない。

スタンドでは、タックル、逆水平チョップと大谷が優位に。
這い蹲るアントンにストンピングの雨を降らせ、コーナーで踏みつけていく。
「貴様プロレスラーだろうが!」と挑発していく大谷。

アントンはカウンターの低空ドロップキックから足殺しに活路を見出す。
レッグロック、ニードロップで痛めつけ、
場外に落とすとエプロンからアトミックボムズアウェイで急降下。

※試合時間5分経過。
再びリング内、ロープを利して更に締め上げるアントンだが、ふとここで気付く。
「顔面ウォッシュ出来そうじゃない?」
本来なら更に膝を攻め立てる方が良かったと思うのだが、
プロレスラーの性なのかロープに飛んでいたアントン。
だが大谷はすっくと立ち上がる、アントンの表情が凍りつく!
本家の顔面ウォッシュを教えてやろうとコーナーに押し込む大谷だが、
アントンは決められる前にルーテーズプレス。凄い歓声。

低空ドロップキックから、足四の字固めに極めるアントン。伝統の足殺しフルコース。
大谷は「ぜってーにロープエスケープはしねーぞ!」と長時間耐えるが、
遂に根負けして自らロープに手を伸ばした。

大谷は足を引きずりつつ、バシバシとアントンを蹴り飛ばすが
蹴り足を捕まえたアントンはドラゴンスクリュー。

※試合時間10分経過(多分)
大谷の張り手に、アントンはナックルで対抗する。力負けしてしまうのは否めない。
アントンはやにわにワンショルダーをはだけさせると、
ナックルの連打で遂に大谷をダウンさせた。
ダイビングフィストドロップも抜群の決まり方を見せたがカウントは2、
引き起こそうとしたところに大谷がその場式のニールキック、
クリーンヒットした所に急角度のバックドロップ。

※試合時間15分経過。
背後を取った大谷、フルネルソンの体勢に。ドラゴンスープレックスが出たらアウト!
アントンはこれを木戸クラッチの要領でクルっと丸め込む。
が、返した大谷はレッグラリアットからドラゴンで投げっぱなす。
危険な角度で盗聴から叩きつけられたアントンを、大谷が引き起こす。
再度ドラゴンスープレックス、ほぼKO状態のアントン返せず。

スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス ZERO1 大谷晋二郎 アントーニオ本多 佐藤耕平 FUNAKI KAMIKAZE 日高郁人

18:34  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/335-9c12c68f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |