2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.05.24 (Mon)

金網の鬼、安らかに。

国際プロレスで「金網の鬼」として名を馳せた昭和の名レスラー、
ラッシャー木村さんが亡くなられたとの情報が。

◆プロレスラー・ラッシャー木村さん死去(読売新聞 - 05月24日 18:32)

◆ラッシャー木村さんが68歳で死去 腎不全による誤嚥性肺炎のため(ORICON STYLE - 05月24日 18:23)

◆<ラッシャー木村さん>死去、68歳=元プロレスラー(毎日新聞 - 05月24日 18:33)

◆独特なマイクパフォーマンスで人気を集めたラッシャー木村さんが死去(RBB TODAY - 05月24日 19:25)


ネット上で最初に触れたのはtwitter上のツイート。

そして最後の所属団体であるNOAHの公式サイトでも発表された。


弊社専属 ラッシャー木村こと木村政雄儀(享年68)、腎不全による誤嚥性(ごえんせい)肺炎のため
5月24日午前5時30分永眠致しました。
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでご通知申し上げます。

尚、通夜、告別式につきましては、ご遺族の意向により、親族のみで執り行わせていただきます。

お別れの場、追悼興行に関しては、改めてお知らせいたします。
また、明日25日・富山大会にて10カウント弔鐘(ちょうしょう)を鳴らし、故人の冥福を祈ります。






新日本ではアントニオ猪木 vs はぐれ国際軍団の1vs3マッチ。
全日本ではファミリー軍団 vs 悪役商会の定番マッチ。
そして箱舟乗船。

2003年に体調不良により長期欠場、そして引退に踏み切ったが
その間、ずっと病魔とのセメントマッチを繰り広げていたのだろうか……。
プロレスラーとしても激動の人生だったが、それでも享年68歳は若い、若過ぎる。

謹んで哀悼の意を表します。今までお疲れ様でした、安らかにお休み下さい。

【More・・・】

新日本、全日本参戦時の入場テーマ
「Rebirs Of The Beat」





伝説のマイクパフォーマンスの数々




IWA世界ヘビー級選手権
ストロング小林vsラッシャー木村
 




※力道山vs木村政彦戦以降の大物日本人対決、猪木vs小林戦よりも前に実現した、
日本人同士による初の世界タイトルマッチ。



1978年2月11日 ジャイアント馬場 vs ラッシャー木村
(全日 vs 国際) 







新日本プロレス 1981年12月8日・蔵前国技館大会
テキサス・アウトローズvsラッシャー木村、タイガー戸口


※ディックマードックも天国で再会を待っているのか……。



ラッシャー木村vs永源遙




'89世界最強タッグ決定リーグ戦より
馬場、木村vs天龍 ハンセン 義兄弟 vs 龍艦砲





その義兄弟タッグが誕生した瞬間




最後の所属団体となったNOAHより、
東京ドーム大会で流れた引退宣言ビデオレター。





おまけ。鉄板焼のCM。




スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス ラッシャー木村 ニコニコ動画

18:56  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/336-2dd623d7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

ラッシャー木村さんを悼む

19時前の日テレのニュースで流れ、ノアの公式HPにも掲載されました。 また昭和の偉大なレスラーが一人天国に旅立たれました。 ラッシャー木村さんのご冥福を心よりお祈りいたします。 堂々表紙を飾った1979年月刊プロレス6月号。 ラッシャーさんは世代別ごとに
2010/05/24(月) 22:40:50 | のらりんクロッキー

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。