2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.06.09 (Wed)

6/8(火)19時女子プロレス第4戦@Ustream

f0ff1cde.jpg

第四回目にして、アイスリボンの総帥にして元王者のさくらえみ登場!
師弟対決にして団体対抗戦(……はちょっと無理有りますねサーセン)

挑む帯広は6/5(土)アイス板橋大会での志田光戦で
(自らのエルボーで)試合中に肩を脱臼したとの事でしたが、
それをさっぴいても、これ以上は無い程の完敗でした。

しかし、むしろ重要なのはこれが帯広にとって糧になるか、していけるか!
これは貴女がファンとともに歩んでいく「成長物語」なのだからねっ!

「元々ヘビー級の独裁者by真琴」さくらは
一見、全身くまなく攻め込んで容赦無く潰しているようで、
志田戦で負傷した肩への負担を軽くしたり見せ場をチラリチラリと作ったり
業界のトップとしての力量をまざまざと見せ付ける内容になりましたが

番組のクオリティは回を重ねるごとに着実に上がってますねえ。
板橋大会のダイジェストが拝見できるとは思わなかったのでありがたい。
(志田もかなり良い選手になりつつあるみたいだ)

19時での無観衆試合と、普通にお客を入れてるアイス等の試合とで
彼女の意気込みが違うのか一緒なのかも何れ知りたい所だ。

前回に引き続き解説&リングアナは真琴、実況は高橋源太郎先生。
相変わらず高橋先生は圧倒的な存在感を発揮しておられましたが、
今回は真琴が結構やる気でしたねえ。
高橋先生に煽られる形でぽつんぽつんと面白いコメを残すのが面白かったw
さくらが毎回陣取るよりは色々な選手が解説に就いた方がいいかもね。

私め、前回のエントリーで、帯広にとって最大のライバルはGENTAROかも知れない、と書きましたが
依存する事無く、盗める所は今の内に盗んでいって欲しいですね。

んで、今回の放送では閲覧者のチャットの書き込みに
さくらすら初めて見るって人がチラホラ見受けられたのが興味深い。

旗揚げ戦のあの凄まじい人数は野次馬やご祝儀混じりだったとしても、
継続していけば必ずマジョリティに届く。
やはりこの試みには金脈が隠されているはずだ。
他の選手も新規マーケット開拓に向けて野心的に参画して欲しいなあ。



【More・・・】

◆19時プロレス 旗揚げ第四戦
帯広さやか vs さくらえみアイスリボン


両者握手でクリーンな開幕と思いきやゴング直前に帯広がドロップキック!
そこから波に乗れればよかったがさくら相手に
元々ヘビー級なストンピングの雨から串刺しドロップキック。
スナップメイヤーの連発からチンロック→サーフボード→メキシカン風味なストレッチ。

スタンドでの左リストの取り合いもそこそこに、
さくら、テイクダウンするとサイキックを挟んでトーホールド、レッグロック。
一転して足攻めになるが、敢えて攻撃箇所を分散させる腹積もりか?
(ロープエスケープ)

怖いさくらが帯広に「かわいがり」
髪の毛掴んで顔面をマットに叩きつけ、手を踏みつけるさくらの暴挙。
会場内の誰も反応しない手拍子要求か、逆エビ固めへ。
もう帯広の腰は連日これでダメージが蓄積してるんじゃなかろうか?
(ロープエスケープ)

エプロンに出ると帯広をロープに括りつけ胸元へ体重の乗った張り手、キック。
この辺り、しっかり帯広をカメラに収めてる配慮が見受けられるが、
師匠としての愛なのか独裁者のサディズム故かよく分からないw

帯広は新レパートリーの前方回転エビ固めを見せるがカウントは2
フライングメイヤーを狙うもさくらは踏ん張って阻止。独裁者!
スパイダーロック気味に締め上げる。どちらかと言えば肩より腰狙いか。
そこからボディシザースへ繋ぐ。帯広は肘をさくらの膝にグリグリさせて脱出。
ボディスラムで投げようとするが、さくらは無防備な背中を引っかく暴挙!



※試合時間五分経過
さくら、ボディスラムを連発。行くぞー!と三発目から覆い被さる。
辛うじて肩だけ上げる帯広だが反撃には移れず、
逆エビ固め→逆片エビ固め。帯広堪らず場外へエスケープするが
さくらはこれを逃がさず、有ろう事か場外のマット上でボディスラム!
帯広は悶絶。

リング内へ戻るも、さくらは容易に反撃を許さない。
ダブルアームの要領で帯広をリフトアップしたさくらは
そのまま青コーナーに括りつけると痛めつけ続けた腰目掛けて
さくらえみ60kg!」いや絶対もっとあるってwww

そのままフォールへ、しかしカウントは2。
続けてさくらのジャイアントバックブリーカー。その体勢から後ろへ倒れこむと
帯広の顔面がコンプリートショットの要領でマットへ叩き付けられる。

スタンドでの打撃では、帯広の愚直なエルボーに対し
さくらは元々ヘビー級なモンゴリアンチョップで圧倒。
ロープ際へ追い詰めると逆水平、これも快音を響かせる。

さくらがロープに飛ぶ。帯広、この隙にドロップキックを1、2、3、4発。
だがさくらへダメージを与えるにはまだ威力が足りない。
ポストに上がったところをさくらに追いつかれるが、
前方回転エビ固め!高橋先生曰く「帯広パッケージ」
これは磨いていけば有効な手札になりそうだ。
だが不用意な突進に、さくらのトラースキックがカウンターで決まる。



※試合時間10分経過
「よっしゃいくぞー!」からのリバーススプラッシュが帯広を襲う。
空から降ってくる冷蔵庫を寸での所でかわした帯広は、
コーナー二段目からのミサイルキックを打ち込む。
だがボディスラムを堪えられてしまう。
さくらは身体を入れ替えるとドラゴンスリーパーへ切り替え。
(ここで終わりかと思われたが帯広はロープエスケープ)

「いくぞー!」からのブレーンバスター狙いを切り返す帯広、
キックアウトされるも上に圧し掛かってエルボー、逆エビ固め。

だが帯広の攻撃もここまで。
ダブルアームの体勢からカナディアンバックブリーカーで絞り上げ、
ダブルチョップからダブルアームバックブリーカー。
帯広の腰部を己の膝へ強かに叩きつけるとそのままフォールへ。

※13分35秒 ○さくらvs帯広●
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 19時女子プロレス アイスリボン 帯広さやか さくらえみ GENTARO 真琴

12:53  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/344-cc8f90d4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |