2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.06.11 (Fri)

6/11(金)19時女子プロレス第6戦

f0ff1cde.jpg
旗揚げ第六戦でございます。

解説席でその腹黒ぶりを散々フィーチャーされた
都宮“愛読書は実話ナックルズ&マッドマックス”ちいwww

若干の機材トラブルによる放送事故で少しばかり放送が遅れましたが、
これも味かなと(笑)

今回は19女子プロレスアイスリボンに深い理解を示している
さくらの盟友“パッションレッド”高橋奈苗がゲストに登場。
全女時代にこの手のべしゃりには免疫がついていたようですね。

磐石の地位を固めた「ミスター19時」GENTAROは相変わらずの安定感で。
現JWP無差別級王者の奈苗の外見をしっかと見て「ヘビー級」って言い間違えたwww

細かく拾い、小刻みにパスを出しながら基本朴訥な奈苗を上手く誘導して
番組を構成していく源太郎さんは素晴らしい、いやマヂで。

そしてMC役の真琴が空気www先輩が横にいて大分緊張していたようで、
それでもこのシチュエーションには大分慣れてきたようですね。
初解説の時がアレ過ぎた所為もありそうだがw

さて内容面でも終了後の余韻も厳しいものがあった第2戦以来の再戦ですが、
今回は両者がそれぞれの持ち味をしっかり出した好勝負になりました。
うん、これを見られて本当に良かった。前回のモヤモヤが吹っ飛びました。

GENTARO曰く「黒と白の戦い」とは言いえて妙。

ナックルズ都宮が、意地悪さ(笑)を良いベクトルに向けて
しっかり自分の勝ち気さ、腹黒キャラを魅力として試合の中で主張出来ていた。
試合後もコメントがひとつひとつ黒いwww
席が無いと見るや奈苗の膝の上に座っちゃうなど、度胸というか腹黒さというかw

帯広もまた、神経戦に晒されながら立ち上がる姿が少し逞しくなり。
悔しさには満ちているものの、表情が大分スッキリしていましたね。

そしてゲストの奈苗もまた伸び伸びとしてた。
GENTAROさん面白いですね、観察力が凄くてお父さんみたいですね」
「このリングで試合してみたい」

この辺り、リップサービスではない、と思いたいなあ。




次回大会(6/15、火曜日)の対戦相手は……NEOからの刺客!?

今回初めて最初から最後まで観戦できたと言う甲田社長のツイート
「19時さんには6/27札幌も協力していただくのでこちらも協力するのは当然です 」

この大変漢らすぃ発言を汲み取ったその人は……

machinguns.jpg

何が格好いいって、割とノリでフライングしたっぽい甲田社長に

タニーの引退するまでの目標は、「女子プロレスを盛り上げて来年に繋げること!」お金は気にしないで下さい。

だが帯広にとっては一層の試練でもある訳で。
比較的キャリアが近く、何より同じく浮かんで練習を重ねてきた先輩達と違い
伝説の団体「全日本女子プロレス」でデビューを果たし、
ネオレディース~NEOで場数を踏んできた筋金入りのベテランが相手。

例え対戦相手が、師匠よりもキャリアが上の選手でも
「勝利への執着心」を最後まで剥き出しに出来るか。

そしてそれを試合に反映させて、一歩でも勝利に近づけるか。

硬軟両面を併せ持つ曲者を相手に「呑まれずにいられるか」

この辺が心配でもあり、期待しちゃうところでもありますが……。

そんな感じでした。

【More・・・】

19時女子プロレス 第6戦
帯広さやか vs 都宮ちい(アイスリボン

試合前のVTRでは、
都宮「前回五分だったんですけど、十分遊んであげたいと思います」腹黒いwww
帯広「自分のほうが身長も体重も上なので」

帯広がコメントを全て言い終わるや否や、
近くまで来ていたちいがドロップキック!
腹黒いwww

レフェリー、ヒステリックさくら。
ちいのニックネームは「栃木の鬼軍曹」とコールされるwww

ロックアップからスタート。押し込んだのはまず帯広。
ここはクリーンブレイクだが、
次に押し込んだちいはブレイク前にフォアアームを叩き込む。
ここで現時点での「闘志」と「勝利への執着」の差が見て取れる、かも。

そして「ちいから」手四つを要求、帯広が応じようと腰をかがめると、
狙い済ましたトーキックから左リストを取るちい。

ちいは常にプレッシャーを与えて優位に立つ。
組み敷いて腕固め、キャメルクラッチ。
背中や肩へストンピングを落とすと、再びスタンドでリストロック。
前転して逃れた帯広、テイクダウンを奪ってトーホールド。
逆片エビ狙いでステップオーバーさせようとするが、
ちいは下から蹴り上げ、逆にアキレス腱固めから逆片エビ固め。
帯広には技を決める時のスピード、思い切りのよさが欲しい所だ。
(ロープエスケープ)

依然として圧倒的優位を崩さないちいは、
ヘアーホイップで帯広を対角線コーナー上を転がしていく。

そして腹を踏みつけるが、ロープ際なのでさくらレフェリーが制止。
しかし応じず、振り払われるまで踏み続けるちい。正に鬼軍曹!

スナップメイヤーからスリーパー、ボディシザースに入るちい。
帯広はそのままブリッジを効かせてフォールを狙おうとするが
ちいは肩を上げて返す。

脱出した帯広、フライングメイヤーからお返しのボディシザース。
しかし足のフックが明らかに甘いため、
直ぐに逆片エビ固めに切り返されてしまう。

※試合時間五分経過。
スタンドでのチョップ合戦、ここでようやく帯広にエンジンが掛かる。
ハートの篭った、体全体を使った一発でちいを何度もひざまづかせる。
勿論、ちいもそれ以上に強烈なものを返していくが、
今までとは異なり、帯広がぐっと踏ん張って
あまり押されなかった辺りに成長の跡を早くも感じる。

大降りの一発で倒した帯広はフライングメイヤーを連発、
コーナーへ振って串刺しドロップキック。
しかしロープに飛んでの一発はかわされる。

ロープパラダイスも見せるちい(さくらが制止)
ロープから場外へ叩き出された帯広、
エプロンへ上がったところをちいがドロップキックで再び叩き落す。
してやったりと言った様子のちいは、リング上で軽やかにダンス。
実に小憎らしいwwww進む場外カウント、帯広はギリギリで帰還。

ちいはコーナーに振ってドロップキック、これは帯広の鳩尾に命中。
もう一発反対側へ。フォールに入るがカウントは2.
ミサイルキック狙いでちいがコーナー二段目に上がる。
帯広は普段自分が散々やられてきたデッドリードライブで投げる。
今度は自分がセカンドロープに上ると、俊敏なちいは直ぐに追いついたが
そこを帯広パッケージ(カウント2)
※もう少しスムーズに決められるようになってくれっ!

帯広のターン、お馴染みドロップキックの連発から
再びセカンドロープへ、ミサイルキック命中(カウント2)

勢いに乗る帯広はダウンしたちいを引き起こすが、
なんとちい、帯広の耳元で大声で叫んでひるませると、
※ヤスウラノがよくやりますね。
ドロップキックから逆片エビ固めに。

※試合時間10分経過。
帯広はロープエスケープ。だがちいは反撃を許さず。
赤コーナーのセカンドロープからミサイルキック(カウント2)
続けて青コーナーのトップロープからミサイルキック。
返せるか?と期待したのだが、ここでスリーカウントが入った。

11分1秒、都宮ちい勝利。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 19時女子プロレス アイスリボン 帯広さやか 都宮ちい GENTARO 高橋奈苗 実話ナックルズ マッドマックス

23:55  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/346-f9d03b3e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |