2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.06.16 (Wed)

6/15(火)19時女子プロレス第七戦

f0ff1cde.jpg

第七戦であります。

今回は初の他団体選手が参戦となった訳ですが、
これがまた非常に満足度の高い試合&番組となりましたマヂで。

帯広のデビュー~19時旗揚げ~団体の概要をPRする
リニューアル版のオープニング映像からスタート。

放送席には、メインMC&実況&解説の高橋源太郎先生と
前回に引き続き高橋奈苗がゲスト。アシスタント?に真琴という布陣。
大分堂に入ったものでかなり安定感が出てきました
(源太郎先生ありきではありますが)

ちなみに奈苗は13日にピコさんことボリショイを下して
JWP無差別級王座の防衛に成功。
そして正式にNEO6/27札幌大会でで同王座の防衛戦が決定。
これにも勝利すれば、19時でのタイトルマッチがいよいよ見えてくるか!?

とにかく奈苗、本気の本気で19時で試合したい様子。

そんな奈苗より先に他団体参戦第一号となったタニー。
二つ返事で手弁当での参戦を快諾した気風のよさといい、
試合前の写真が年賀状の流用というフリといいwww
(ギャラはラーメンをおごるそうです、某選手が)

試合はタニーが硬軟両面の引き出しを有効活用して
帯広を掌の上で踊らせた末に完勝を収めたが、
ノーピープルマッチでも見えざる視線を意識した試合運びは
一つの経験として後のカテになるように思う。
(こういう書き方が多いなあ俺)


次回放送は、都合により繰り上がって6/16の水曜日、
対戦相手は……藤本つかさ!これも楽しみだったりしますよ。


【More・・・】

19時女子プロレス 第七戦
帯広さやか vs タニー・マウス(NEO女子プロレス



帯広はコール前に、コーナーで放送席を一瞥。

二人はロックアップから直ぐに左リストの取り合いに。
タニーがヘッドロックに捕らえ、腰を落としてグラウンド式に。
帯広が抜けるとフロントネックロック。これも抜ける帯広。
めまぐるしくポジションが入れ替わる。
最終的にタニーがロープエスケープを奪う

再びスタンドでタニーが左腕を捻って肘を落とし、
グラウンドで腕固め、肩へのタニバット。
フォールに入るがカウントは2.

スタンドでのチョップ合戦になると
帯広もスタルヒンチョップで応戦するが
体格差でタニー有利、連打、連打で赤コーナーまで追い詰めていく。

タニー、スナップメイヤーからボディシザース。
引っくり返してフォールを狙うがカウント2。

タニーはカメラに向かって髪を掴む。
レフェリーの都宮が反則カウントを獲ると4で手を離す。
これを数回繰り返す、お約束お約束w


帯広、苦戦が続く。
ヘアーホイップでコーナー間を投げ飛ばされ、
更に滞空式ボディスラム。
カウント2で返した所にキャメルクラッチ。

余裕のタニーはカメラへ帯広の顔を向けると顔面を歪ませ、
そしてカメラ目線でピースサインとノリノリ。
更にダブルチョップの連発からコーナーへスルー。

だがラリアットかわした帯広、チョップから串刺しドロップキック。
続けてロープに振るが、ドロップキックは防がれる。
タニーがお得意の「ひら~りひら~り」から
スリーだろ!いや1だからwww定番乙wwww

続けて場外に出るとタニーがポストの鉄柱を用いて足攻め。
リング内に戻るとスピニングレッグロックから足四の字固め。
帯広は身体を引っくり返して逆にダメージを与えんとする。
そうはさせじとまた引っくり返すタニー。
どんどんロープへ近づく。帯広はロープエスケープ。

タニーの予告付きスピニングトーホールドを
帯広は下からの首固めで切りかえす。
ストンピングからロープに振ってドロップキック四連発。
フォールに入るが、カウントは2。

コーナーへ上る帯広。二段目からのミサイルキックが命中
(フォール→カウント2)

「起きろー!」と起こすがボディスラムは持ち上げられず
逆に投げられてしまうとタニーが起こしてヘッドバット。
ところが帯広もやりかえす。頭突き合戦。

一発の重さでは勝てない帯広だが、
倒されても立ち上がり、打ち込み続ける。
ついにコーナーへ追い詰めて頭突き連打で跪かせた。

コーナーを疾駆してドロップキック(カウント2)

二度目のコーナーポストへ上る帯広。
しかしタニーに叩き落され場外へ。

10分経過。
場外ではタニーがラフ攻撃で圧倒、
場外マットをかぶせた上からボディプレスという荒業。
戻ろうとするタニー。帯広これを落として先に場内へ。
リングアウト狙いの作戦だがタニーもギリギリで帰還。

再びチョップ合戦。
タニーは合間に顔面へエルボーをたたき付け二度のダウンを奪う。

フォールは返した帯広へ、タニーロープに振ってドロップキック、
タニバットと畳み掛けるが、帯広はいずれもキックアウト。

仕上げに入るタニー、帯広をコーナー上に担ぎ上げると
筋肉バスターの構え。コレを再び帯広の首固め、カウントは2.5!
咄嗟に両足のフックが間に合わなかったのが残念だ。

スタルヒンチョップをかわしたタニー、足を掬ってテイクダウン、
裏十字固めに入るとついにレフェリーが試合を止めた。

12分22秒。●帯広-タニー○
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 19時女子プロレス アイスリボン 帯広さやか タニー・マウス GENTARO 真琴 高橋奈苗 都宮ちい 実話ナックルズ

01:18  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/347-f1cf1d9d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |