2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2010.07.01 (Thu)

今年の爆勝忌を青いビルで迎えるに当って……7/11後楽園大会全カード発表

2010年度火祭りに向かって動き出したZERO1
その前の重要な大会である7/11後楽園大会の全対戦カードが出揃った。



☆シングルマッチ(11:50開始)
植田使徒  対  斎藤謙

つまりダークマッチです。以上!



◆KAMIKAZE&高西翔太&不動力也 対 藤田ミノル&菅原拓也&横山佳和

これはひどいと言わざるを得ないカード。
選手ではなく、カードを組んだマッチメイカーの所為だという意味で。
後半戦のカードが埋まっている事は理由にはならんと思うよ。

他の団体は前半戦にも意味合いのあるカードをちゃんと組むよね……
※緑の箱舟除く



◆シングルマッチ<ハッスルキング記念試合>
坂田“ハッスル”亘   対   柿沼 謙太

柿沼君とハッスルキングには何の関係もないぢゃん、以上!



◆スペシャルシングルマッチ「World Vintage Action」
田中将斗(ZERO1)  対  ショーン・デバリ(USA)

日米無差別級対決、と謳いあげるほどかどうかは未知数。

WWEではマネージャーとしてしかまともな仕事をしてはいないが、
TNAではXディヴィジョン王座も奪取しているデバリ。
が、実力自体はやっぱり未知数。

将斗だから平均以上の試合にはしてくれる事でしょう。
塩央紀相手に散々塩抜きマッチをさせられた腹癒せを是非ここで。




◆インターナショナルJrヘビー級選手権 60分1本勝負
(王者)日高郁人  対  FUNAKI  対  澤宗紀

日高vsFUNAKI、日高vs澤、FUNAKIvs澤、
いずれもZERO1ジュニアの注目カードになる事請け合いである。
だがそれらを混ぜて3WAYにして大丈夫かどうかはまた別の話である。

しかも今回は先勝式、おまけに火祭り出場権も賭けられている。

個人的には火祭りに中軽量級が出場するのは
余程の緊急措置を除いて避けて頂きたかったりする。

FUNAKI、日高なら無難に公式戦を消化するだろうけど、
どうせなら見たいのは澤だよね、プロレスファン的見解としては。

そして日高vsFUNAKI、FUNAKIvs澤のシングルマッチについては
また後日、然るべき舞台での実現をヨロシクお願いしたい。



◆世界ヘビー級選手権 「NEXTAGE」 60分1本勝負
佐藤耕平ZERO1)  対  バンビ・キラー(オーストリア)

ガイタレと日本人との規格外なスーパーヘビー級対決、
ZERO1の数少ない売りでもある。


タイトルマッチがセミに追いやられたのは
耕平、領ニ世代の台頭を潰す算段では無いかと邪推してしまうが、
メインに据えるとgdgdのまま興行が終わる危険もあるので
それを避けたかったのかも知れない。いやどうだろう。

ただバンビはテクニックと試合運びには定評があり、
耕平もこの手の選手との相性は然程悪くないと思われるので
多分、多分なんとかなるだろう、きっと。



◆「Fighting Athlete ZERO1」 60分1本勝負
大谷晋二郎&崔領二  対  中西学(新日本プロレス)&吉江豊

誰が誰に気を遣ったのかは知らないが、メインである。

久方ぶりに登場する中西学吉江豊の二人は
関本、澤以上に他団体組では最もZERO1との相性がいい。

そして多分地球上の誰も覚えてやしないと思われるが
この二人はSG……いやさG1タッグリーグにも
エントリーされていた(が成績は振るわなかった)

チームとしての総合力は大谷&領ニ組より上だろう。
つか大谷&領ニ組にはそもそも魅力を感じないけど。

だが最も恐ろしいのは、今年の火祭りにエントリーされている三人より
中西が一番のインパクトを残して終わってしまう可能性もある事だ。
その時点で、今年の火祭りは終了する。いやマヂで。
(例えその方がこの日は盛り上がるとしても)

ここでは四人中唯一の新世代である崔領ニの奮起に期待しておく。
只の第三世代同窓会で終わらせない事が彼の責務。
いい加減奮起してくれないとこっちも困ると言う意味でもあるが。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス ZERO1 大谷晋二郎 崔領ニ 中西学 吉江豊 佐藤耕平 バンビ・キラー

22:05  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/354-2ed0101b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |