2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.11.10 (Wed)

千葉県出身者として一言。

◆実は県民がめったに食べない「各地の特産品」(Pouch - 11月10日 16:04)

日本全国のB級グルメの祭典『B-1グランプリ』などで大ブームのご当地グルメ。B級グルメ以外にも、各県でとれる農畜産物や海産物をメインに取り扱っているツアーも、現在人気となっている。

そのような話題の「各地の特産品」でも、実際に県民たちが食べているものと、そうでないものがあるようだ。ブログサイト「働くモノニュース」のまとめによると、各都道府県民がめったに食べないものは以下の通り。

・夕張メロン(北海道)
・きりたんぽ(秋田)
・しょっつる鍋(秋田)
・横手やきそば(秋田)
・だまこもち(秋田)
・笹団子(新潟)
・わんこそば(岩手)
・ラ・フランス(長野・山形)
・はちのこ(長野)
・しもつかれ(北関東)※主に栃木
・十万石饅頭(埼玉)
落花生(千葉)
・イルカ(静岡)
・五平もち(岐阜)
・八つ橋(京都)
・奈良漬(奈良)
・鮒寿司(滋賀)
・きびだんご(岡山)
・黄ニラ (岡山)
・ままかり(岡山)
・牡蠣(広島)
・愛媛みかん(愛媛)
・醤油豆(香川)
・関サバ、関アジ(大分)
・マンゴー(宮崎)
・宮崎牛(宮崎)
・宮崎地鶏(宮崎)
・桜島大根(鹿児島)

こうして見ると、どれも日本人であれば知っている人が多い、有名なものばかり挙げられているようだ。他に実は現地の人たちが食べているが、他県民には教えられないほど美味しい「隠れた特産品」があるのだろうか。
(記者/ マイケル)




まあ、確かにある意味記事に書かれてる通り、常食にする訳が無い

いくら漏れ等が南関東の端っこの泥臭い所で暮らしてるからって
始終落花生ばっかり食ってると思われたら流石に心外だ

精々他所様に土産物として持参したりとか、
お茶請けにと買っておいたのをついでにつまんだりする位かなあ


自慢の一品だから、じゃないんです

「千葉と言えば落花生、って皆思ってんだろ?」という
そのくらいの安易な発想だったりが真相です

味が淡白なので色々と工夫を凝らす余地があるって事で
スイーツ(笑)等の加工品も結構種類は豊富にあるのだが、
それにしたって毎度毎度口に運ぶ事は無いだろうなあ

いや決してお味がよろしくない訳じゃない、寧ろ好きな方だが

ジモティーにとっての特産品なんてこのくらいの位置づけでしょう

近所の幼馴染とのラブロマンスなんてそうそう起きないんです

可愛すぎる妹なんて三次元には存在しないんです(?)

あとWikipediaに物申す!
「味噌ピー」はそんなにポピュラーでは無いwww
そして自分の周辺では節分の豆まきに使用したという話はまだ聞いてない

スポンサーサイト

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

タグ : 特産品 落花生

21:15  |  雑多  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/396-4b12121c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。