2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.12.23 (Thu)

12/4(土)ドラマティック・カンパニー&Special Playing Company 鈴舟「愛の結晶くん」」@新宿シアターサンモール

相方に誘われて、こんなお芝居を観に行きました。




ドラマティック・カンパニーは、
にこにこぶんのぽろり&ばいきんまん&フリーザ様でお馴染みの中尾さんと、
最遊記の三蔵とかYAWARAの松田記者etc等代表作の豊富な関俊彦さんを擁する劇団。

大手声優プロダクション「81プロデュース」所属の方が多いですね。
http://www.ne.jp/asahi/dc/home/dckouen.html

そしてもう一つの劇団、Special Playing Company 鈴舟(すずふね、と読むらしいです)は
天下の「サザエさん」磯野フネ役の麻生美代子さんが率いていらっしゃるそうです。
http://www.quinbaya.com/suzufune/



【More・・・】


東京メトロ丸の内線・新宿御苑駅で下車し、
会場のシアターサンモールへ。初めて足を運びます。

※会場HPは【こちらをどうぞ】

ちなみに到着するまでスタジオサンモールと勘違いしてたのは内緒だ!
フラットなフロアの最後列だったのでやや見辛かったかな?


本作は、ひとつの病院を舞台にした三本立てのオムニバス。
それぞれの話は独立しており、夫々の人間模様を描き出す。
どちらかと言えばギャグとシリアスの波状攻撃というか、
人間臭いがゆえのトゥーマッチさが笑いを誘うというか……。

演技も脚本も絶妙なバランスの元に構築された、非常に高純度な作品でした。

音響も照明もセットもシンプルで、小技は随所に効かせてても小細工は一切無し。
それでも些細な所作で場の空気が変わる瞬間がビリビリ伝わってくる。
これだけ腕が立つ人達が揃っていても……生き残るのは厳しい世界だったり(泣)


さて、大御所の中尾さんは可愛らしくも情けないERO親父役。
でも、そこかしこにノーブルさが漂う。チャーリーチャップリンもかくや。
下ネタに走っても必要以上にベトつかず、サラリと笑えます。

逆に、天下の二枚目声で第一線を張り続ける声優・関俊彦さんは
ここぞとばかりにキョーレツに弾けまくり、声ヲタのお嬢さん方を戦慄させていた
ザマーミロwwwwww


看護婦……の格好をした痴呆患者(爆)の麻生美代子さん、
ライブで聞くその声はTVより遥かに素晴らしい張りと響きを含む、
実に素晴らしい声質。これで御年84歳とは思えない瑞々しさ。

是非また観たい、と久々に思わせてくれる最高のステージでした。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 演劇 ドラマティック・カンパニー 鈴舟 愛の結晶くん

01:00  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/401-23f0d339

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。