2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.06.04 (Sat)

触れようかどうか迷ったけど、ヘイト先輩とTARUオジキの事。

触れとかないと、胸の中のモヤモヤがいつまでも消えそうに無いので。
※プネタに興味無い人はスルーしてちょ( {0}ё{0})

http://www.oricon.co.jp/news/confidence/88411/full/


◆◆今回の事件の一部始終を駆け足で◆◆

さる5月29日、全日本プロレスに籍を置いている
スーパーへイト先輩こと平井伸和選手が、
自身の試合後に嘔吐、診察を受けた所、なんと急性硬膜下血腫。

頭蓋骨の半分を取り去る大手術は無事成功。
現在、意識こそ回復してはいないものの、
自発呼吸や親族の問いかけに対する反応が見られるようになった。

んで、重要であり途轍もなく問題なのが……
ヘイト先輩はヒール軍団ブードゥーマーダーズに属していたが、
そのリーダーを務めるTARUのオジキから控え室で暴行を受けていた。


まず現時点での決定事項は……

●VMは本件の責を取る形で急遽解散。

→末期はマンネリしたとは言え、長い間武藤全日本を牽引していた原動力が
こういう形でその歴史に幕を閉じるのは残念でならない。
例え自業自得だとしても。


●暴行の際に同じ控え室にいたVMメンバー、
KONO、MAZADA、稔の3選手もTARU同様に無期限出場停止。

→なお所属選手はKONOのみ、MAZADAと稔はフリー参戦なのでお間違えなく。
今回の事件には関与して無いとの事だが、暴行?を制止しなかったため、
「未必の故意」を問われた、という所だろうか。
(まあ、実際どうだったのかは「密室の行為」だけに不明なのよね……)
些か重過ぎる処分だと思ってしまうのは、ヘイト先輩に悪いのかな。


●稔が所持する第29代世界ジュニアヘビー級王座と、
KONOが所持する第58代世界タッグ王座は剥奪、現在空位に。

→過去のタイトルも様々な事情による剥奪劇が横行してたので
本件によりベルトの価値が下がったとは思ってないけどね個人的には。


暴行に至った理由については色々な噂も飛んでいるが、
まあその辺については各自で調べてみるのがよろしかろう。
風説の流布は避けます。

「これでまたプロレスの世間的イメージが(ry」とか
賢しきぶった事は今回は言わないそういう憂慮が何故か出てこない。
言いたい人に任せますんで、ご自由にどうぞ。



ヘイト先輩が無事に意識を取り戻し、日常を取り戻すのを心から願う。
例えもう二度とリングの上で受け身を取る事が出来なくても。
(いや、つかもう復帰させちゃダメだろ)

オジキについては……正直嫌いにはなれない。やっぱり。
過去の実績や伝え聞く人柄は否定し切れない。
http://amba.to/iOz5J2
ただ、バックステージの掟に従っただけだとしても、
購わなければならない十字架を背負ってしまったのは事実だよね。

KONO、MAZADA、稔は次の戦場を無事見つけられるだろうか。
彼等のスキルは、ここで朽ちるにはあまりに勿体無い。
甘っちょろい事を言う様だけどね。

んで、だ。

ヘイト先輩の対戦相手って、KENSOこと鈴木健三なんだよね。

ヤングライオン杯にエントリーしてた福田雅一さんに続いて、
このような事態に関わるのは二度目になる。
(ケースが異なるだけに安易に比較していいのかどうか迷ったんだけども)

彼も気の毒だが、大丈夫だろうか。メンタル的な意味で。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス 全日本 TARU 平井伸和

19:24  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/445-100f40db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |