2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.12.22 (Thu)

12月18日(日)ZERO1「風林火山タッグリーグ2011」最終戦@ベルサール六本木

久方振りのプロレス観戦、久方振りのZERO1でした。

今年で三回目の風林火山だそうですが、私は今回が初観戦でした。

そして、ベルサール六本木という会場も初!

駅から近いし、綺麗だし、とても素敵な場所だけど、
ここで開催して元取れるんでしょうかね?(汗
三回目という事もあり徐々に定着しつつあるけれど、
規模がどんどん尻窄みになっているような?



◇団体公式ブログより、六本木大会詳細
◇団体公式ブログより、元旦後楽園大会一部カード
※耕平vs関本の世界ヘビー、
◇団体公式ブログより、



【More・・・】

◆第一試合 風林火山Aブロック公式戦 30分1本勝負

菅原拓也、菊地毅 vs ブッファ、マザー

店長が一人で成立させていたと言っても過言ではありませんでした。

ブッファ兄弟の塩分は暫定基準値超えレベルでしたw

そして、つーよんの痛ましさは個人的には正視に耐えなかった……。
健常者のいじめっ子が特殊学級の子を玩具にしてる様な感じ?





◆第二試合 風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負
曙、橋本大地 vs 田中将斗、フジタ“Jr”ハヤト

大地が随分おっきくなってた(ビルドアップでは無い)
ハヤトとの蹴り合いでも大分遠慮が無くなってたし、
フォームや速度、迫力もぐっと増してました。
もっちー直伝?三角跳び式延髄も使い所や精度が上がってるし、
やはり着実に成長しているんですねえ。
お腹回りが早くもゆったりし始めてるのが少し怖いですが……。

そして横綱・曙の圧倒的な重量感と厚み。
相手が小兵の将斗&ハヤトだけに、何を繰り出してもフィニッシュ級。
スーパーヘビー級の持つ分かり易さは、一見さんにもしっかり伝わった筈。

将斗&ハヤトはファイプロなら殆どハメ殺し状態の連携波状攻撃で、
曙相手から何とかピンを奪い決勝戦に進出したが……。
説得力があったかと問われると……ううむ、って感じですかな。

あ、曙はブッチャー式のエルボーを会得したら似合うと思うんだ!





◆第三試合 風林火山 Aブロック公式戦 30分1本勝負
大谷晋二郎、横山佳和 vs 崔領二、ライディーン

個人的には領二&ライディーン組に可能性を見出してたので、
決勝戦に辿りつけなかったのにはちょっと残念。
横山君は確かにスピアーで三人を(!!)吹っ飛ばす奮戦振りだったけど、
フィニッシュにもちょっと説得力が弱くて……まあ後述しますが。

何より、最近の領二はいくらなんでもちょっと冷遇され過ぎてるというか
FOSに弄ばれてるような気がして不憫に思えなくも無いです。
一時期の過剰プッシュがまるでFOS得意の無かった事にされておる。





◆第四試合 風林火山 Bブロック公式戦 30分1本勝負

佐藤耕平、KAMIKAZE vs ヴァイス、策略シュヴァルツ

シュバルツ、バカーwww

いくら実力者がリングに揃ってても、優勝争いに関係無い公式戦は……
ダレますねえ、キッダーニさんの三文芝居も堂に入ってないし。

それと耕平が持ってた世界ヘビーのベルトを見たお客さんが、
「あれ?なんでAWAって文字入ってんの?]
「レプリカだからでしょwww」
……ってゆってた。

ディテールに心を砕かないFOSの適当な仕事はこういう場面でアダとなる。
横で聞いてて何故か恥ずかしくなった……。





◆第五試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
日高郁人、伊藤崇文、小幡優作 vs 植田使徒、藤田峰雄、不動力也

知らない間に日高△が勝ったらしいですけど、
一番沸いた場面は植田組のアニマルエルボーラリー→気合ポーズでした。
あとは峰ぴょんの鮮やかなポスト越えトペコンね。

小幡vs峰ぴょんは01ジュニアの新機軸になってくれそうな気がするんだが。
本当に、色々な意味でもっと評価されて然るべき選手ですよ。
キムヘンホさんの息がかかってるのさえ除けば……。





◆メインイベント 優勝決定戦 時間無制限1本勝負 

大谷晋二郎、横山佳和 vs 田中将斗、フジタjrハヤト

うーん、ZERO1らしい熱い試合だったんだけど、ノレず。
横山-ハヤトだと実力差が開き過ぎ、炎舞連夢対決は然程湧かず、
個人個人がちょっとずつ見せ場を作りつつラストまで疾走した感じ。

将斗は三度目の正直で優勝を果たしたけど、
結果的にタッグタイトルのコンデンターが不在になってしまった。
ハヤトの支持率と横山君の株は上がったかも知れないが……。

さてカッキー等の脱北により俄かにプッシュされ始めた横山君。
老若男女問わず好感を持たれそうなキャラ。
ガッチリした頑丈な上半身はいかにもプロレスラーらしい
(膝は古傷があるはずだしちょっと不安だけど)
大谷とは色違いの、青と銀のカラーのリンコスも中々似合っている。

気になったのは……気持ちが空回りしてる所?
素人に過ぎないので偉そうな言及は出来ませんけど。

そして、来年の元旦には後楽園大会を控えている筈なのに、
告知らしい告知は殆ど無し!優勝セレモニーやってとっとと終了!
対戦カードの1つくらい発表したってよさそうなのに!
スポンサーサイト

テーマ : プロレス ジャンル : スポーツ

タグ : プロレス ZERO1 風林火山

14:05  |  プロレス/格闘技  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/466-a26015c0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |