2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.04.26 (Thu)

観劇お礼参り強化月間・そのさん(楠戸康弘さん)

拙企画「una:chenter」シリーズ連続出演中の楠戸康弘さんの出演する
『VOICE in WONDER act.50』というイベントを観てきました。


【More・・・】


初めて行った、あさがやドラム。

カットウとワニズの中間ぐらいのキャパでしょうかね。
当日は私を含めて12名かしら?
因みにあとでタイムスケジュールを見たら20分押しだったそうです(苦笑)


◆ASAKI
よく覚えていませんwww



◆瀬戸瑞樹
巫女風衣装で、日本神話の「因幡の素兎」のエッセイ?をコミカルに朗読。
エンターテイメント性に優れた「朗読コント」
こういう明確なコンセプトがあると、集中して聞けます。



◆柚木侑璃
「ないたあかおに」の作者・浜田廣介の短編を朗読。
正直内容はよく覚えていないのだが(苦笑)、
誠実なリーディングには好感を覚えました。



◆秋元信乃
昔懐かし「センチメンタルグラフィティ」のショートストーリーを朗読。
いかにも声優志望って感じのアニメ声。
頑張って一人二役&メインナレまでこなしてはいたのだが、
正直最後まで聞くのが苦痛だった……。



◆上村隆弘
星新一のショートショートを幾つか朗読。
なんつーか、星新一を舐めてかかり過ぎてないか?と。
自身の才気走った読みに自信があるようだが、
それを鼻に掛けてるのが如実に伝わってきて生理的に好ましくない。
「下手な落語より面白い」等と大層な台詞を吐けるならば、
起承転結をきっちりと体現して見せるのが先だろうがよ。



◆Promising Voice Produce(楠戸康弘・金山大介・島田涼子・後藤美沙子)

自分の好きな女の子が、女の子を好きになってしまい相談を持ちかけられる。
それでも少しでも想い人との接点を作るために奔走する……

題材もクオリティが高いしキャスト陣の演技も素晴らしい。
お金を払って足を運んだ甲斐があったってもんです。



◆終了後
ライブTIMEに突入。割愛www



◆所感
自分も企画してる側なんでそういうスタンスで見てたんですけど
「朗読」で観客から木戸銭を取るのは、相当面倒なんだろうなあと。

月イチ企画を50回も継続させてきたのは素直に凄いと思います。

しかし……。

開始から終演まで約3時間。ドリンク込み2500円では確かにボリューミー。
企画者の方が、何とか有料イベントとしての付加価値を与える為に
様々な工夫を凝らしているのは分かるんだけど、
正直最後まで集中力が持たなかった……そして帰宅途中に日付変わったw

チケット代が2000円で、動員が10人前後のワンナイトスタンド。
元は取れてるんだろうか?参加者は黒出せてるんだろうか?

ウチみたいに一日三公演なんてキャストに優しくない強行軍とは
安易に比べちゃいけないと思うんだけどね……。

あとあの狭いキャパならマイクは要らないかな?
スポンサーサイト

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 朗読 朗読劇 楠戸康弘

21:03  |  芝居・観劇など感想・雑感  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/475-bcf1dab8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |