2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.12.04 (Tue)

「una:chenter Vol.9」終了ぉぉぉぉぉぉぉぉ

ご報告が大変遅くなりましたが・・・・・

今年最後&カットウで最後&当分最後の
「una:chenter Vol.9」がなんとか終了と相成りました。

img_28121.jpg


師走に入って一気に寒くなりましたが
そんな中でも結構なお客様に足を運んで頂けて感無量でございます。
本当に、本当に、ありがとうございました。

本番前日でプリンターがいきなりイカれたりとか
本番当日に音響がCDRを読み込まなくなりやがるとか
(お陰でオペレーションがやりづらい事やりづらい事・・・・・・)
相変わらず余計な事ばっかり起きる公演でしたがwww

準備期間中に突如私の仕事が変わってバタバタしている中で
裏に表にとサポートしてくれた山ちゃん、
極めてタイトな稽古期間でも悩みながら共に歩んでくれたキャストの皆さんも
本当にありがとう、お疲れ様でした。


そして、ずいぶんと前から公言しておりますが
今回を最後に、una:chenterシリーズは一旦終了と相成ります。

ぶっちゃけ隔月開催なんて社会人には無理です(真顔)

自分の色々な物を犠牲にし、多くの方々にご助力頂いて
漸く完走する事が出来ましたが、もう無理wwwこれマジwwwww

もう公演開催が目的化しちゃって作業みたいになるのは嫌ですしねー。
特に後半は台本選定にも相当苦労するようになりましたし、
今回は特にキャストの演技「は」褒めて頂けても
作品、脚本については苦言を呈する方が結構いらっさいますた。

やはり木戸銭を頂戴する以上は納得がいくクオリティじゃないとね( {0}ё{0})

という訳でいつかお会いできる日まで、ごきげんよう。

後日、Vol.1~9の総括編をば・・・・・・。







【More・・・】

≪今回の出演者陣≫

・早坂彩子
最初のから出てて最後にも出た(皆勤では無いけど)
幼女演技を人前で披露したのは恐らく初?
本人はもっともっと色々な役柄にも挑戦したいとの事。
誰か使ってやってくださいwww


・橋本美佳さん
我が師匠にしてこの世界に呼び戻して下さった方。
平川みっちょんと並んで、私が切れる最強の手札でした。
早坂彩子にぶつけて化学反応を起したかったのが招聘の主な理由。
然しながら今回は全力を引き出しきれなかった、かも?
配役や演出プランをもうちょっと煮詰めるべきだったかぬーん。


・古谷紀子さん
山ちゃんが売ってくれた人・そのいち。
汎用性や勘の良さ、存在感は個人的には今回のMVPをあげたい。
惜しむらくは楽屋で若干(どころじゃなく)うるせーwww


・土山哲朗さん
山ちゃんが売ってくれた人・そのに。
アルコールが入ると抜群に面白くなりますwww
今回の男性陣の中では随一(つか唯一)のイケボ。
ただ読みのみでの演技についてはまだ手探り、手探りだったようで
もうちょっと時間があればもっと大胆に掘り下げてあげたかった、かも?


・羽田敬之さん
結構早い段階で出演希望を出してくれた方。
モデル出身だそうで台詞回しには慣れてなかったようだけど
稽古を重ねる度にすくすくと成長してくれました。
何よりそのキャラクターと性質の良さでバックステージのマスコットでしたw
本番でそれが間に合ったかと言われるとちょっと分からないけれど、
彼にとって今回の公演が有意義な経験となってくれたら嬉しいな。


・はいじさん
三度目の出演となる今回は惜しくも本領発揮とはいかず。
本番に近づくにつれて演技や掛け合いの軸が崩れていってしまった。
終演後に「実は苦手な役だった」とか言わんで欲しかったがなwww


・すぎやまきょうこさん
今回は上記のはいじさんとタッグ。
上記事由により若干負担が大きくなったか?
掛け合いのパワーバランスや作品の整合性については
もっと煮詰められたかなと今更反省。
(今回の体制の一番やり切れない点はそこなんですよね、と言い訳www)



・山口和将さん
二回目の参加とは思えないその堂々たる佇まい!www
今回はその器用さを頼み二演目・実質三役をお願いしちゃったが
まさかの諸事情により実質上の稽古参加日数が激減!
ちょいとばかし損な役どころを押し付けてしまってたら申し訳ない……
そこをカバーし切れなかったのは全部演出側のせいです(切腹)


・新太さん
急遽参戦と相成った大型新人(?)
映像関係出身でリーディングは羽田さん同様初めてとの事。
初めてMMAに出陣する全日系プロレスラーの如く悪戦苦闘してましたがw
相当真面目で研究熱心な方で、台本は書き込みでビッシリでした。


・きいさつき.さん
上記の新太さんからのご紹介。
実はwikipediaに名前が載ってるような方でした。
所謂典型的な「アニメ声」と終始安定した演技。
でも本当はもっと色々な引き出しを持ってた筈なので
準備期間さえもうちょっと長ければもっと色々アレコレしたかった……(悔
スポンサーサイト

テーマ : 演劇 ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : una:chenter ユーナ・チェンター 朗読 朗読劇

22:53  |  活動報告:una:chenter  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/490-fa4f5bc7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |