2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.01.08 (Fri)

本音( {0}ё{0})……ってなんだ?(白)

「 #rtされただけ白い本音をふぁぼされただけ黒い本音を言う」

……とかいうハッシュタグが流行ってたみたいで。やってみたら3RTほど来ました。

まあ普段から言ってる事なんで今更って気もしますが。いざ文章にしてみると少し気恥ずかしいですねw




【More・・・】



【白本音1】
別に隠してもいませんでしたが、自分は芝居の道、芸事をすごく中途半端な段階で見切りをつけた人間なんです。率直に言えば、挫折したと言ってもいいかも知れません。だから誇れるような過去なんざ特に持ち合わせてはいません。

だから、まさかこの歳になってまでこのよーなことに興じてるとは思わなかったんですけれど(苦笑)

んでもひょんなきっかけでSNSを経由して芝居というモノに一から触れ始め……リングアナウンサーやMCの仕事などに関わって利……そして再び芝居に戻り、更にはネットでの声活動というものに携わる事になり……。

当初の予想を遥かに超えるほどの方々に、昔取った杵柄をお役に立てていただけたりとか、そこから更に新しく色んなご縁が生まれてたりとか。そして自分のプレイヤーとしてのスキルが、イイ歳こいてもまだまだ成長していけるんだなと実感(錯覚?)出来たりとか。

何より自分が演技やら創作やらから簡単にケツまくれる程往生際の良い人間じゃなかったのを思い知らされたというか(苦笑)

そういう意味では自分は「同人」ってものに救ってもらったと言えそうだし、いつかちゃんと恩返しをしたいなというか、そんな気持ちです。





【白本音2】
創作行為とは、胸の内にあるモノを吐き出さずにいられない衝動のままに行うのが本来あるべき姿なのかも知れませんが。

それでもやっぱり、自分以外の誰かに評価していただく事は、やっぱり役者、クリエーターにとっては砂漠でオアシスを見つけるようなものかなって。

AKITOLETさんとこの『雫凪』という長編シリーズもののドラマCDで、ナージャって役を頂いたんですけどね。

ある時、主催の亜樹さんからファンからの感想を見せていただきまして。それがまた、数も内容の濃さも凄まじい事になってて、すげーびっくりしたけどすげー嬉しかった(でも少し怖かったw)

当時は各方面で色々と煮詰まってた頃だから本当に救われた感じだった。スタジオの中では手探りもいいとこだったけど、あれから「ああこれは代表作の一つとせねばならんな」と思った。

亜樹さんは帰る方面が近いのもあって、収録が終わって帰る途中でもずっと熱く色んなことを語ってくれるんですね。俺を含めた関係者全員への敬愛の念をこれでもかとばかりに迸らせていて、それを真っ直ぐに、かつ慎重に言葉にして投げかけてくれる人で。「ああ俺はこの人の命令には背けねえな」って思った次第です。はい。





【白本音3】
こないだ、とある席で、或る御仁に「今度がっつり掛け合いしようぜ」って言われたのがすごく嬉しかった。
あまりそういう事言われないので。知らない所で相当怖がられてたり嫌われてたりしてるらしいから(苦笑)

あー、まぁ、もしかしたら誰に対しても同じ事言ってんじゃねーのかなって気もするけどね、調子いいから(爆)

それはさておき(苦笑)、自分にとっては(今は貴重な)近くて遠いカベともいえる存在なので、そういう人から「相手にしても差し支えない」と思われるのは演者冥利に尽きるというか、光栄ですよ、やっぱり。

とりあえず当面は、その人の視界から外れないようにする事を目標にしますかね、ウェヒヒ。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

10:00  |  雑多  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kurigotobekkan.blog79.fc2.com/tb.php/546-f6233d75

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |